犬の暑さ対策で散歩は夏場のどの時間がいい?サマーカットは効果ある?

dogsanpo
犬を飼っている人は日々、散歩に連れて行ってる人が多いと思います。
それに、ほとんどのわんちゃんは散歩が大好きです。
でも、日本の夏場は気温も湿度も高く、直射日光によってアスファルトの温度もとてつもない高さになります。
体高が低く立った状態でもアスファルトにとても近いわんちゃんはそのアスファルトの高温の影響を直に受けてしまい熱中症になる危険もあります。
大切な愛犬の命を守るためにも、愛犬の大好きな散歩をしてあげるためにも夏場の散歩の暑さ対策について学んでおきましょう。

スポンサードリンク

犬の暑さ対策で散歩時におこなうべきことは?

犬のように毛のある動物は毛と皮下脂肪、血管を皮膚から遠ざける事で暑さや寒さに耐えられるようになっています。

その為、犬は舌と足の裏にある肉球と耳介だけで体温調整をします。

人間は体中で汗をかく事ができ、それによって体温調整をしますが犬は舌と肉球周辺でしか体温調節をすることができません。

日中に散歩する犬は、その汗をかいて体温調節する肉球周辺で直射日光によって超高温になっているアスファルトを歩かなければならずあまりおすすめできません。

アスファルトなどの舗装道路の温度が高く、気温も湿度も高い日中の時間帯の散歩は避けるべきです。

それが、1番の散歩の暑さ対策ということになります。

散歩に行くのであれば、早朝や太陽の沈んだ後の夜に行くようにしましょう。

どうしても気温湿度の高い日中に散歩しなければならない場合には、アスファルトの道路は避け芝生や土の上を選び、さらにできるだけ日陰を選んで散歩するようにして下さい。

いつもの散歩コースにそのような場所がないのであれば、車で公園など芝生や土のある場所まで連れて行って散歩させてあげてください。

その上、日中の暑い時間帯に散歩するのであれば、しっかりとした熱中症対策、特にこまめな水分補給は忘れないようにして下さい。

あまり水を飲んでくれないというようなわんちゃんにはペットスエットのような味付きの飲み物を持ち歩き飲ませると飲んでくれたりします。

または氷を持っていきそれを舐めさせたり、ペットスエットのゼリーがあるのでそれを食べさせたりあるいは、ペットスエットのゼリーを凍らせたものを食べさせるというのもおすすめです。

散歩中に霧吹きなどで直接愛犬に水を吹きかけてあげるというのも意外におすすめです。

100円ショップなどで霧吹きは売っていますので、そのようなものを使って水を吹きかけてあげわんちゃんが涼しく感じられるようにしてあげましょう。

また、散歩から帰ってから水浴びなどをさせて体を冷やしてあげるのも効果的です。

足の付け根を冷やすと効果的ですので、そこを重点的に冷やしてあげると早く犬の体温が下がり暑さ対策になります。

もし、愛犬が嫌がらないのであれば犬用の暑さ除けの靴などもありますのでそれを使ってみるのもいいかもしれません。

夏場の犬の散歩で最適な時間は?

暑い夏場に最適な犬の散歩の時間は太陽の出ていない早朝や夜、または夜遅くになります。

太陽が出てしまうと、一気に太陽の光によってアスファルトの温度が上昇しますのでなるべく太陽の出ていない時間がおすすめです。

お住まいの地域によって太陽の出る時間、沈む時間はそれぞれ違うとは思いますが、

時間で言うのであればだいたい朝は5時~6時半くらいまで、夜は早くて7時以降、できれば8時以降がいいでしょう。

スポンサードリンク

夏は夜7時と言ってもまだ明るかったりしますし、例え夜遅くの真っ暗な状態で散歩したとしても犬は黄斑周囲の錐体が人よりはるかに多く発達しているため星の明かりだけでも十分に見えていますので大丈夫です。

また、早朝はまだいいですが夜の散歩は地面を触って暑くない事を確認してから散歩に行くようにしましょう。

もし夜でも地面が暑いのであれば、前項で書いたようなしっかりとした熱中症対策をしつつ普段より短時間、短距離の散歩をするようにした方がいいでしょう。

短時間の散歩であれば、被毛の空気が持つ保冷効果が多少効くはずです。

犬の暑さ対策としてサマーカットは効果ある?

