夏に部屋で涼しく過ごす為のレディース部屋着は?インテリアで涼感も。

room
日本の夏は気温が高く、湿気も多くジメジメとしているので過ごしやすいとは言えない季節ですよね。
年々夏の時期の気温が高くなってきているような感じさえもします。
そんなお世辞にも過ごしやすいと言えない日本の夏でも、部屋の工夫次第で涼しく過ごせることが可能になります。
そんな暑い夏にぴったりの部屋を涼しくする方法を紹介します。

スポンサードリンク

夏の季節に部屋で涼しく過ごす為におこなうこととは?

部屋を暑くする原因は太陽の熱線である遠赤外線や赤外線です。

なので、この熱線を遮断することができれば室温の上昇を抑える事ができ、部屋を涼しくする事が可能になります。

まず直射日光を防ぎましょう。

直射日光を防ぐ為には、カーテンやよしず、オーニングなどを使って窓から入る太陽の光を遮る事が必要です。

最近ではおしゃれなオーニングが遮光用として人気のようです。

また、部屋の中でカーテンやよしずで直射日光を防いでしまうと窓やカーテン自体が直射日光で熱を持ってしまい部屋が涼しくならなくなってしまいます。

直射日光を防ぐ場合は窓の外、屋外に設置して日陰を作った方が部屋が涼しくなります。

オーニングは外に設置するようにできている上、見た目がおしゃれなので見た目にこだわる場合はオーニングがおすすめです。

さらに室温の上昇を抑えたい場合は、窓の部分だけでなく壁の部分にもよしずなどを設置して直射日光を防ぐとさらにいいですよ。

外に設置したよしずに水をかけると気化熱の効果で2~3℃低い風が部屋の中に入ってくるようになります。

このような方法も上手に利用するとさらに部屋を涼しくすることができるようになり便利ですよ。

もし、多少お金がかかってもいいのでもっと部屋を涼しくしたいという場合には断熱する効果のある遮熱塗料を壁に塗るという方法もあります。

この遮熱塗料を塗ると、塗っていない壁と塗っている壁とでは約30℃も違うという実験結果もあるそうです。

遮熱塗料はホームセンターなどで売られていますが高価ですので、自分のライフスタイルや金銭面でのことも考えて利用してください。

このような方法を利用すれば、気温によってはエアコンなしで過ごす事ができますしエアコンを付けたとしても設定温度が高くても涼しく感じる事ができるようになるので電気代の節約という面でもおすすめです。

スポンサードリンク

夏の部屋着に最適なレディースのルームウェアは?

部屋を涼しくするだけでなく、自分自身の着る物を涼しいものにすると過ごしやすくなります。

夏の暑い時期は、汗をかきやすいので汗の吸水性がいい素材のものを選んだり、肌触りのいい素材のものを選ぶといいでしょう。

夏の定番の素材である麻や、吸水性がよく肌触りもいいガーゼやタオル生地でできているルームウェアがおすすめです。

最近では、このような素材でできている可愛いデザインのルームウェアも発売されています。

ガーゼやタオル生地でできているロングワンピースやショートパンツなどが可愛く人気があります。

やはり部屋の中なので、リラックスした格好でいたい。

でも、女性らしい可愛い格好でもいたい、という方には特にロングワンピースやショートパンツなどのルームウェアがおすすめです。

夏の季節の部屋は寒色系インテリアで清涼感アップを!

部屋の中を寒色系のインテリアにすると清涼感がアップし、見た目から涼しくなるのでこちらもおすすめです。

インテリアを寒色系にするだけで涼しくなるのか?という疑問があるかもしれませんが、意外に寒色系のインテリアの清涼感は侮れません。

実際に、暖色系に比べると寒色系の色は感覚的に3℃前後涼しく感じさせる効果があると言われています。

だからと言って、部屋の中のインテリア全てを寒色系に変える必要はありません。

部屋の中にあるものの中で特に目に付きやすい面積の大きなものを寒色系に変えるだけで清涼感がとてもアップします。

例えば、カーテンやクッション、ベットカバーなどは手軽に交換できますし面積も比較的大きいので、夏の間だけでも寒色系の色に変えると部屋が涼しい感じになりますよ。

また、部屋にい草のラグマットを置くのもおすすめです。

い草は日本に昔からある素材で、高温多湿の日本の気候に合った天然素材です。
い草は吸水性に優れ、汗をかいていてもベトつかずサラっとしていて夏にぴったりの素材ですのでぜひ部屋に置いて夏を涼しく過ごしてみて下さい。

まとめ

ある程度の気温ならば、今紹介した事を実行すればエアコンなしでも部屋の中で過ごす事ができます。
電気代の節約にもなるのでおすすめですが、あまりに暑い日は熱中症の心配もありますので我慢せずにエアコンをつけましょう。
よしずやオーニングを設置していれば直射日光を避ける事ができるのでエアコンの設定温度も普段より高めで済みますよ^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)