初節句のお祝いのお返しはどうする?いつまで渡せばいい?のしは?

ohinasama
女の子が生まれてから初めて迎えるひな祭りを初節句と言いますよね。

初節句はおめでたいことです。

その為、両親や親戚の方々からお祝いをいただく事があります。

そのようなお祝いをいただいた時にはお返しはどうすればいいのか悩みますよね。

お返しは、何を、いつまで、どのように送ればいいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

初節句のお祝いのお返しはどうする?

初節句にお祝いとして両親や親戚の方々に現金をいただいたり、プレゼントをいただいたりします。

プレゼントとしては雛人形をプレゼントされてる場合が多いですよね。

その場合、お返しはどのようにすればいいのか、初節句という事で分からない事が多いですよね。

双方の両親からお祝いをいただいた場合、基本的に両親からのお祝いに内祝いは必要ありません。

しかし、お祝いをもらったまま何もしないでいるのも気が引けますよね。

その場合は、初節句を迎える女の子がお祝いをくれたご両親や祖父母などと一緒にお祝いのお膳を囲むという席にご招待するといいでしょう。

一緒に初節句を祝うということでいただいたお祝いに対してのお返しになります。

場合によっては引き出物を用意する事もあります。

引き出物は、お住まいの地域にもよりますがお赤飯や桜餅などが多いです。

また、初節句のお祝いの席に参加できなかったご親戚などには内祝いとしてお赤飯や紅白かまぼこ、和菓子などをお渡しするといいでしょう。

名入れのできる内祝いなどもあるので、そちらをお渡しするのも素敵ですね^^

内祝いに渡す物を悩んでいる場合は、↑こちらのサイトに「初節句」内祝いのコーナーがあるのでそちらから選んでみるといいでしょう。

お渡しする内祝いの金額としては、いただいた金額の半返し~3分の1くらいが相場になります。

また、両親や祖父母には初節句の女の子と雛人形が一緒に写った写真や、フォトブックなどを贈ってあげるととても喜びます。

>>フォトブック

このようなものを引き出物の代わりに両親や祖父母に渡してあげるのもいいですよ^^

ただし、初節句のお返しについてはお住まいの地域やそのご家庭によって風習の違いなどがある場合もあります。

最終的にはお住まいの地域やご家庭の風習を優先させた方がいいと思いますので、各ご家庭で確認してからお返しをするかしないか、だったり内祝いの贈り物を決定して下さいね。

スポンサードリンク

初節句のお祝いのお返しはいつまで渡す?

初節句のお祝いをいただき、そのお返しをする場合はなるべく早めに渡すようにしましょう。

なるべく早め、とは言ってもひな祭りの前にお返しを渡してはいけません

ひな祭りの前にお返しを渡してしまうと、そのお祝いをいただいた事が「迷惑です」とした意味になってしまいお祝いをいただいた相手に対してとても失礼になってしまいます。

例え初節句のお祝いをひな祭りの前にいただいたとしても、お返しはひな祭りの後にお渡しするようにしましょう。

基本的に初節句のお祝いのお返しは、ひな祭りのある3月中には相手にお渡しするようにしてくださいね。

ただし、お祝い膳の席にご招待し出席していただいた方々にはお返しは必要ありませんと先程書きましたが、その方々にも内祝いや引き出物を渡したい場合にはそのお祝い膳の席の終了後にお渡しするようにするといいでしょう。

初節句のお祝いのお返しでのしはどうする?

初節句のお祝いをいただき、そのお返しをする場合の内祝いにはのしを付けましょう。

のしは紅白の蝶結びを使います。

そののしの上段には「内祝い」と書き、下段には初節句を迎える女の子の名前を書けば初節句のお祝いのお返しののしは完成です。

のしに関しては、内祝いの品物を頼むお店にのしも一緒に付けてもらえるようにお願いすれば、ほとんどのお店でのしを印刷して付けてもらえます。

ですので、内祝いを注文する時にはのしも一緒にお願いすることを忘れないようにしましょう。

また、内祝いの品物には、お礼状を一緒に添えるようにするとなおいいでしょう。

お礼状の他に初節句を迎える女の子の写真も一緒に入れるのもおすすめです。

最近では、初節句を迎える女の子の写真を使ったメッセージカードを添えたりすることも出来ますので、そのようなメッセージカードを利用してみるのも素敵ですね^^

もし、お祝いをくださったお相手が「お返しはいらない」などと言って下さった場合には、のしを付けないでお土産としてお返しをお渡しする方法もあります。

お相手はこちらに気を使って下っていると思いますので、そのご好意に甘えても差し支えはありませんが、嫁としては気になりますよね。

そのような場合にはのしを付けないでお土産としてお返しをお渡しするといいですよ^^

まとめ

お祝いをいただくとそのお返し、内祝いにはいろいろ悩んでしまう事も多いですよね。

ですが、内祝いとは本来は幸せのおすそわけをあらわしています。

お返しという考えですと堅苦しい感じもしますが、幸せのおすそわけ、おめでたいことのおすそわけと考えれば気持ちも楽になるのではないでしょうか^^

初節句はおめでたい事ですので、そのおめでたい幸せなことを周りのみなさんにおすそわけしてあげて下さいね^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)