ベビーカーの日よけは必要?虫除けネットは?赤ちゃんの暑さ対策は?

babycar
赤ちゃんが少し大きくなってくると、ベビーカーでお散歩をしたりおでかけしたりするお母さんも多いのではないでしょうか。
しかし、これから暑くなり紫外線が強くなってくる時期になると、赤ちゃんへの紫外線や虫さされの影響が気になりますよね。
紫外線や虫が気になるからといって家に閉じこもってるわけにもいかないし、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて出かけざるを得ない事も多々あります。
そんなベビーカーでのおでかけで赤ちゃんへの様々な影響を最小限にする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ベビーカーの日よけカバーは必要?

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚より薄く、思っている以上に弱いです。

暑く紫外線の強い時期には、ベビーカーに乗っている赤ちゃんの肌を紫外線から守ってあげる必要があります。

ベビーカーに取り付ける事のできる日よけカバーで、多少の太陽の光をカットすることができます。
しかし、ベビーカーによっては大きい幌が付いているタイプもあるので、そのタイプのベビーカーの場合は日よけを買う必要はないという場合が多いです。

また、日よけを付けて完全に赤ちゃんを覆ってしまう状態だとベビーカーの中が太陽の光によって蒸されて余計暑くなってしまう場合もあります。

赤ちゃんは自分で気持ちや自分の状態をお母さんに伝える事ができないので、注意が必要です。

大きい幌が付いているベビーカーであれば、あまり顔に日差しは当たりません。

しかし、赤ちゃんの足元には日が差してしまうので足元の日よけはした方がいいでしょう。

バスタオルなどをかけてもいいですが、バスタオルはほぼ紫外線を通してしまうので日光とバスタオルの保湿効果で余計に暑くなってしまう事もあります。

さらには日焼けしてしまう場合もありますので気をつけましょう。

赤ちゃんの足元の日よけには女性が紫外線が強い日によく使っているようなUVカット効果のあるショールを足元にかけてあげる方法がおすすめです。

もう1つのおすすめはベビーカーの幌からアーム部分にバスタオルををかけて日差しをカットする方法です。

日よけを買う必要もなく、日差しがカットできるので意外におすすめです。

できれば、ベビーカーで外に出る場合には紫外線が比較的弱い午前中のなるべく早い時間帯や、夕方の涼しくなってからにするといいでしょう。

ベビーカーの虫除けネットは付けた方がいい?

夏になると蚊に刺される心配があります。

赤ちゃんはまだ蚊への免疫がないので、蚊に刺されると熱を出したり大きく腫れたりしてしまうことがよくあります。

これは赤ちゃんにはよくある出来事らしいのでそんなに心配する必要はありませんが、やはり最小限の虫除け対策は必要かと思います。

赤ちゃんの虫除け方法としては、ベビーカーに付ける虫除けカバーがありますのでそれをベビーカーに付けるのも1つの方法になります。

ベランダに吊るしたりするタイプの虫除けを、赤ちゃんの手の届かないようなベビーカーのパイプ部分などにつけるとさらに虫除け効果がありますよ。

赤ちゃんの手首に直接つける虫除けブレスレットなどを利用するのもいいでしょう。

手に虫除けブレスレットを付けると赤ちゃんが舐めてしまうんじゃないかという心配がある場合には、手首ではなく足首に付けるといいですよ。

スポンサードリンク

他にはユーカリの葉のエキスが虫除けにいいと言われているので、ユーカリ葉のエキスを利用した虫除けシールを利用したりするのもおすすめです。

あとは、ヒノキオイルもおすすめですよ。
洗濯のすすぎの時に、ヒノキオイルを数滴垂らすと防虫の他に防臭にもなるのでおすすめです。

また、蚊を直接避けるというのが蚊に刺されない為の1番の対策になりますよね。

蚊を避けるのなら、午前中の早い時間が1番お勧めです。

逆に夕方は蚊がたくさん出て刺されやすいので、涼しくなったからといって安心してると蚊に刺されてしまうので注意しましょう。

赤ちゃんのベビーカーでの暑さ対策は?

ベビーカーの位置はアスファルトに近く、日光やアスファルトの照り返しなどでとても暑くなってしまう状況です。
日中のベビーカーの温度は50℃近くにもなると言われています。

その為、日中にどうしてもベビーカーで出かけなければならない場合は暑さ対策は必須です。

できれば暑い日中ならば、ベビーカーではなく抱っこかおんぶなどがおすすめです。

ベビーカーでの暑さ対策としては、ベビーカーの背もたれとクッションカバーの隙間にタオルで包んだ保冷剤を入れる、濡らすと冷たくなるタオルを利用する、保冷シートを敷く、などという方法があります。

保冷剤は、お菓子を買ったときに付いてくるような保冷材でもいいですが、子供用のアイスノン枕を使うのも便利です。
ジェル状なので柔らかいですし、冷蔵庫で何度も繰り返し付けるのでおすすめです。

濡らすと冷たくなるタオルは2~3時間で冷たくなくなってしまいますが、また水に濡らせば冷たくなりますので水さえあればどこでも何度でも利用可能なので便利です。

また暑いと赤ちゃんも汗をかきます。

その汗をほったらかしにしてしまうと風邪の原因になってしまいます。
そうならない為にも赤ちゃんの背中に汗取り用として、ガーゼなど吸水性のいいものを入れておいてあげるといいでしょう。

赤ちゃんが汗をかいたら水分補給も忘れずにしましょう。

まとめ

本格的な夏になると、暑さ、日焼け、蚊や虫、汗疹だったり、とお母さんが気を遣うことばかりです。
いろいろと気をつける事が多くて大変ではありますが、夏は薄着で動きやすくなるので赤ちゃんがグンと成長するそうです。
お母さんが神経質になりすぎても赤ちゃんにあまりいい影響を与えませんので、あまり神経質にならず前向きに日々を過ごし育児を楽しみましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)