夏でもかかとがガサガサは水虫かも?乾燥との見分け方と治し方は?

kakato
夏になると涼しげなサンダルなど足先やかかとが見えるものを履く女性も多いですよね。
そのようなものを履くと意外に目立つのが、かかと。
かかとの角質が厚くなり白くガサガサになっていませんか?
かかとの白いガサガサは冬によくなるイメージですが、意外にも冬にも夏にもなる人がいます。
そんな夏でもかかとがガサガサな場合、それは水虫の可能性があるって知ってましたか?

スポンサードリンク

夏でもかかとがガサガサは水虫の可能性が高い?

かかとの角質が厚くなった白いガサガサは夏より冬になるイメージが多いのではないでしょうか。

しかし、かかとの白いガサガサは冬だけでなく夏にも起こりえます。

むしろ、夏でもかかとの角質が厚く白くガサガサしている状態の場合は、水虫の可能性が高いと言われています。

かかとが水虫になってしまうイメージもないですし、水虫は男性がなるイメージの人も多いでしょう。

しかし、今や水虫患者の半分は女性だとも言われています。

このかかとの水虫はかゆみがないのも特徴です。

その為、かかと水虫は見逃しやすいと言われています。

全然痒くないから大丈夫!と油断せずかかと水虫かも?と思ったら病院に行って診てもらいましょう。

では、かかと水虫とただの乾燥によるかかとのガサガサとはどのように判断したらいいのでしょう。

かかとがガサガサの水虫の見分け方は?

かかと水虫と、ただのかかとの乾燥との決定的な違いは水虫の原因菌である白癬菌がいるかどうかです。

この白癬菌がいれば、かかとのガサガサはかかと水虫だということになります。

しかし、この白癬菌がいるかどうかの判断は素人ではできません。

皮膚科を受診し、皮膚科医に診てもらうことで白癬菌の有無がわかります。

前項でも述べたようにかかと水虫はかゆみがなく見逃しやすいと言われています。

やはり女性が水虫で医療機関を受診するのは恥ずかしいという思いがあるかもしれませんが、今では女性の3人に1人は水虫に感染している可能性があるという情報もあります。

スポンサードリンク

もし、かかと水虫ではなくただのかかとの乾燥だったとしてもそれはそれで皮膚科で適切な治療をしてもらえ早期に治す事が可能になりますのでまずは皮膚科を受診しましょう。

しかし、どうしても医療機関を受診する勇気がなかったり、かかと水虫かどうかまずは自分で判断したいという場合の判断方法があります。

icon-check靴ズレでもないのに皮がむけている。
icon-check夏でもかかとの角質が厚く白くガサガサしている。
icon-checkきちんとかかとのケアをしていても全然状態が良くならない。

このような状態の場合は、かかと水虫を疑ってみた方がいいでしょう。

かかと水虫は、市販されているような保湿クリームなどでは改善されません。

毎日かかとに保湿クリームを塗ったりするなどきちんとケアしているのに症状が改善されない、というのが1つの判断基準になると言ってもいいでしょう。

このような症状があるという場合には、恥ずかしがらずに皮膚科を受診しましょう。

かかと水虫の治し方は?

かかと水虫の原因である白癬菌はたんぱく質が大好きです。

角質はたんぱく質でできています。

その白癬菌の大好物であるたんぱく質を少なくする事ができれば、白癬菌が住む事ができなくなり自然と水虫にもなりにくくなります。

フットケア商品がたくさん発売されていますので、そのようなものできちんとかかとの角質ケアをしましょう。

ただし、角質を取りすぎるとさらに角質が増えてしまう可能性もありますので、注意して角質ケアを行いましょう。

また、日頃から足を清潔にしておきましょう。

汗をかいたり、蒸れたりしたら足を洗ったり拭いたりするのも大切です。

お風呂に入ったら足の裏やかかとだけでなく、足の指周りや爪周りなどの細かいところにも注意して洗うようにしましょう。

さらに、毎日同じ靴を履かないということも大事です。

何足かを使いまわしてきちんと靴を乾燥させるといいでしょう。

それができない場合には、靴乾燥機などで毎日靴の中をきちんと乾燥させてから履くようにしましょう。

まとめ

女性が水虫を告白するのは、その相手が医者だったとしてもまだまだ恥ずかしいと思う人も多いでしょう。
しかし、かかとが白くガサガサの状態でサンダルを履いたり、かかとが見えたりする方が恥ずかしいと思いませんか?
女性の3人に1人は水虫に感染しているという情報もあるので、周りの女性の中に実はかかと水虫だという人も意外に多いかもしれません。
恥ずかしがらずに皮膚科を受診し、キレイなかかとを早くゲットしてしまいましょう!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)