土用の丑の日はいつ?その由来は?実はうのつく物なら何でもいい!?

unagi

土用の丑の日といえば、うなぎですよね。
この日にうなぎを食べるといい、というのはよく聞きますが、
その理由って実はよく知らないで食べてる事が多くありませんか?
実は土用の丑の日は年に4回あり、食べるものはうなぎじゃなくてもいいという事を知ってましたか?
そんな土用の丑の日について調べてみました。

スポンサードリンク

土用の丑の日はいつ?

2015年の夏の土用の丑の日は7月24日(金)と8月5日(水)の2回あります。

土用の丑の日は「夏」というイメージがありますよね。
それはそれで正しいんですが、実は年に4回あるんです。

土用とは、暦の立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ18日程度の期間のことを言い、
その中で十二支の丑である日を土用の丑と呼んでいます。
十二支は12匹いますよね。なので、12日毎に1周します。
土用は約18日あり、これに十二支の12日を当てはめて丑の日を決めています。
今年はこの18日の間に丑の日が2回来るので、土用の丑の日が2回あることになります。
この丑の日の2回を「一の丑」「二の丑」と呼んだりします。

ちなみに、夏以外の土用の丑の日はというと…

冬 1/13(火)、1/25(日)
春 4/19(日)
秋 10/28(土)

となっています。

土用の丑日の日にうなぎを食べる由来は?

夏の土用の丑の日頃には暑さによる夏バテで痩せたり疲れが溜まる事が多い為、
疲労回復に効果があるビタミンAやBなどが多く含まれるうなぎを食べる事を勧められていたようです。

さらに、
「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり召せ」
という、大伴家持のがうなぎについて歌った詩が「万葉集」にあるように、
うなぎが夏バテ、夏痩せに効果があるという事は奈良時代から知られていたようです。

土用の丑の日にうなぎを食べるということが広く知れ渡るキッカケになったのは、

icon-check-square-o 平賀源内が広めたという説
icon-check-square-o 太田蜀山人が広めたという説
icon-check-square-o 鰻屋の春木屋善兵衛によるという説

と、様々あるようです。
今のところ、鰻が売れなかった鰻屋が平賀源内に相談し、
平賀源内によって広く知れ渡ったという説が1番有名なようです。

スポンサードリンク

土用の丑の日に食べるといいのはうのつくものなら何でもいい!

土用の丑の日=うなぎ

というイメージが強いですよね。

でも、実はうなぎだけではなく「う」のつくものなら何でもいいとされているようです。

土用の丑の日=うなぎ、というイメージになったのは、
昔から丑の日の「う」からこの日に「うのつくもの」を食べると病気にならないと言う
迷信があり、うなぎも「う」が付く食べ物であったことから土用の丑の日=うなぎ
というイメージがついたとも言われています。

「う」の付く食べ物では、

icon-check-square-o うどん
icon-long-arrow-right 夏バテ時に、消化吸収がよく胃に優しい

icon-check-square-o 梅干
icon-long-arrow-right 唾液分泌効果で食欲不振を解消し疲労回復の効果がある

icon-check-square-o 瓜
icon-long-arrow-right 体内の余分な熱を冷ます効果がある

などが土用の丑の日に食されており、夏バテなどにも効果があります。

最近では「牛」ということで「牛丼」を食べる人もいるようですね。

まとめ

うなぎの販促の為だったり、「う」のつくものを食べればいい、とは言え、
やはり「土用の丑の日=うなぎ」は定番なのでうなぎを食べたいですよね。

土用の丑の日でもないとうなぎを食べる機会がないという人もいるのでは
ないでしょうか。

せっかくの土用の丑の日。
うなぎを食べて夏バテを解消し、元気に夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)