冷房病と冷え性の違いとは?冷え性女性の夏の冷房対策とは?

cool
夏になるとどこのご家庭でもオフィスでもクーラーなどの冷房を付けて部屋を涼しくしていると思います。
最近では熱中症の心配もあるので、無理せずクーラーを付けた方が体の為でもあります。
ですが、女性に多い冷え性の人はその冷房が効いた部屋に長時間いると辛いという人も多いです。
オフィスにいればなかなか自分の都合だけでは冷房の温度は下げれませんので、自分自身で対策するしかありません。
オフィスででもできる簡単な冷え性対策をご紹介します。

スポンサードリンク

冷房病と冷え性の違いとは?

冷房病と冷え性は根本的な原因は違いますし、冷え性と冷房病の直接的な原因はありません。

冷房病は、冷房が強く効いた部屋に長時間いた後、気温の高い外に移動しその高気温に体がさらされる、という事を繰り返した時に起こります。

この低い気温の部屋と高気温の部屋の移動を繰り返した時に、人間の体温調節を司る自律神経に不調が起こる為に様々な不調が体に起こるのです。

人間の自律神経は急激な気温の変化に対処できません。

その為、急激な気温の変化が繰り返されると交感神経と副交感神経のバランスがおかしくなり、自律神経失調症と似たような症状になるのが冷房病と言われています。

冷え性は、体は寒さを感じていないのに、手先や足先などの末端部に冷えを感じる症状の人を指します。
この体の末端部に冷えを感じる症状の原因は血液循環の悪さです。

血液は体温調節の為に熱を運ぶ役目もあり、血液は心臓から心臓に戻ってくるようになっています。

しかし、筋肉が弱かったり毛細血管の働きが悪かったりするなどの原因で体の末端まで血液が流れずに心臓に戻ってしまい末端まで熱が伝わらず冷え性が起こります。

このように冷え性と冷房病の根本的な原因は違います。

ですが、冷房病も低い温度の部屋にいるときに外気温との温度の差があまりないように自分自身に対策をしておくことによって冷房病の発症は防ぐ事ができると言えます。

冷え性も同じです。

オフィスなどの公共の場にいると、どうしても自分の都合だけでは部屋の温度を上げたり下げたりすることができませんよね。
しかし、自分自身に対策をすることはできますし、方法は自分で自由に決められます。

自分に合う対策をして冷房病も冷え性も防ぎましょう。

スポンサードリンク

夏の冷え性女性の冷房対策とは?

冷え性対策としては、日頃から運動をして筋肉を鍛え血流を良くしておく、冷たい食べ物を摂りすぎない、シャワーではなく湯船にちゃんと浸かる、など食生活も含めて生活を見直すなどの対策が有効です。

日頃から運動して筋肉を鍛えておくと、体の熱量が増えるということになりますので体温も上がります。

筋肉を鍛えると言ってもハードなトレーニングをする必要はありません。

冷え性を防ぐ簡単な運動を寝る前にするだけでも十分に効果があります。

例えば、

・仰向けになって両手と両足を上にあげ、手足をぶらぶらと揺らす。

・椅子に座った状態で、足元にタオルを広げおき足の全ての指で足元にあるタオルをつまんだり離したり、たぐりよせたりする行動を繰り返す。

・足の指でじゃんけんのグー・チョキ・パーを繰り返しする。

このような軽い運動をするだけで、足先に溜まっていた血が心臓にきちんと戻り血流が良くなり、体温も上がることになります。

また、しょうが紅茶を飲むのもおすすめです。
紅茶にもしょうがにも体を温める効果があり、これらを1度に摂れるしょうが紅茶は一石二鳥です。

しょうが紅茶を飲むと足先などの体の末端部だけでなく体全体がポカポカして温かくなってきます。

さらにしょうがには強い殺菌力もあるので風邪の予防にもなります。

今紹介したものは、血流をよくするなどの体の内側からの冷え性対策になります。

この他に、体の外からできる冷え性対策もあります。

人間は下半身が冷えると身体全体が冷えを感じます。

さらに上半身は内臓が動いているので熱エネルギーを生み出す要素があり重ね着などでも体温上昇は可能ですが、下半身には太ももやふくらはぎなどの筋力しかなくその筋力を動かすことでしか熱エネルギーを生み出す事ができないのでなかなか温かくなりません。

なので、特に仕事などで長時間座りっぱなしの場合は筋力を動かす機会も少ないので、なかなか暖かくはならないので体の外から熱を与える必要があります。

そんな時におすすめなのが机の足元にも置けるようなフットヒーターです。

フットヒーターの力で足先に熱を与える事によって上半身も暖かくなってきます。
体を温める事により、肩凝りや頭痛の解消、精神的にはイライラが少なくなる、などという体にいい現象が起こるようになります。

できるだけ足先を温めるようにすることをおすすめします。

まとめ

冷え性の女性にとって冷房の効いている部屋は冷え性の症状を促進させてしまうので居心地が悪いかもしれません。
しかし、あまり暑い部屋ですと今度は熱中症になってしまう可能性もあります。
冷房を使用しなければ熱中症の恐れがある、冷房を使用したらしたで冷え性の症状が促進され体調を崩す恐れがある、というジレンマが発生してしまいます。
冷房は昨今の真夏の暑い日にとっては必要不可欠なものでもあるので、クーラーを賢く利用して冷え性対策と熱中症対策をしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)