母の日のカーネーションを長持ちさせる方法!花束と鉢植え別に紹介!

flower1

母の日と言うと真っ先に思い浮かぶのはやはりカーネーションですよね。
母の日にカーネーションの花束をもらった事があるお母さんはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
毎年カーネーションをもらってるお母さんも、たまにカーネーションをもらうお母さんも、やはりカーネーションをもらうと嬉しいものですよね。
せっかく大切な人からもらったカーネーションを、どうせなら長持ちさせたいですよね。
特に初めて子供からカーネーションをもらった!などという記念のカーネーションならなおさらそう思いませんか?

そこでその大切なカーネーションを少しでも長持ちさせる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

母の日にもらった大切なカーネーションを長持ちさせる方法は?

カーネーションも生きていますから何もしないでいると1週間程度で枯れてしまいます。
やはりカーネーションも生き物。
人間と同じようにカーネーションが過ごしやすい環境を作ってあげることが大事です

まずは、なるべく日のあたる場所に置き、夏は半日陰の涼しい場所で管理しましょう。

そして、水をあげるときは葉や茎に水が当たらないように気をつけながら根元にあげるようにしましょう。
水が足りないんじゃないか…?と心配になって水をたくさん与えてしまう、なんて人をよく聞きますが、水の与えすぎは根腐れする可能性もあります。

カーネーションを長持ちさせるためにした行為が逆に寿命を短くしてしまう事になりかねないので水の与えすぎに気をつけて下さい。

水を与えすぎてしまう…と心配な人は、土が乾いてきたら水を与えると言った感じでくらいでちょうどいいと思います。

咲き終わってしまった花、枯れてしまった花は少々残念ですがそれは摘んでしまいましょう。

たまに蕾がたくさんある場合もありますよね。
いつか咲くかな~なんて楽しみに待ってたりしますが意外に咲かずに終わってしまう蕾が多いのです。
なので、蕾がたくさんあった場合はまず手で蕾を触ってみて下さい。
手で触ってみて蕾がスカスカしてるものは花が咲く可能性は低いので取って摘んでしまった方が長持ちします。
なぜなら、あまりたくさんの蕾があると栄養が回らなくなってしまうのです。
蕾がスカスカしてるものは摘んでしまい、咲く可能性のあるふわふわしてる蕾の方に栄養が回るようにして花を咲かせましょう。
それだけカーネーションが長持ちする事になりますからね。

母の日にもらったカーネーションの切り花の長持ち方法は?

flower2

カーネーションを切り花の状態でもらう事もありますよね。
切り花ですと、きちんと手入れをしないとすぐに枯れてしまいます。
そうならない為にもきちんと手入れをして少しでも長持ちさせましょう。

スポンサードリンク

切り花を買うと水を含ませたティッシュを茎の切り口につけてラッピングしてくれている事がほとんどだと思います。
そういう状態の切り花をもらった場合は、まずティッシュを取り除きキレイな水で水揚げをしなおしましょう。

まず、切れ味の良いハサミを使用して下の方の茎を少し斜めに切って下さい。
そうすると茎にある水を吸う管(導管)の切り口が新しくなり、水をたくさん吸うようになり長持ちしやすくなります。

最近、ホームセンターでよく見かける切り花延命剤を使用するのも1つの方法です。

このようなものを使えばさらに長持ちする可能性が高くなります。

花束をもらった時、束ねたヒモやゴムを外す事も忘れないで下さいね。

母の日にもらったカーネーションの鉢植えの長持ち方法は?

最近ではカーネーションを鉢植えでもらう方も増えているようですね。
ここでは鉢植えでもらった場合に長持ちさせる方法をご紹介ます。

まず、外に植えられるところがあったら外に植えましょう。地植えをしましょう。
地植えにすれば、来年も花を咲かせる可能性が非常に高くなります。

私の知り合いが、母の日にもらった鉢植えのカーネーションを地植えにしたところ、次の年には一回り株が大きくなってしっかりと咲いていたそうです。

外に植える場所がない場合は鉢植えのまま長持ちさせる方法を実行しましょう。
鉢植えの場合はリン酸分が不足しやすいため、花の咲く前には骨粉などリン酸の多い肥料を買ってきて根に当たらない程度の所に穴を掘り混ぜ込んであげましょう。

このような肥料は普通のホームセンターなどで売られていますので探してみてくださいね。

まとめ

子供の気持ちがこもった母の日のプレゼントのカーネーションはいつまでも大切にしていたいですよね。
大切に手入れをすれば、その分だけカーネーションは答えてくれます。
きちんと手入れをすることによって長持ちもするようになりますので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)