結婚式のご祝儀の金額で友人へはいくら?遠方の場合は?

syugifukuro
友人から結婚式に招待された場合、おめでたいというハッピーな気分になると同時に結婚式に参列する日に備えていろいろと準備をしなければなりませんよね。

結婚式に参列するにもいろいろと準備は必要ですが、特に頭を悩ますのがご祝儀ではないでしょうか。

少なすぎれば今後の友人関係にヒビが入る場合もありますし、多すぎてもかえって相手に迷惑になる場合もあります。

そんないろいろと難しい友人へのご祝儀ですが、これを機会にご祝儀について学習しておきましょう。

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀で友人へ渡す金額は?

友人が結婚し、結婚式に招待されることはとてもおめでたく友人としては嬉しい事ですよね。

結婚式に招待された場合、結婚祝いとしてご祝儀を持参するのは当然の事です。

ご祝儀を渡すという事はわかっていても、友人へは一体いくら程度のご祝儀を渡せばいいのか意外とわからない場合もありますよね。

一般的に結婚式に招待された友人への結婚のご祝儀は3万円程度が相場となっています。

結婚式に招待された場合、披露宴では料理をいただいたり引き出物をいただいたりしますよね。

披露宴でいただくことができる料理はだいたい1~2万ほどします。

これに引き出物の値段をプラスすると2~3万円程度はすることになりますので、友人へのご祝儀の相場としては3万円になります。

ただ、必ず3万円でなければならないというわけではありません。

ご自分と友人との関係の深さでご祝儀の値段をさらにプラスしても構いませんし、お住まいの地域によってもご祝儀の値段の相場は多少変わってきます。

または、ご自分の年齢が高くなるにつれご祝儀の値段も自然と高くなっていったりもします。

結婚する友人との関係がとても深く特にお祝いの気持ちが強い場合は、5万円程度お渡しするといいでしょう。

あまりに大きな金額をご祝儀として渡してしまうと相手が恐縮してしまい、かえって迷惑になってしまうこともあります。

そしてご祝儀の金額は割り切れない奇数の数字の金額をお祝いとして渡すのことがいいとされています。

偶数の数字は割り切れてしまうので別れ、つまり離婚などをイメージさせ縁起が悪いという事で避けた方がいいと言われています。

3万と5万はその点、両方とも奇数なので妥当な金額になります。

しかし、最近では偶数の数字である2万や8万は縁起がいいということで偶数であってもこの金額であればOKとしている場合も多くあります。

2はペアという意味や、二重に幸せになりますように、という意味が込められており、8は末広がりで縁起がいいという意味が込められています。

このようなご祝儀の金額の値段でもいろいろなマナーがありますので、失礼にならないようご祝儀の金額も確認して渡すようにしましょう。

また、ご祝儀袋に入れるお金は新札で揃える事は常識のマナーですので、新札かどうかもしっかりと確認してからご祝儀袋に入れるようにして下さいね。

結婚式のご祝儀 友人が遠方で式を挙げる場合は?

友人が自分の住んでいる場所の近くで結婚式をあげるとは限りませんよね。

スポンサードリンク

自分が住んでいる場所より遠いところで友人が結婚式をあげることになり、その遠方での結婚式に招待されることもあります。

遠方での結婚式に参加するとなると、交通費や宿泊費がかかります。

ご祝儀に加え、交通費や宿泊費がかかるとなるとけっこうな出費になりますよね。

しかし、遠方での結婚式で交通費や宿泊費がかかるからと言ってご祝儀の金額を減らしていいというわけではありません。

近場での結婚式であればご祝儀は3万にするけど、今回は交通費や宿泊費がかかるからそれを差し引いて1万でOK!というわけでは決してありません。

そんなことをしてしまうと非常識のレッテル貼られ、今後の友人関係にも響く場合もありますので気をつけましょう。

交通費や宿泊費がかかったとしてもご祝儀は相場の3万はお渡しするようにしましょう。

ただ、遠方から結婚式に出席するために来てくれた方には、友人からからお車代として少額いただける場合もあります。

その場合は、結婚式へ招待された時にその友人からその旨の説明があるかと思います。

説明がない場合にはお車代がない、という事も考えられます。

お車代の説明がない場合には、勇気があれば友人に直接聞くこともできますがその後友人と気まずくなる事もありますのでそれを覚悟の上、お車代について聞いてみるといいでしょう。

しかし、経済的な理由でどうしてもご祝儀の3万を払えないという場合もありますよね。

その場合は、結婚式には欠席させてもらいご祝儀として1万円程度を贈るのがマナーとしてはスマートです。

参考記事icon-arrow-circle-o-right結婚祝いの金額は結婚式なしの友人へはいくらでいつ渡す?祝儀袋への入れ方は?

結婚式は遠方でするということは結婚式の招待状を見た時点でわかっているはずです。

遠方へ行くからには交通費と宿泊費がかかるということは招待状を見た時点でわかっていることです。

それを見てどうしても経済的にご祝儀と交通費、宿泊費が払えないというのであれば残念ですが結婚式へは欠席させてもらいご祝儀の1万だけお渡ししましょう。

遠方で結婚式をするとわかっていた上で、その結婚式への出席を決めたのであれば交通費と宿泊費がかかるからご祝儀を抑えたいということなど考えずにしっかりとご祝儀はお渡ししましょう。

結婚のお祝いであるご祝儀は交通費や宿泊費がかかるからと言って抑えるものではありません。

あくまでご祝儀はお祝いだということを忘れないで下さいね。

まとめ

友人の結婚、結婚式というのはとてもおめでたく嬉しいことです。

結婚式に出席する場合は、ご祝儀だけでなく洋服や髪の毛のセットなどいろいろお金はかかります。

参考記事icon-arrow-circle-o-right結婚式二次会のみ出席の服装女性編 カジュアルコーデでいい?髪型は美容院でセットがいい?

しかし、だからと言ってご祝儀をケチってはいけません。

ご祝儀は結婚のお祝いですから金額を抑えることはせず気持ちよくご祝儀を友人に渡してあげて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)