雨で濡れた革靴の乾かし方とは?染みの手入れと臭いの対処法は?

kawakutsu
スーツには革靴が付きものですよね。
営業など仕事で革靴を普段から履いている方も多いと思います。
普段から革靴を履いていると、突然の雨で革靴が濡れてしまった!なんて時がありますよね。
革靴はスニーカーなどと違い、濡れた時に適切な対処をしないとシミになったり臭いが発生したりしてしまいます。
いつ突然の雨に降られるかわかりませんので、革靴を利用している人は特に雨に濡れた場合の革靴の対処法を学んでおきましょう。

スポンサードリンク

雨で濡れた革靴の最適な乾かし方は?

革靴が濡れてしまったら、まずは乾いた雑巾やタオルなどで押さえて革靴の水気をよく吸わせましょう。

その後、新聞紙やキッチンペーパーなどをくしゃっと丸めて靴の中に詰めましょう。

個の時、詰めた新聞紙やキッチンペーパーが水分を吸って濡れたら、乾いたものと交換した方が早く乾きます。

早めに革靴を乾かしたい場合には、靴の中に詰めたものをマメに交換にするようにするといいでしょう。

早く乾かしたいからといって、ドライヤーを使って乾かすような事はしないで下さい。

ドライヤーを使って乾かしてしまうと、革靴の表面にひびが入ってしまい革が傷んでしまいます。

また、直射日光を当てるような日干しによる乾かし方も、革にひびが入ってしまうので避けた方がいいでしょう。

革はたんぱく質で構成されているので、紫外線によってそのたんぱく質が破壊されひび割れとなって革が傷んでしまいます。

乾かす際は必ず風通しのいい場所での陰干しや直射日光の当たらない室内で干して乾かすようにしましょう。

さらには、靴が完全に乾く前にミンクオイルなどで油分を与えると革が硬くならずひび割れも起きる可能性が少なくなりますのでおすすめです。

革靴の雨でできた染みの手入れ法とは?

革靴に水滴や水分がついたままの状態で放置しておくと、革靴に染みができてしまいます。

革靴にシュークリームや油性ワックスなどを塗って撥水性があれば、雨が降ってもその水が靴の表面を滑り落ちますが、少なからず水分の水玉は残ります。

その残った水玉をそのままにしておくと、のちにシミになってしまいます。

スポンサードリンク

それを防ぐには、屋内に入った時などに早めにティッシュなどで水滴をふき取るだけでOKです。

しかし、仕事中などで忙しい場合には革靴の水滴を拭きとる時間もない時もあると思います。

そんな時は、革靴に防水スプレーを塗布しておくのがおすすめです。

それでもシミができてしまう場合もあります。

そんな時は、たくさんの水を含ませた不織布などの柔らかい布で靴全体に水を染み込ませます。

少々荒療治な感じがして怖い場合は、まずは目立たない部分やいらない靴などで試してみていいかもしれません。

その後、先程の革靴の乾かし方でも紹介したような方法で革靴を完全に乾かします。

完全に乾いた革靴に、革靴用のクリームクリーナーで汚れを取り、磨きましょう。

そのクリーナーが乾いたら、靴の艶出しクリームを使い革靴全体に満遍なくキレイに塗り込み、また乾かしましょう。

この方法で、完全とは言わなくても少なくともシミが目立たなくなる程度の効果は期待できます。

しかし、この方法で完璧にシミが取れるという保障があるわけではありませんし、革靴全体を濡らすという大胆な方法ではありますので心配な人はまずは目立たない部分などで試してみる事をおすすめします。

革靴の雨による臭いの対処法とは?

革靴が雨に濡れると生臭いような臭いになる場合がありますよね。

雨による臭いは、革靴の中に新聞紙を入れると新聞紙が水分を吸収すると共に臭いもある程度取れます。

その後、靴が乾いてから靴用の抗菌スプレーや消毒用のアルコールを水で薄めてスプレーして乾かすといいでしょう。

家にある酢を水で薄めたものをタオルなどに浸し、靴の中を拭くという方法もいいでしょう。

また、乾燥した茶殻やコーヒー殻を新聞紙などに包んだり、いらなくなった靴下などに詰めて靴の中に入れ一晩以上置くという方法でも臭いが取れたりします。

さらに気になるようでしたら、靴の中敷きが外れるようでしたらそれを交換するという方法もおすすめです。

まとめ

革には湿気は大敵です。
革は基本的に湿気を吸収すると少し伸び、それが乾燥する時に縮みます。
その時にひびが発生してしまうのです。
革には湿気を与えない事が1番いいのですが、革靴を履いているとそういうわけにもいきません。
雨に濡れてしまった場合にはきちんとした対処さえすれば、乾いた後も普段通りに履く事ができます。
突然の雨に備えて、革靴が濡れた時の対処法を覚えておくと便利だと思いますよ^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)