お雛様は何歳まで飾る?結婚したらどうする?処分する場合は?

ohinasama
女の子が生まれるとひな祭りには雛人形を飾ってお祝いをするのが昔からの日本の風習ですよね。

ひな祭りには雛人形を飾って娘が健康にすくすくを育つようになどいろいろな願いが込められています。

雛人形は生まれてきた娘のために買うものですが、その雛人形って娘が何歳になるまで飾ればいいのかなど意外にわからない事が多くありますよね。

そんなお雛様についてご紹介します。

スポンサードリンク

お雛様は何歳まで飾る?

可愛い女の子が生まれた時に買うお雛様。

娘が幼い頃から毎年のようにひな祭りのために事前にお雛様を飾って料理などもしっかりと準備してお祝いをするご家庭も多いのではないでしょうか^^

その可愛い娘の為に買い飾っている雛人形ですが、娘が何歳になるまで飾ればいいのか、疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。

なぜお雛様を飾るようになったかというと、

 icon-check-square-o 子供の身に降りかかる災いから子供を守るための災いを肩代わりしてくれるもの。

  お内裏様のような男性と幸せな結婚ができるように。

諸説ありますが、このような願いが込められてお雛様を飾るようになったと言われています。

お雛様は女の子が無事に元気に成長することと、幸せな結婚を願って作られているということになります。

つまりお雛様を飾るのは、結婚するまで。結婚などで親元から巣立つ時まで飾る、という考え方が一般的です。

親御さんであれば親の役目として可能な限り女のお子さんが結婚するまで飾ってあげて下さい。

しかし、娘が結婚したからと言ってその雛人形を飾ってはいけないということはありません。

お雛様は厄を払ってくれる、子供の災いを肩代わりしてくれるものでもあるので娘が結婚したとしても何歳になったとしても飾っても大丈夫です。

お雛様を飾り続ける年数はその雛人形の持ち主の自由なので、結婚してからも自分のお守りとして娘さんに嫁入り道具として持たせ嫁ぎ先で飾っても全然構いません。

実際、昭和初期頃までは雛人形を嫁入り道具の1つとして持たせていたと言われています。

ひな祭りは子供限定の行事ではなく女性皆のお祝いでもあるので、何歳になってもおひなさまを飾ってあげて下さい^^

お雛様は子供が結婚したらどうする?

お雛様は女のお子さんが結婚するまで飾るという考えが一般的とされています。

それでは、娘さんが結婚したらどうすればいいのでしょう。

先程も書いた通り、雛人形は昭和初期頃までは嫁入り道具の1つとして嫁ぎ先に一緒に持って行って嫁ぎ先でも飾っていました。

そして女の子が生まれた時はその雛人形を脇飾りとして飾り続け、雛人形が壊れたりした時には感謝の心をこめてお寺に奉納して供養してもらっていました。

親としては娘さんが結婚するまでは飾ってあげて、結婚したら娘さんに嫁入り道具の1つとして渡し結婚後もお守り代わりに飾ってもらいましょう。

スポンサードリンク

ひな祭りには雛人形を飾って家族でお祝いするご家庭も多いと思います。

お雛様には娘さんが幸せな一生を送れるようにとの願いが込められてもいますし、結婚したからと言って雛人形を飾ってはいけないという事はありませんので、ひな祭りという季節の行事の1つとして楽しむのもいいのではないでしょうか^^

しかし、娘さんがお雛様に興味を示さなくなって飾る機会がなくなってしまったり、保管場所に困ったりするようであれば今までの感謝の気持ちを込めて神社やお寺で供養してもらったり処分してもらったりするといいでしょう。

供養する前には感謝の気持ちを込めて最後にもう一度飾ってから神社やお寺で供養してもらうといいですね^^

お雛様を処分するならどんな方法?

最近は住宅事情もあって保管場所や飾る場所がなかったり、娘さん自身が雛人形に興味を示さなくなってしまい飾る機会がなくしまいっぱなしという場合もあります。

そういう場合はお雛様をどうしても処分しなければならない事もありますよね。

お雛様の処分方法としては、

  神社やお寺に供養してもらう。

  寄付

などの方法があります。

雛人形は民間伝承の風習なので時代や地域によって違いがあります。

お雛様の処分方法には特にこれ!ときっちりと決まった方法はありませんが雛人形は子供の災難を肩代わりしてくれた存在ですのでどこかに寄付したり、供養してもらったりした方がいい方法と言えます。

人形供養は神社やお寺だけじゃなく、葬儀屋さんのイベントなどでも人形供養を行っていたりもしますのでそちらに持って行って供養してもらったりしてもいいでしょう。

さらに、日本人形協会でも人形供養をしていただけます。

日本人形協会が日本郵便と提携して行っているサービスでゆうパックで送る事ができます。

ゆうパックであれば自宅まで引き取りに来てもらう事もできますので重い人形をわざわざ持っていく必要もなく便利です。

もちろん、きちんと供養もしてもらえますので安心してくださいね^^

こちらで申込みができます。
http://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/index.html

寄付としては、勝浦市に寄付する事ができます。

こちらに寄付する事でビックひな祭りというお祭りで飾ってもらえます。

着払い可能ですし、飾ってもらえる事でお雛様も喜ぶと思いますので寄付という選択肢もありだと思います。

また、お内裏様とお雛様一対だけを残して他を処分するというのもいい方法です。

お内裏様とお雛様の一対だけであれば保管場所や飾る場所もそんなに必要ありませんし、季節飾りとして楽しんでもいいのではないでしょうか^^

少しお金がかかってしまいますが、お内裏様とお雛様をリメイクして小さくしてもらう方法もあります。

思い出の詰まった雛人形ですからリメイクして残しておくのもいいと思いますよ^^

お雛様のリメイクはこちらでできます。
http://www.hogyoku.jp/omoide_bina/

このようにいろいろな処分方法がありますので、住宅事情やそれぞれの都合を考えて最適な方法を選んで下さいね。

まとめ

お雛様は民間伝承の風習なので必ずこれ!という方法はありません。

それぞれの地域や時代によって違ってきますので、それぞれでいろいろな方法があります。

自分の住んでいる地域の方法があるのであればそれに沿ってやるのもいいでしょう。

しかし、子供の幸せという願いが込められているお雛様なのでいつまでも大事に感謝を込めて扱ってあげて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)