男性用浴衣の粋な着こなしとは?下に着るものと帯のお勧め結び方は?

men-yukata
女性は夏祭りや花火大会などで浴衣を着ておでかけするチャンスもありますし、着たいという気持ちもありますよね。
しかし、男性はなかなか浴衣を着る機会もないですしあまり着ようと思わない人も多いと思います。
イメージ的に浴衣はめんどくさい、着方がわからない、という理由で浴衣に手をつけないという理由が多いのではないでしょうか。
ポイントさえ掴めば男性の浴衣は女性の浴衣に比べると簡単に着れます。
ポイントを学んで今年の夏は浴衣デビューしてみませんか?^^

スポンサードリンク

男性用浴衣のカッコいい着こなしとは?

男性の浴衣は恰幅よく見せた方が見た目がカッコよくなります。

元々、体格のいい人はそのまま浴衣を着れば恰幅よく着れますが、細身の男性はそうもいきません。

細身の男性が恰幅よく見せる為には浴衣の中にタオルを巻く必要があります。

タオルが腰回りに巻き、なるべく寸胴になるようにします。
寸胴にした方が着崩れもしにくくなります。

タオルの巻き方は特に決まりはないので、自分の好きなように巻いてもらって大丈夫です。

タオルを巻いたら、そのタオルがずり落ちないように腰ひもなどで上から縛ってください。
その上から浴衣を着れば、恰幅のいい浴衣姿の出来上がりです。

男性の浴衣は恰幅のいい着方をしなければならない、というわけではないのでそのようにしたくないという場合はタオルを巻く必要はありません。

女性の浴衣の場合は、衿の部分は首の後ろの方をあけて前の方をきっちり閉めて着ます。

しかし、男性は女性とは反対の着方をします。
首の後ろをきっちりとし、前の方は多少ゆるめにします。
この時、あまり前の方をゆるめにしてしまうとだらしない感じになってしまうのでほどほどのゆるさにしてくださいね。

浴衣の選び方としては、浴衣と帯を似たような色にしないようにしましょう。

浴衣と帯を似たように色にしてしまうと全体の印象がぼやけてしまうので、引き締めるような色を選ぶ事をおすすめします。

お洒落に見せたい場合は、帯を色違いで2本買い2本とも使いどちらかの色をチラ見せするというような着方もあります。

また、女性の浴衣ですと巾着を持ちそれに荷物を入れておきますが男性には基本的に巾着というようなものはありません。

男性の場合は帯と浴衣の間や、袖、かくしと呼ばれる浴衣の胸元に入れるようにカッコよくなります。

浴衣を着なれていない男性は、落とさないように注意して下さいね。

男性用浴衣の下に着るものって?

男性が浴衣を着る場合は、浴衣の下に肌着を着る必要があります。

Tシャツのようなものとステテコ、つまり股引を用意して浴衣の下にはきましょう。

肌着がないと直接肌に浴衣を着る事になるので、浴衣の生地が肌で滑ってしまい着崩れしやすくなります。
また、浴衣を着る夏は汗をかきやすい時期でもありますので汗をかくと浴衣生地が肌にべたっとくっついてヨレヨレしてしまいます。

Tシャツやステテコでも吸汗性のいい肌着を着た方が浴衣をカッコよく着こなせますし着崩れもしにくくなるので、吸汗性のいい素材の肌着をおすすめします。

スポンサードリンク

できれば、下もステテコを履いた方が粋です。

特に白い浴衣を着る場合にはステテコは絶対に履いた方がいいです。

男性は女性と違って下が開いている服を着た事がない場合が多いので、慣れない浴衣を着て足を開いて座ってしまい下着が見えてしまうという事が考えられるからです。

せっかく粋に浴衣を着たのに、そのようになってしまってはせっかくの粋な着方も台無しになってしまいます。

それを防ぐためにもステテコをはくことをおすすめします。

さらに言うと、もっと粋に見せたいのであれば肌着のTシャツではなくさらしを巻くととても粋に感じられます。
昔は一般的にさらしを巻いていたと言われています。

他の人と一味違う粋な着方をしたい場合などには、肌着の代わりにさらしに挑戦してみて下さい。

男性用浴衣の帯でおすすめな結び方は?

男性の浴衣の帯の結び方もいろいろあります。

1番簡単な結び方は1回結ぶだけの浪人結びです。別名、片挟みとも言います。
本当に1回結ぶだけなので、初めて浴衣を着る人でも簡単にできます。

一般的な結び方は貝の口という結び方です。
見た目もすっきりしていていい感じになります。

一文字結びという結び方もあり、こちらもけっこう簡単にできます。

今、紹介した帯の結び方は角帯と言われる帯を使った結び方になります。

角帯の他に兵児帯という帯もあります。
絞りなどでできている帯になり、角帯よりもカジュアルな感じになるので浴衣など、元々寛ぐために作られた寛ぎ着にはぴったりとされています。
締め方も簡単で、普通に蝶々結びでOKです。
しかし、蝶々結びの結び目は背中心ではなく、その少し横の背中心と脇の真ん中くらいの位置にずらして着た方がカッコいいです。

男性の浴衣の着付けは帯が要と言われています。
慣れている人は男締めと言われる帯の下にある仮紐を使わずに帯1本で着ます。
慣れていない人は無理して帯1本で着る必要はありませんので、まず紐で押さえてから帯を締めた方がいいでしょう。

また、よく勘違いされるところですが、帯はウエストで締めるのではありません。
必ず「腰」で締めてくださいね。

まとめ

せっかく日本人に生まれたんですから、日本特有の浴衣を着て夏を満喫するのもいいのではないでしょうか。
男性の浴衣は女性よりは簡単に着れますし、着物よりは敷居が低いのでチャンスがあったらぜひ着てみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)