正月太りで戻らない体重を解消するダイエット方法と食事とは?

diet
年末年始の大型連休はお正月という事もあって美味しい飲み物・食べ物の誘惑がいっぱいですよね。

その上、仕事や学校に行かなくてもいい、というあの嬉しいゆったり感もあるので家でゴロゴロしてしまいがちです。

特に予定のない日のゴロゴロって幸せですもんね…(^_^;)

食っちゃ寝、食っちゃ寝、の繰り返しでは当然、正月太りという最悪な状態になってしまいます。

しかし、正月太りってちょっとした工夫で意外と簡単に解消することができるんですよ^^

あとから慌てない為にも、そのちょっとした工夫で正月太りを解消してしまいましょう!

スポンサードリンク

正月太りで体重が元に戻らない原因は?

正月太りの原因としてあげられるのは、

 icon-check-square-o 食べ過ぎ

  運動不足

  不規則な生活

などがあります。

お正月はおせち、お雑煮、お餅、カニなど美味しい食べ物がたくさんありますし、親戚などと会う機会も多くなるので自然と食べる量も増えてしまっています。

お正月だけに限らず、年末年始は忘年会や新年会もあるので普段より飲んだり食べたりする機会が多くなりますよね。

さらに、大型連休なので早寝早起きする必要もないので夜遅くまで飲んだり食べたりしてしまったり、家でゴロゴロとしてしまいがちです。

家であまり動かずにゴロゴロばかりしていると、リンパの流れが悪くなりむくみの原因にもなります。

むくみは放っておくと太りやすい身体になってしまいます。

このように、

夜遅くの飲食・普段より多めの飲食でカロリー過多になり、

家で動かずゴロゴロばかりしている事で摂取したカロリーが消費されず

さらには、身体がむくみ、太りやすくなる

と言った、正月太りの悪循環にハマることで体重増加、体形崩れにつながります。

つまりは、大型連休だからこその気の緩みが正月太りの大きな原因の1つということになりますね。

夜遅くまで飲んだり食べたりしながら、毎日のように家でゴロゴロしていたら…それは太りますよね(^_^;)

元々、冬は寒くその寒さから身を守るために身体は脂肪を蓄積して断熱材の代わりにしようとするので冬は太りやすい傾向にあるので余計に気を付ける必要があります。

正月太りを解消するダイエット方法とは?

正月太りと言っても、長くて10日間程度の休みですから急激に10キロも太ってしまった、という事はないはずです。

この短い期間で脂肪が何キロも付く事はそうそうありません。

せいぜい1~3キロ程度ではないでしょうか。

そのくらいであれば、正月休みが終わって普段の毎日の生活に戻れば少しずつですが増えた体重は元に戻っていきます。

スポンサードリンク

もちろん、普段の生活に戻っても深夜の食事やお菓子や脂っこい物をたくさん食べてしまっては元に戻りません。

なるべくそのようなものを控えて、普段通りに過ごしていればいずれ元の体重に戻ります。

さらに、余裕があれば普段の生活にプラスして少しだけ有酸素運動をしてみましょう。

あまり無理をすると続きませんので、ほんの少しだけ有酸素運動をプラスするだけで大丈夫です。

普段より1駅分多く歩くとか、エレベーターを使わずに階段を使うとか、その程度でOKですので少しだけ動くことを意識して頑張ってみましょう^^

また、○日までに体重を戻したい!などなるべく早めに体重を元に戻したい場合には、モデルさんや女優さんがやっている事で話題の酵素スムージーを頼り実践してみるという方法もあります。


icon-hand-o-up この酵素スムージーは健康と美容にこだわるモデルや女優さんが利用しているだけあって味も美味しく、栄養バランスもカロリーもしっかりと考えられていて、作り方も粉を水や豆乳などに溶かすだけなので手間もかかりません。

忙しい朝などにもピッタリです^^

さらには90種類以上の酵素に加え、ダイエット成分も美容成分も入っているのでダイエットをしたせいで肌がカサカサ、ボロボロ、なんてこともありません^^

無理なダイエットは嫌だけど、早めに体重を落としたいし、美容面にも気をつけたいなんて人にはピッタリです^^

正月太りを解消する為に食事で気をつけるべきことは?

正月太りを解消する為、普段の生活に戻った時に食事で気を付ける事は、

  少しだけいつもより食事のカロリーを低めにする。

  食事は腹7~8分目程度にしておく。

  夜遅く(夜9時以降)はなるべく食事を控えるようにする。

このような事に気を付けておくと元の体重に戻りやすくなります。

お腹が空いた時や夜遅くに食事をする必要がある場合は、米や麺類などの炭水化物を控え植物性たんぱく質の納豆や豆腐などの大豆製品や温野菜などを食べるようにしてみるといいでしょう。

大豆製品や温野菜などであればカロリーを気にする必要もなく、それでいて栄養もあり、腹持ちもいいのでおすすめです。

また、正月休み中に増えた体重は主に水分や排泄しきれていない食材の重さということがほとんどです。

排便を促す食物繊維などを普段より多めに取るようにし、排便を促すようにすると体重も元に戻りやすくなりますし健康にもいいですよ。

まとめ

せっかくのお正月休みはゆっくりと家の中でゴロゴロしてお正月ならではの美味しいもの食べて過ごしたい気持ちもありますよね。

せっかくのお正月休みですし、ゆっくりするなとは言いませんが何事もメリハリが大事です。

あとから慌てないためにも、休みが終わってしまう前に正月太りを解消して身も心もスッキリしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)