足立花火大会が見やすい場所と混まない駅は?花火が見えるレストランは?

hanabitaikai
約100年の歴史があり、たくさんある花火大会の中でも比較的早い時期に開催される足立花火大会。
1時間の間に約1万2000発の花火が打ち上げられ、毎年60万人以上もの人が観覧に訪れる規模の大きな花火大会です。
開催場所が荒川河川敷、開催時間が19:30~20:30までになります。
規模の大きな歴史ある花火大会だけあって毎年とても混み、観覧席確保の為に毎年早朝から場所取りをする人がいるほどです。
そんな激混みの足立花火大会ですが、荒川河川敷以外でも花火がキレイに見れる見やすい場所が意外にあるのをご存知ですか?
足立花火大会が見やすい場所、できるだけ混雑に巻き込まれない方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

足立花火大会の見やすい場所は?

間近でキレイに見えるけどとても混雑する荒川河川敷の他にも、花火が見やすいおすすめの場所があります。

それは梅島駅周辺です。

梅島駅から河川敷に向かって歩いて行くと見やすい場所がたくさんあります。

堤防の上が1番見やすいですが、少々混雑します。
それでも荒川河川敷周辺よりは全然余裕があり、座って見れる場所もたくさんあります。

堤防の上が混んでいた場合は、堤防を下りてグラウンドまで行くとこちらは余裕で座って見れます。

こちらの河川敷は周辺に高い建物など視界を遮るものがほとんどありません。
なので、梅島駅側からは本当にキレイに花火が見えます。

また、河川敷が広いので花火大会の開催時間にゆっくり来ても観覧場所の確保が簡単にできます。
打ち上げ時間の30分程度前でも座れるスペースがあるという話もあるほどです。

それに、花火の打ち上げ場所から少し離れている事もあり、花火を打ち上げた際の煙に巻かれる事もほとんどないので快適に花火を見る事ができますよ。

梅島駅から河川敷の間には屋台もちらほらと出ていますので、食べ物や飲み物を調達する事もできます。
近くにはコンビニもありますので、こちらで飲食するものを調達する事も可能ですよ。

梅島駅以外でも、西新井橋から扇大橋間の土手からも花火が見やすいですよ。

ここは荒川より少し上流側になり、打ち上げ場所から少々離れていることもあり花火の見物客もそんなに多くはないのでゆっくり花火を観覧できます。
場所が近すぎないので、花火を見る為にずっと上を見ていて首が疲れるということもありません。

足立花火大会への行きと帰りで混まない駅はどこ?

足立花火大会当日は周辺が交通規制されます。

もちろん車で行く事もできませんので、公共交通機関を利用して移動することになります。

できれば、行きも帰りもなるべく混雑しない道や駅を利用したいですよね。

足立花火大会が開催される荒川河川敷へは北千住駅が最寄り駅になります。

最寄り駅ということは、やっぱりとても混雑しますので北千住駅以外を利用することをおすすめします。

例えば、

荒川を挟んで堤防の北側で観覧する場合は、千住大橋駅や町屋駅。
荒川を挟んで堤防の南側で観覧する場合は、牛田駅。

こちらの駅を利用すると比較的混雑に巻き込まれる事もなく駅を利用することができます。

スポンサードリンク

また、先程おすすめした花火の見えやすい場所である梅島周辺の駅もあまり混雑しません。

こちらも荒川から少々離れている場所なので、帰りも五反田駅・梅島駅・西新井駅と利用する駅がバラけるので北千住駅を利用するより混雑に巻き込まれる事もなくずっと楽に利用することができます。

足立花火大会が見れるレストランは?

混雑する場所で花火を見たくなかったり、美味しい食事をしながらゆっくり花火を見たいという場合はレストランを予約しておくという手もありますよ。

足立花火大会の花火を見ながら食事ができるレストランはこちらになります。

ホテルココ・グラン北千住
「足立区花火大会プラン」という花火大会限定のプランあり。
2014年は5月中旬にプラン発表、6月1日に電話受け付け開始

レストランtapis rouge
毎年恒例の足立花火大会スペシャルプランあり。
レストランでのスペシャルビュッフェを楽しんだ後、東京芸術センター20Fラウンジの特別観覧席から花火見物ができる。
また、ラウンジの特別観覧席の他にも特設個室観覧席もある。
店頭、お電話、HPにてプラン申込み受付。

レストランさくら
屋上ガーデンを開放し、屋上ガーデンで迫力満点の花火を見を見ながら食事ができる。
予約制で、食事と飲み物付きで小学生以下3500円、それ以上は7000円。5歳以下は無料。
電話受付後、抽選を行い当選者に電話連絡しチケットを受取る必要あり。

まとめ

せっかくの花火大会なので、混雑でイライラしたり、移動でセカセカしたりしないでゆっくり観覧したいものですよね。
利用する駅を数駅ズラしたり、観覧する場所を少しだけ遠い場所にするだけであまり混雑に巻き込まれる事もなくゆっくりのんびりと花火を楽しむ事ができます。
今回紹介した場所で、今年はのんびりゆっくりと花火大会を観覧して楽しんで下さいね。

また、足立花火大会は同時期に開催される隅田川の花火大会と日にちをずらして開催されるので間違いの無いようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)