おはぎは冷凍できる?保存方法と解凍する方法は?

ohagi
お彼岸の時期になるとよく食べる機会が多くなるおはぎ。

甘くて美味しいですし、和菓子は比較的カロリーが低めなので女性には嬉しいお菓子ですよね^^

お彼岸の時期になるとおはぎを食べる機会が多くなるので、作る方も思わず多めに作ってしまい余ってしまう事もありますよね。

せっかく作ったおはぎが余ったからといって捨てるのはもったいないものです。

そこで役立つおはぎの保存方法をご紹介します。

スポンサードリンク

おはぎは冷凍できる?

おはぎをたくさん作って食べきれずに余ってしまった!

なんてこと、お彼岸の時期になるとけっこうよくありますよね(^_^;)

おはぎは常温保存にはあまり適していませんし、何もしないでそのままにしておくと硬くなってしまいます。

せっかく作ったのに余ったから捨てるなんてもったいないことできませんよね。

おはぎは冷凍保存することができます。

おはぎは自分で作る事もできますが、もちろんお店などで市販もされてますよね。

市販のおはぎはおはぎを作っている工場から販売しているお店に届くまで冷凍されて届けられることもあります。

市販されているおはぎが冷凍されてお店に届けられる事があるくらいですから、もちろん手作りのおはぎも冷凍する事ができます^^

それにおはぎはお米(もち米)とあんこでできていますよね。

お米とあんこって冷凍保存できますよね。

おはぎの材料であるお米とあんこが冷凍できるんですから、それでできているおはぎも当然冷凍できます。

なので、たくさん作りすぎておはぎが余ってしまった時などには冷凍保存してしまいましょう^^

冷凍保存すれば4~5週間程度はもちますので、たくさん余ったとしても捨てずに食べる事ができますよ^^

ただし、やはり冷凍してから解凍すると作った直後よりはどうしても食感が落ちてしまいます。

冷凍保存すれば4~5週間くらいは保存することはできますが、なるべく早めに食べた方が美味しくいただくことができるのでできれば早めに食べて下さいね。

おはぎの冷凍保存方法は?

おはぎの冷凍保存の方法はとても簡単です。

おはぎを1つ1つラップに空気が入らないようにしっかりと包んで冷凍庫に入れて冷凍すれば大丈夫です。

スポンサードリンク

ご飯を冷凍する時と同じ感覚ですね。

できれば急速冷凍した方が、おはぎの美味しさをそのまま冷凍する事ができ解凍後も美味しくおはぎを食べる事ができます。

急速冷凍するには、冷凍庫にアルミバットを入れて冷やしておきそこにラップに包んだおはぎを置くと普通よりは早めに冷凍する事ができます。

また、ラップよりアルミホイルに包むとさらに急速冷凍しやすくなります。

時間がなくてラップで1つ1つ包めない、などという時はタッパーなどの保存容器に入れて冷凍しても大丈夫です。

ただし、タッパーにおはぎを入れる時は隣同士のおはぎがくっつかないように気を付けて入れるようにしましょう。

隣同士がくっついたまま冷凍してしまうと、解凍する時に手間がかかってしまいます。

また、くっついているからと言って全て解凍してしまい食べきれなかったからまた冷凍する、というようなことをしているとおはぎがだんだんと美味しくなくなっていきます。

なので、一度にたくさん食べる場合はくっついたまま冷凍しても大丈夫ですが、少しずつ食べる可能性が高い場合は隣同士がくっつかないように冷凍するようにしましょう。

1番無難なのはやはり1つ1つをラップかアルミホイルに包んで冷凍する方法ですので、時間があるのであれば1つ1つ冷凍するようにしましょう。

おはぎの冷凍したものを解凍する方法は?

冷凍保存したおはぎの解凍の方法は、自然解凍もしくは電子レンジでチンしましょう。

より美味しく冷凍したおはぎを解凍するなら、解凍する時期によって臨機応変に解凍方法を変えるといいでしょう。

日本には四季がありますので、暖かい時期と寒い時期がありますよね。

その気温によって自然解凍しただけで食べられる時期と、電子レンジでチンして解凍した方がいい時期とがあります。

自然解凍では解凍に時間がかかるような寒い時期に解凍すると解凍過程でデンプンが固くなってしまいます。

なので、寒い時期に解凍するのであれば電子レンジを使用して解凍するのがおすすめです。

そして、暖かい時期に解凍するのであれば自然解凍するといいでしょう。

自然解凍する時は、冷蔵庫に入れて解凍するのではなく常温で解凍するようにして下さい。

ただし、冷凍したおはぎを食べる前日に冷蔵庫に入れておき、食べる当日に常温で解凍するのであればOKです。

また解凍方法に電子レンジを使った場合は、暖かいうちに食べるようにしましょう。

電子レンジを使って温めたおはぎは、冷えてしまうと固くなって美味しくなくなってしまいます。

電子レンジでチンして解凍する場合は食べる直前に温めて暖かいうちに食べるようにして下さいね。

まとめ

おはぎは常温保存や冷蔵保存よりも冷凍保存の方が1番最適な保存方法になります。

常温保存や冷蔵保存ではおはぎがすぐに固くなってしまうのであまり保存方法としてはおすすめはできません。

おはぎは作った次の日にはけっこう固くなってしまっているので、次の日に食べるから…と言って常温や冷蔵で保存してしまうと固く美味しくなくなってしまいます。

ですので、食べきれないと思った時にはなるべく冷凍保存していつでも美味しくおはぎを食べれるようにしておくといいですよ^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)