赤ちゃんのあせもと乳児湿疹の違いは?治し方は?何日で治る?

プリント
気温が高い夏になると新陳代謝のいい赤ちゃんはよく汗をかきます。
その上、赤ちゃんは全体的にぷにぷにしていて肌と肌が密着している部分が多いのでその部分に汗が溜まりやすくあせもになりやすくなります。
ただのあせもだし…と思う人もいるかもしれませんが酷くなると広範囲で膿になる「とびひ」となる場合もあります。
赤ちゃんの肌は敏感で繊細ですので、お母さんがきちんと気にかけて赤ちゃんのあせものケアをしてあげましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんのあせもと乳児湿疹の違いとは?

赤ちゃんの肌は敏感で繊細なため、少しの刺激で湿疹やあせもなど肌に症状が表れる場合があります。

汗をよくかく赤ちゃんの肌に表れる症状としてあせもがありますが、それに似た乳児湿疹というのもあります。

初めて見るお母さんはあせもなのか、乳児湿疹なのか判断に困る事もありますよね。

あせもと乳児湿疹は、医者などの専門家にとっては違いますが素人の私たちからするとほとんど同じようなものです。

乳児湿疹は大人で言うところのニキビに近い症状で主に顔にできることが多いです。

あせもは汗をかきやすいお尻や首、頭などにできやすくその部分に痒みを伴った細かく赤いブツブツができる事が多いです。

乳児湿疹にしろ、あせもにしろ肌を清潔に保つ事が大事になります。

乳児湿疹もあせもも、毎日お風呂に入って汚れや汗を落とすなどの対処が必要です。

乳児湿疹もあせもも、症状も対処法も同じような感じですが唯一違うのが治るまでにかかる時間です。

あせもは処置をきちんとしていればすぐによくなりますが、乳児湿疹は治る時期がくるまでなかなか治りません。

なかなか治らないからと言って焦る必要はありませんが、心配な場合は病院でお医者様に診てもらいましょう。

また、あせもでも乳児湿疹でも肌が真っ赤になって赤ちゃんが痛そうにしていたら迷わず病院に行きましょう。

お医者様に診てもらうだけでも安心ですからね^^

赤ちゃんのあせもの治し方とは?

あせもは汗が原因で出ます。

赤ちゃんにとってはちくちくした痒みや痛みが伴うため不快に感じる事が多いでしょう。

あまり痒かったり痛かったりすると赤ちゃんは加減がわからないので手加減なく掻いてしまうので傷になったりします。

そこから酷くなると傷から細菌が入りとびひという広範囲にわたる膿の症状が出てしまうのでなるべく早めにあせもを治すようにすることが大事です。

スポンサードリンク

まずあせもになったら、肌を清潔に保つようにしましょう。

赤ちゃんの肌が重なっているところも見逃さずに洗いましょう。

洗う時はあまり強くゴシゴシと洗わず優しく撫でるように洗い、流す時も優しくそっとこするように流しましょう。

ただし、優しく洗うのも必要ですが洗いすぎもあまりよくありませんので注意して洗いましょう。

日中もできれば、ガーゼなど通気性のいい肌に優しい素材のものを濡らし顔や体を拭いてあげるといいでしょう。

お風呂上がりはタオルやガーゼでしっかり水分を拭き取ってあげましょう。

この時も肌が重なっているところは伸ばして拭いて下さい。

水分を拭き取った後は、桃の葉ローションを塗ってあげるのもいいですよ。
あせもだけじゃなく、肌荒れなどにもおすすめです。

肌の弱い赤ちゃんなら肌を保護してくれるワセリンがいいでしょう。

 ベビーワセリン 60g

 ベビーワセリン 60g
価格:409円(税込、送料別)

その後は、通気性のいい服を着せてあげ、場合によっては無添加のパウダーなどをつけてあげてさらさらの肌の状態にしてあげましょう。

ただし、肌が重なっているところにパウダーをつけると蒸れてあせもの原因になる場合もありますので注意して見ててあげて下さい。

赤ちゃんのあせもって何日で治る?

赤ちゃんにあせもが出来たら、体を拭いてあげたりお風呂に入れてあげたりして、その後もしっかり乾かすなどのきちんとした対応をすれば2,3日である程度の症状は治まってきます。

人それぞれ差はありますが、きちんとしたケアさえしていれば一般的には2週間程度で治ると言われています。

しかし、きちんとしたケアを怠るとあせもは再発しやすく、治ったり再発したりを繰り返したりしますので気をつけましょう。

再発を繰り返して、完治した頃には汗をかきにくい冬になっていた、というようなこともよく聞きます。

冬で汗をかきにくいから…と言って服を厚着させすぎるたり暖房を強くしたりしても汗をかいてしまい、冬でもあせもの心配がつきまとってしまうというケースもありますので冬は冬で注意しましょう。

きちんとケアしていても2週間以上あせもの症状がよくならない場合は、病院に連れて行きお医者様に診断してもらいましょう。

まとめ

たかがあもせ、されどあせも。
あせもだからといって油断していると、さらに症状が悪化して余計に赤ちゃんが苦しむことになります。
可愛い赤ちゃんの為にもきちんとしたケアをして早めに治してあげましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)