二日酔い予防で飲む前と飲んだあとにするといいことは?

zutsuu
宴会などでアルコールを飲む機会の多い年末年始は、二日酔いに悩まされる人も多いですよね。

二日酔いの予防としては、飲みすぎないことが最善な方法ですが、やはり楽しい宴会だと思わず飲みすぎてしまう事も多いかと思います。

そこで、辛い二日酔いにならない為にも二日酔いになる前に事前に対策をしておくとのちのちの二日酔いの症状が和らいだり、二日酔いにならなかったりするのでとても安心です。

年末年始は宴会続きの人も多いかと思いますので、しっかりと事前に対策をして辛い二日酔いの症状を回避しましょう。

スポンサードリンク

二日酔い予防で飲む前にするといい事は?

二日酔いにならない為の予防方法は、お酒を飲む前に「お酒を飲みすぎる事を想定して対策を取る」という事が1番の二日酔い予防策になります。

二日酔いはなってからの対策ではその方法も限られますし、二日酔いの辛い症状の中で動くのも大変です。

二日酔いは事前にしっかりとした対策をとっておけば、二日酔いになりづらいのでお酒を飲む前から対策を実行しておくことをおすすめします。

二日酔いを防ぐために、お酒を飲む前にやっておくといいことは、

icon-check-square-oアルコールの吸収が早くなりやすくなるので空腹状態でお酒を飲まない。

icon-check-square-o飲む前にアルコールの吸収が抑えられるようにするために胃に油分の膜を作れるようなものを食べておく。

icon-check-square-o「ウコンの力」や「ヘパリーゼ」などの二日酔い予防ドリンク剤を飲んでおく。

icon-check-square-o飲む事がわかっている日の前日は睡眠をしっかりとり体調を整えておく。

icon-check-square-oお酒を飲む機会が多くなる期間はサプリメントなども利用して肝臓の働きをよくしておく。

このようなことをしておくといいでしょう。

空きっ腹にアルコールを飲むと酔いやすいというのは有名ですよね。

空きっ腹にならないようする為に食べるといいものは、特に胃に油分の膜を作れる食べ物です。

胃に油分の膜を作れる食べ物としておすすめなのが、チーズやヨーグルト、バターなどの乳製品がいいでしょう。

この中でも特にチーズがおすすめです。

たんぱく質はアルコールを分解する肝臓の働きを助けると言われています。

たんぱく質の中でもチーズのたんぱく質は特別で体内に入ったチーズのたんぱく質は全て吸収され肝臓の働きを助けてくれます。

チーズは単品ではなくてもチーズを使ったグラタンやピザなどでもOKです。

また、宴会などでお酒を飲む機会が増える時だけでも事前にサプリメントなどを飲んでおくのも効果的です。

二日酔いを防ぐサプリメントしてシジミのサプリメントはとても有名ですよね。

シジミに含まれるタウリンが肝臓の働きを助けてくれると言われています。

icon-caret-square-o-right飲み会の翌日、後悔したくない…他のしじみサプリじゃ物足りない

また、最近では二日酔いのサプリメントして水素を利用したサプリメントも新たに人気になっています。

目覚めがスッキリとして不快感を解消してくれると評判のサプリメントです。

icon-caret-square-o-rightウコン・しじみを超えた翌朝スッキリ水素サプリ!

お酒を飲む前に二日酔いの対策をしておくと大分、二日酔いになる確率が低くなります。

もちろん、二日酔いには個人差がありますのでこのような予防策だけに頼るのではなく、自分の体調やお酒の適量をきちんと把握しておくことも大事です。

二日酔い予防で飲んだあとにするといい事は?

二日酔いの予防はお酒を飲む前でなくても、お酒を飲んだ後になっても対策はできます。

スポンサードリンク

もちろん、お酒を飲む前と飲んだ後の両方を対策をすることでさらに二日酔いになりづらくなりますので両方の対策を実行する事をおすすめします。

お酒を飲む後の対策は、お酒を飲んで寝る前までに対策をするようにして下さいね。

寝てから、二日酔いになってから、では遅すぎますし対策の方法が違います。

二日酔いになってしまった場合の対策はこちら。
参考記事icon-arrow-circle-o-right二日酔いの頭痛や吐き気解消に効く食べ物や飲み物は?いつまで続く?

まず、お酒を飲んで寝る前までにアミノ酸を飲みましょう。

アミノ酸の効果で肝機能が高まりアルコールが朝までに分解されやすくなり二日酔いになりにくくなります。

私の友人はこの方法をよく実行していますが、二日酔いになりにくくなったと実感していると言っていました。

アミノ酸は薬局などにもいろんな種類で売っていますが、あまり安いものだと成分が薄いようで効果もそれなりなようなです。

できれば1500円程度以上のものを買うようにするといいでしょう。

アミノ酸の他には、100%のグレープフルーツジュースやオレンジジュースなどもおすすめです。

また、コンビニなどにも売っている液体の胃腸薬を飲むのもおすすめです。

しかも、1本ではなく2本飲むと効果的だと言われています。

1本はお酒を飲む前、もう1本はお酒を飲んだ後に飲みます。

薬剤師さんから教えてもらった方法ですが、結構効果がありましたよ^^

他には、二日酔いになった後の対策と少し似ていますが寝る前に水やスポーツドリンクを、飲んだアルコールの量と同量程度飲むのもいいです。

飲んだアルコールを体内から早く排出する事で二日酔いになりにくくなります。

トレイに行く事が多くなって少々大変かもしれませんが、二日酔いになって辛い症状に苦しむよりはいいと思いますよ(^_^;)

まとめ

二日酔いの辛い症状は経験した事がある人であれば誰でも嫌がる症状であり、できればそんな経験はしたくないはずですよね。

二日酔いを防ぐにはやはり自分の適量を知り、それ以上は無理して飲まない事。が最大の予防です。

そして、飲む場合は事前にしっかりと対策を取る事も大事です。

人それぞれお酒の適量は違いますし、アルコールの分解も人それぞれ違いますので、人それぞれ対策も違います。

自分に合う二日酔い対策を見つけて楽しい宴会を過ごして下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)