熱田祭りの日程は?花火の打ち上げ場所と穴場スポットをご紹介!

hanabi

西日本でも先陣を切って行われるお祭りと花火大会である「熱田祭り」と「花火大会」。
毎年6月に行われ、この熱田祭りから浴衣を着始める人も多いようです。
まさに夏の訪れを感じさせる名古屋の熱田祭りと花火大会のについて確認しておきましょう!

スポンサードリンク

熱田祭りの日程は?

天皇陛下の御使いによって執り行われる熱田神宮の一番大切なお祭りとされる熱田祭り。
境内は様々な奉納行事が行われ、露店もたくさん立ち並び多くの人で賑わいます。
天皇陛下と関わりの深いお祭りなので毎年、天皇陛下の勅使が参向されるほどです。

熱田祭りは毎年6月5日に行われます。
2015年の今年の6月5日は金曜日になるのでいつもより混雑する可能性もありますね。

熱田祭りがおこなわれる6月は梅雨の時期でもあり天候が雨になる場合も多いようですが、
熱田祭りの花火大会は雨天の場合は中止ではなく、
順延になり次の日に行われる
ようになっています。
小雨程度なら実施します。
楽しみにしていた花火大会が中止になると寂しいですから、順延となると嬉しいですよね。

お祭りは午前中から始まりますが、
花火大会は19時40分頃~20時30分頃までの約1時間に渡って打ち上げられます。

熱田祭りの花火大会は約1000発の花火が打ち上げられますので、長くゆっくりとしたペースで打ち上げていく感じになります。

熱田祭り花火の打ち上げ場所は?

熱田祭りの花火大会の打ち上げ場所の熱田神宮公園になります。

ですので、花火大会当日は花火打ち上げの為、熱田神宮公園は立ち入り禁止になります。

近くで見た方がキレイだから、と言って熱田神宮公園に行っても絶対に入れませんので、
ここは安全の為、警備員さんなどの指示に従い熱田神宮公園で見物するのは止めましょうね。

スポンサードリンク

熱田祭りの花火が見れる穴場スポットは?

熱田祭りの花火が見れる穴場スポットは以下の場所になります。

熱田公園野球場の北側
野球場は打ち上げ場所の熱田神宮公園から数百メートルの距離なのでばっちり花火が見えます。
穴場スポットとは言い難いかもしれませんが、迫力満点の花火を見たい人にはおすすめの場所です。

白鳥公園
穴場スポットとしては少々有名になってしまいましたが、ここからもキレイに花火が見えます。
ですが、少々有名になってしまったので多少混雑するかもしれません。

名古屋国際会議場
こちらも同じく穴場スポットとしては少々有名になってしまいましたが、ここからもキレイに花火が見えます。
ですが、少々有名になってしまったので多少混雑するかもしれません。

熱田イオン
4階と屋上から見えます。
トイレもありますし、食料や飲み物を買う事もできます。
もちろんレストラン等での食事も可能です。
花火が見える駐車場の一角は柵のようなもので囲ってあり駐車できないようになっているので、子供連れの方にはおすすめです。
駐車料金も2000円以上の買い物で合計5時間無料です。
金山総合駅南口からイオン熱田店まで無料シャトルバスも運行中ですので駐車料金をかけたくない人にはこちらをおすすめします。
ただし、帰りの金山行き無料シャトルバスの最終は午後8時45分になりますので花火を最後まで見ると帰りは少しあたふたしてしまうかもしれません。

東海通アピタ
小さくしか花火が見れないようですが、その分混雑は少ないかもしれません。
小さくしか見えなくてもいいから花火が見たい、という方におすすめです。
こちらは早めにお店が閉まるそうなのでその点も注意が必要です。

いかがでしたか?
一緒に行く人、人数、状況などを考慮して場所を決め、花火見物を楽しんで下さいね。

まとめ

名古屋でも早めに始まる熱田祭りと花火大会。
この早めに開催される祭りと花火大会に参加すれば一足早い夏を
感じられるのではないでしょうか^^
ぜひ熱田祭りと花火大会で一足早い夏を楽しんでみてください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)