七五三の写真撮影で親の服装は?お参りの時は?妊婦はどうする?

753

可愛い子供の七五三は親にとって大切なイベントの1つではないでしょうか。
そんな大事なイベントの1つである七五三の時に、親である自分が着る服ってとても悩みますよね。
写真撮影をするとなれば、その写真は一生残るものですからなおさら悩みますよね。
七五三の直前で自分の服装に悩まないように事前に準備しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

七五三で写真撮影する場合の親の服装は?

子供の七五三の時、写真館で写真撮影する人も多いと思います。

その時に、和装の着物と洋装のスーツのどちらを着用するべきか悩む人が多いでしょう。

もし、写真撮影で見栄えをよくしたかったりきちんと感を出したいのであれば着物をおすすめします。

着物を着るだけで写真の見栄えが全然違いますし、このような機会でもなければ着物を着る機会も少ないと思いますのでこれを機会に着物を着用して写真撮影するのもいいのではないでしょうか^^

しかし、着物は着付けに時間がかかりますし洋装に比べると多少お金もかかりますので、そのような場合はスーツでも全然大丈夫です。

スーツも色やアクセサリー、デザインなどで七五三の写真撮影に相応しい服装にする事ができますのでスーツで写真撮影することは全然おかしくはありません。

写真撮影の際に特に気をつけたい事は、七五三の主役は子供という事です。

七五三の主役はあくまで子供ですので、親は子供が着る衣装が引き立つような服装をするのがいいと言えます。

もし子供が着物を着るのであれば、子供の着物を引きたてるためにもシックな色の着物や、シックな色やシンプルなデザインのスーツがいいのではないでしょうか。

スーツで写真撮影する場合に気をつけたいのがスカート丈です。

写真撮影では、母親が椅子に座る場合もあり得ます。

その際にスカートが短すぎると椅子に座った時にだらしなく写ってしまう場合もあります。

パンツスーツでもいいですが、スカートで足を斜めにして写真撮影をした方が見栄えがよくなります

また、色は子供の衣装の色との組み合わせを考えるようにするといいでしょう。

例えば、男の子に多い黒や紺の袴やスーツを子供が着用する場合には、子供とは逆のパステル系の柔らかい風合いの服装をすると柔らかい優しいお母さんの印象になるのでおすすめです。

役に女の子に多い赤やピンクなどの着物やスーツを子供が着用する場合には、親はシックなダーク系の色を選んで着用すると落ち着いた優しいお母さんの感じになります。

このように子供の衣装の色との組み合わせを考えて親の衣装を選ぶと、写真撮影では子供の七五三の衣装が引き立ち目立つのでおすすめです。

またお父さんの衣装も、お母さんの衣装の色をネクタイなどの小物に取り入れたりして色を合わせると家族でオシャレな印象になります。

お父さんはだいたいダーク系の色のスーツで参加することが多いと思いますので、小物で色を取り入れるとカッコいいですよ^^

七五三の写真は家族での写真ですから、全体のバランスって意外に大事だったりします。

素敵な家族写真になるように全体のバランスを見て色や衣装、デザインなどを決めてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

七五三での親の服装でお参りの時はどんな格好がいい?

最近では、写真撮影とお参りは別々にする人が多いのではないでしょうか。

親の七五三でのお参りの服装は洋装である、スーツをおすすめします。

なぜなら、七五三の時は子供が着なれない着物やスーツで不機嫌になり泣きだしたり、テンションが上がって走りまわったりすることがよくあります。

そうなった時に、動きやすいスーツですと抱っこしたり子供の動きに対応しやすいのでおすすめです。

人それぞれかとは思いますが、スカートよりはパンツの方が動きやすく便利ではあります。

もし、着物でのお参りになる場合でご自分の両親や義両親が一緒に行く場合には、ご両親には洋服を着てもらい子供の面倒をみてもらうのがいいでしょう。

動きやすいからと言って、普段着でお参りに行くのはあまりおすすめできません。

七五三は子供の健やかな成長と健康を願い神様にお願い申し上げに行く行事ですので、近所に買い物に行くような服装で行くのは神様に対して失礼になりますよね。

新しいスーツだったり、袴や着物をきちんと着なさいと言っているわけではありません。

神様にお願いするに相応しい自分なりの正装をしてお参りに行きましょう。

七五三での親の服装で妊婦の場合は?

母親ですと、第二子以降を妊娠中に七五三をしなければならない時もあります。

妊娠中の七五三の服装って悩みますよね。

妊娠中っていろいろ体が大変ですし、かと言って普段着のラフな格好で七五三をするわけにもいきませんよね。

お参りに行く場合は、神様に参拝するわけですのでフォーマルではなくてもカジュアルな服装ではない方がいいです。

しかし、妊婦で体が辛い事もあるかと思いますので、あまり無理はせず普段着より少しいい服を着れば大丈夫です。

マタニティや授乳時期に着られるようなワンピースがありますのでそちらを着用するといいのではないでしょうか。

または、ジャンパースカートの上にジャケットを羽織るというのもいいかと思います。

色は黒や紺、グレーなどの落ち着いた色味を選ぶと無難に見えます。

無難すぎるなぁ、と思った場合にはパールのネックレスやコサージュなどを付けると華やかになるのでおすすめです。

また、服の素材もベロアなどにすると華やかに見えます。

妊婦ですので、靴はローヒールの足元がふらつかないようなもので全然OKですし、タイツを履くのも苦しい時期ですので膝上までのニーハイソックスなどで代用するといいでしょう。

まずは、妊娠中のご自分が苦しくない格好で七五三に参加しましょう。

まとめ

七五三はどの家庭でも子供が主役であることは同じです。
子供より親の服装が目立つ、ということがないように子供にとっても、親にとってもいい思い出の七五三になるようにして下さいね。


参考記事icon-arrow-circle-o-right七五三の写真予約と撮影はいつ頃がいい?着物レンタルはどうする?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)