一人暮らしの引越しでダンボールは何箱必要?無料で調達するには?足りない時は?

hikkoshi (2)
引越しをすることになり、まず必要になってくるのが自分の荷物を入れるためのダンボールですよね。

初めての一人暮らし、もしくは一人暮らしの引越しとなるとどのくらいのダンボールが必要なのかすら分からない人も多いのではないでしょうか。

また、一人暮らしの引越しとなればなるべく引越し業者を使わずできるだけ費用を抑えて引越ししたいという人も多いですよね。

その場合はなるべくダンボールにもお金をかけたくないという人も多いはずです。

そこで、一人暮らしの引越しに必要なダンボールについてご紹介しますので参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

一人暮らしの引越しではダンボールは何箱必要?

引越しに必要不可欠なダンボール。

引越しをする前には荷物を入れる為のダンボールを用意しなければいけませんよね。

ダンボールを用意するにも、一人暮らしの引越しではどのくらいのダンボールが必要になるのかわからないと用意もできません。

少なすぎれば引越し当日に困ってしまったりまた再度ダンボールを用意しなければならなくてめんどくさかったりしますし、多ければ多いでダンボールが邪魔になったり処分に困ったりします。

事前に引越しに必要なダンボールの枚数をおおよそでも知っておけばダンボールに困る事も邪魔になる事もありません。

一人暮らしの引越しで必要なダンボールの数は個人差はありますが、だいたい30~40箱は必要になります。

このくらいのダンボールがあればほとんどの方は足りるはずです。

ただし、先程も言いました通りダンボールの必要枚数は個人差があります。

荷物を多く持っていればさらにダンボールは必要になりますし、荷物が少ない人であればダンボールは30枚よりは少量で済みます。

私が引越し業者さんから聞いた話では、男性の一人暮らしであれば必要なダンボールの枚数は平均10箱くらいと聞いた事があります。

あくまで私が引越し業者さんから聞いた話であり、私が聞いた引越し業者さんの経験上の話なので全国的な平均の話ではありませんので目安として聞いて下さいね。

なので男性の一人暮らしだったり、女性でも普段から極端に荷物の少ない人であればダンボールは15枚程度あれば足りるでしょう。

しかし、一般的には男性に比べ女性の方が荷物は多いと言われています。

女性は服や化粧品などたくさんありますから必然的に男性よりは荷物が多くなると思います。

おそらく女性で荷物が少ないという人でも男性よりは荷物が多くなる人の方が多いです。

その為、女性ではあれば少なくてもダンボール20枚、荷物が多い人では30枚以上は必要になる事の方が多いでしょう。

自分の部屋の押し入れやクローゼット、家具類の中身がそっくりダンボールに入れられるわけですから単純に考えると押入れやクローゼット、家具類の広さに匹敵するくらいのダンボールの枚数が必要になるということになります。

自分の荷物の量、収納場所の広さなどを考えてダンボールの枚数を選んでくださいね。

ちなみに、ダンボールの大きさはMサイズが1番使いやすいですよ^^

あまり大きすぎるダンボールだと荷物をたくさん入れ過ぎて逆に運びづらくなってしまいますし、小さすぎても荷物が入らなさすぎて大変になります。

中くらいの大きさのMサイズのダンボールが1番使いやすく、運びやすくておすすめです^^

引越しに必要なダンボールを無料で調達する方法は?

引越し業者に頼まず自分や友達や家族の力を借りて自分たちだけで引越しを行う人も多いと思います。

スポンサードリンク

引越し業者の頼めば引越しに必要なダンボールも一緒に依頼する事ができますが、自分たちだけで引越しを行うのであればダンボールは自分たちで用意しなければなりません。

引越しにはいろいろと費用もかかりますから、できるだけ費用も安く抑えたいと思いますし中でもダンボールはできれば無料で調達したいと思う人も多いでしょう。

ダンボールを無料で調達したい場合は、ダンボールをたくさん利用するようなお店に頼んでもらうのば1番手っ取り早い方法です。

例えば、

icon-check-circle-oスーパー

icon-check-circle-oドラッグストア

icon-check-circle-o八百屋さん

icon-check-circle-oコンビニ

icon-check-circle-o家電量販店

icon-check-circle-oホームセンター

このようなお店ではダンボールに入った商品を店頭に出して販売する商売ですので、ダンボールがたくさんあります。

上記のお店の店員さんに「引越しで使いたいのでダンボールをもらえませんか?」と聞いてみて下さい。

一軒目でもらえなかったとしても何軒かにお願いしていけばどこかはくれると思いますので何軒かあたってみるといいですよ。

また、スーパーなどで会計後に買った物を袋に入れる台がある場所の周辺に、お客様のために無料でダンボールを提供してくれているところもあります。

「ご自由にお使い下さい」と書かれたところの周辺にダンボールがたくさん置いてあるところも見た事ありませんか?

そこにあるダンボールは全て無料なので、そのダンボールをもらってくるという方法もあります。

稀に工場でもお願いすればダンボールをくれるところもありますので、近くに工場がある場合に頼んでみると無料でたくさんのダンボールをもらえることもあります。

八百屋さんによくあるみかん箱やリンゴ箱は硬くて丈夫な箱なので、重い荷物を入れるためのダンボールにぴったりです。

重い物が引越しの荷物にある場合には八百屋さんやスーパーなどでみかん箱やリンゴ箱などの固くて丈夫な箱をもらってくると便利ですよ^^

引越しに必要なダンボールが足りない時はどうすればいい?

引越しの為に荷物を少しずつダンボールに入れていたら、ダンボールが足りない!なんてことも時にはあるかと思います。

その場合は、ダンボールを追加しなければなりません。

先程の無料でダンボールをもらえるところで再度ダンボールをもらってくるという方法もありますが、何度も行くのはちょっと行きづらい…場合もありますよね(^_^;)

そんな場合は、手っ取り早くホームセンターや通販などでダンボールを買ってしまいましょう。

すでに何十枚かのダンボールは用意している上でダンボールが足りなくなっている状況だと思いますので、足りない分は数枚追加する程度で済むはずです。

追加する枚数が数枚であればそんなに費用はかかりませんので、買ってしまった方が早いです。


もしくはこの際思い切って不用品を捨ててしまい荷物を減らす、という方法もあります。

そうすればダンボールは必要なくなりますし、部屋もスッキリしますので思い切って処分するというのもいいですよ^^

不用品の処分方法はこちらを参考にしてください。
icon-caret-right引っ越しで出た不用品の処分方法は?どの業者に頼むのがいい?買取は?

不用品は、自分がゴミと思っているものでも他人には宝、ということもあります。

上記の不用品の処分方法を参考に、自分の引越し荷物を減らしてスッキリした気分&小銭を稼いで引越しをするのもいいと思いますよ^^

まとめ

引越しに必ずと言っていいほど必要なダンボール。

ダンボールがないと細々とした荷物を運ぶ事ができないのでダンボールは引越しには大切な存在ですよね。

引越しが終わってダンボールが必要なくなったら廃品回収に出してしまえば処分にもお金がかかりません。

よく車で回ってくる廃品回収業者の人に渡せば無料で処分してくれますし、むしろトイレットペーパーやポケットティッシュをもらうこともできます。

引越しが終わった後のダンボールの処分に悩んだら廃品回収に出してみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)