ダブルコートと言われる被毛が上毛と下毛の二重構造になっている毛の犬種は寒冷地出身の犬なので基本的には寒さに強く暑さに弱い傾向にあります。

ダブルコートの犬は服を着せようが、サマーカットにしようが血液温度が変わりません。

皮膚温度と血流温度が依存しないように品種改良されており服を着せても体温は上がりません。

また、犬に服を着せても体温は上昇しないという事は実際に確認されているそうです。

服を着せる事を推奨しているわけではありませんが、サマーカットにすることは個人的にはあまりおすすめできません。

犬の被毛にはきちんとした大切な役目があります。

犬の皮膚は人間に比べ薄く外的刺激に弱いです。

その薄い皮膚を守るために全身を被毛で覆い外的刺激から守っているのです。

夏になると、直射日光や紫外線が犬にとってはとても強い外的刺激になります。

人間にとっても紫外線が体に悪いと言われているのですから、犬にとっても悪いに決まっています。

その強烈な外的刺激である紫外線や直射日光から被毛は弱い皮膚を守ってくれているのです。

その被毛をサマーカットにより皮膚が見えるほど短くしてしまうと皮膚に紫外線や直射日光が直に影響を及ぼすことになってしまいます。

被毛が断熱の役割をし、直射日光や紫外線から受ける高温を断ってくれているのです。

暑さ対策と言ってサマーカットをしてしまうと、この断熱効果のある被毛が少なくなり暑さ対策とは逆効果になってしまいます。

サマーカットによって余計に愛犬を暑さに弱くさせる行為をしてしまっている事になるのです。

サマーカットをするくらいであれば、頻繁にブラッシングをして余分な抜け毛を取り除いてあげる方が個人的にはおすすめできます。

犬はちゃんとした手入れをしてあげれば自分自身で体温調節ができるようになっています。

夏は暑そうだからカットしてあげよう、というのは人間側からだけの感覚です。

サマーカットをし、皮膚に直射日光や紫外線が当たって悪影響を及ぼすよりは、定期的にシャンプーやブラッシングをしてあげて無駄な被毛を取り除いてあげたほうがよっぽど愛犬の為になります。

これでもか!というくらい無駄な被毛を取り除いてあげてください。

最近ではファーミネーターというという犬の抜け毛の最大90%以上を取り除いてくれるブラシも発売されています。

このブラシを個人的に使っていますが、もうびっくりするくらいの量の毛が取れます。

このようなブラシでしっかりと無駄毛を取り除いてあげて、愛犬の暑さ対策をしてあげてください。

まとめ

うちの愛犬も散歩が大好きで太陽がギンギンと照っている時間の日中でも散歩に行きたくてウズウズしています。
でも、そんな状態で散歩に行ってしまえば愛犬が熱中症になってしまうのは目に見えています。
大切な家族である愛犬だからこそ暑い日中の散歩は我慢してもらい、涼しい時間の早朝や夜に散歩に行くようにしています。
大切な家族であるからこそ、しっかりとした熱中症対策をして暑い夏の日でも愛犬には楽しい毎日を過ごすことができるように対策をしてあげてくださいね。

参考記事icon-arrow-circle-o-right犬の夏バテ対策で最適な食事は?熱中症との違いは?嘔吐した場合は?
参考記事icon-arrow-circle-o-right犬の外飼いで熱中症対策に効果的な飲み物とグッズとは?
参考記事icon-arrow-circle-o-right犬の熱中症対策で最適な室内温度と留守番中に停電した時の対策は?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)