台風時の一人暮らし対策は?マンションの窓ガラスはどうする?備えは?

ranydays
夏になると台風が日本に上陸する頻度が高まります。
台風が日本列島に近付くとよくニュースでも台風情報を放送してますよね。
台風による風の影響で木々が倒れたり窓ガラスが割れたり、豪雨により川が氾濫したり浸水したりと私達の生活に様々な被害を及ぼします。
そんな被害が多い台風時に一人暮らしだといろいろと不安が出てきますよね。
一人暮らしで台風時にどんな対策をすればいいのか事前に知っておきましょう。

スポンサードリンク

台風時一人暮らしはどんな対策が必要?

風も雨も強い台風の時はただでさえ不安なのに、1人暮らしだと余計に心配ですよね。

一人暮らしは当たり前ですが、家には一人しかいません。

自分の身は自分で守るしかありませんので自分でしっかりと台風に備えて対策をする必要があります。

台風時は一人暮らしだとより不安になりますので、何かあったらパニックにならないように落ち着いて行動するように心がけましょう。

まずは、台風が上陸する前などの危なくないうちに自宅から最寄りの避難所までの経路を確認しておきましょう。

すでに確認済みの場合でも、確認から時間が経ってしまっている場合には以前と道が変わっていたり避難所が変わっていたりする場合もありますので再確認しておいた方がいいでしょう。

また、道路が浸水した場合には普段から通っている慣れている道路でも何気ない溝や側溝などが見えなくなる場合もあります。

普段から通り慣れている道でも油断せずに道路を再確認しておくといざという時に安全に通る事ができるようになります。

さらに、一人暮らしのマンションにベランダがある場合には、ベランダにあるものを室内に入れましょう。

物干し竿や植木鉢、ジョウロ、バケツ、ゴミ箱など台風による強風で飛ばないように室内に入れる事ができるものは室内に入れた方が安全です。

ある程度の重量があり、室内に入れる事ができないものは床面に飛ばないように固めて置いておくと大丈夫です。

また、可能であれば携帯での安否確認メールに登録しておくといいでしょう。

台風時にマンションの窓ガラス対策は?

台風時には台風による強風でいろんなものが飛んできたりする事がよくあります。

その飛んできたものや強風でマンションの窓ガラスが割れてしまう事もあります。

マンションの窓ガラスが飛んできたもので割れ、ガラスが室内に飛び散るととても危険ですので窓ガラスにも台風対策しておく事をおすすめします。

スポンサードリンク

窓ガラスが割れた時にガラスが飛び散らないようにする対策はいろいろありますが、ガムテープが1番簡単ではあります。

このガムテープはなるべく布製のガムテープの方がいいです。

その用意したガムテープを窓ガラスに直接川の字状に貼る、もしくは×の形に貼りましょう。

なるべく×の形で貼ったほうが、窓の真ん中の強度も強くなるのでおすすめです。

もっと強度を強く安全性を強めたい場合は、窓にベニヤ板やダンボールをあてガムテープで縦横斜めに貼りましょう。

ベニヤ板やダンボールを窓ガラスを一緒に貼ると、窓ガラスが割れた場合でもベニヤ板やダンボールで守られ室内にガラスが飛び散る量が少なくなり被害を最小限にすることができます。

また、窓に貼るタイプのガラス飛散防止フィルムなども売られていますのでそちらを使うのもいいでしょう。

このガラス飛散防止フィルムは台風時の窓ガラス対策用としてだけではなく、普段からの防犯対策用としても使えますので女性の一人暮らしにはおすすめです。

さらに、カーテンもしっかりしておきましょう。

カーテンをすることによって万が一、ガラスが割れてもカーテンでガラスの破片が飛び散るのを多少防ぐ事ができます。

台風時のマンションでの備えは?

台風時はなるべく外に出ない方が安全です。

台風時に外に出る必要ないように事前に非常食など買い置きし、飲料水も確保しておきましょう。

また、豪雨で断水する場合もありますのでトイレ用の水として前日のお風呂の残り湯は流さずにとっておくといいでしょう。

私も断水を経験した事がありますが、たまたまお風呂に残り湯を貯めたままにしておいたのでトイレに使用する事ができて本当に助かりました。

ご飯などは数日食べなくても何とか我慢する事はできますが、トイレは数日間も我慢する事ができませんのでトイレ対策はしっかりしておいた方がいいでしょう。

台風で浸水し避難所などに避難しなければいけなくなる場合もありますので、もしもの時の為に長靴やカッパなども用意しておくといいでしょう。

移動が夜になる場合もありますので、懐中電灯なども用意しておくといいでしょう。

両手が使えるようにしておいた方が何かと安全ですので、可能であれば懐中電灯付きのヘルメットを用意しておくといざという時に役に立ちます。

まとめ

一人暮らしは災害時は何かと不安です。
しかし、一人だからこそ普段からしっかりと台風対策をしておけばいざという時に安心ですし安全です。
普段からしっかり防災対策をしておき、自分の身を守りましょう。

参考記事icon-arrow-circle-o-right帰宅困難時に便利な防災用品と持ち歩きすべき物は?会社備蓄用は?
参考記事icon-arrow-circle-o-right防災グッズリスト 犬の為に必要なものは?災害中の避難方法は?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)