犬の外飼いで熱中症対策に効果的な飲み物とグッズとは?

dogsoto

犬の飼育頭数は1000万匹を超えており、
犬を大切な家族として暮らしている人も多いと思います。
そんなご家庭でこれから暑くなってくる時期に気をつけなければならないのが愛犬の熱中症です。
犬は汗をかきにくく、人間よりも平熱が高いため、熱中症には十分注意が必要です。
特に外飼いをしているご家庭は十分に熱中症対策をし、大切な家族を守りましょう。

スポンサードリンク

犬の外飼いで熱中症対策の為におこなうといい事とは?

家庭の事情などにより犬を外で飼っているご家庭も多いと思います。

日中も犬を外で飼っているという事は、
直射日光に当たる事が多くなり犬が熱中症を発症するリスクが高まります。

犬は本来、暑さに弱い生き物です。
全身が毛で覆われている為、暑い日に毛皮を着ているようなものです。

足の裏を除いて犬には汗腺が無く全身から汗をかくことができない為、全身で汗をかける人間に比べると体温調節があまりうまくできません。

犬の熱中症に気付かず、命を落としてしまうこともあるのです。

その為、熱中症発症のリスクを低くする為にはまず実行してほしい事があります。

・直射日光の当たる場所は絶対に避ける。
・風通しがよく小屋やその周辺も常に日陰になる工夫をする。
・コンクリートよりも土のある場所に。
・水をまいてあげる。
・常に新鮮な水を置いてあげましょう。

犬が普段過ごしている小屋などはすだれやよしずなどを使って日陰になるように工夫して下さい。

コンクリートは熱くなりやすいので、できる限り土のある場所に小屋やわんちゃんの居場所を作ってあげて下さい。
土の中は外に比べるとひんやりしているので、犬は自分で地面を掘ってそこに体を入れることで体温を下げることもできます。

犬が暑くなってきた時に体を冷やす事ができるように、セメントを流しいれるような大きめの箱に水を張ってプールを作るのもいい方法です。

日中、家を留守にし犬だけになってしまう場合などにはプールの水が温くなってしまう事を防ぐ為にプールに氷を入れておき水を冷たく保つといった方法も有効的です。

この時、氷の入れすぎには注意して下さいね。

犬の熱中症対策に適した飲み物とは?

熱中症対策には人間同様、犬も水分補給はとても大切になります。

犬がいつもで水が飲めるようたっぷりの新鮮なお水を常に用意しておいてください。

日中、家を留守にする場合には、出かけるときに大き目の入れ物に大きめな氷と少量の水をいれておくといいでしょう。

犬が水を飲む頃には外の暑さで氷がとけ、ちょうどいい冷たさの水ができているはずです。

大き目の氷は、2Lのペットボトルや牛乳パックに水を入れて凍らせると簡単に作る事ができます。

水の他にも電解質補給の「ペットスエット」という犬用スポーツドリンクもあります。
暑くてハァハァがおさまらない時など、嗜好性が高くたくさん飲んでくれ水分と電解質の補給が一度にでき、吸収も早く落ち着きも早くなるのでおすすめです。
このペットスエットを凍らせてシャーベット状にして楽しむ事もできます。

スポンサードリンク

もともとあまり水を飲まないタイプのわんちゃんもいると思います。

その場合、チキンスープを試してみて下さい。

チキンスープには抗炎症作用があり、アミノ酸もたっぷり溶け込んでいるので体への吸収が早く栄養補給として利用できます。

このチキンスープは簡単に作る事ができます。

水分補給を目的とする場合は、鳥の胸肉やササミといった高タンパクで低脂肪の部分を使います。

まず熱湯で鶏肉を湯がき、湯がいた鶏肉に水がかぶる程度の水を入れ中火で30分ほど煮れば出来上がりです。

氷をかじるのが好きなわんちゃんには、このチキンスープを氷にして犬にかじらせてもいいですし、氷が苦手なわんちゃんには、チキンスープを濃い目に作ってから凍らせ、与える時にお湯で溶かしてちょうどいい温度にしてからあげるのもいいでしょう。

しかし、冷たいものの食べすぎは消化が悪くなってしまう恐れがあるので、冷たいもののあげすぎには十分注意してからあげてくださいね。

犬の熱中症対策に効果があるグッズは?

最近では便利な犬用の熱中症対策グッズもたくさん出ています。

こういったグッズを利用して、大切な愛犬の熱中症を予防しましょう!

大理石マットは触るだけでヒンヤリします。

愛犬は暑くなったら大理石マットに座り、それが自分の体温で暑くなったらまた違う冷たいところに座ったりと犬自身もいろいろと工夫をしています。

うちの愛犬は室内飼いですが、このような冷感マットも数枚買いいろんなところに置いています。

そうすると犬は自分自身で冷たいところを探して移動して、冷感マットが暑くなったらまた違う冷感マットと移動して自分自身を冷やしています。

できれば数枚買ってあげていろんな場所に置いておくのがいいかもしれません。

この服自体を水で濡らして絞り、その後服を叩くなど衝撃を与えることで蒸発冷却をしてくれる特殊な冷感素材でできています。

水分を含んでいる限り、ヒンヤリ感が薄れたら再度衝撃を与えればまたヒンヤリ感が戻ります。

自宅で洗濯する事も可能ですのでとても楽ですし、愛犬自身も涼しくいる事ができますのでおすすめです。

特にフレンチブルドックやパグなどの短頭種、短毛の犬種、黒色の毛のわんちゃんにおすすめです^^

他にも探せば熱中症対策になるグッズがたくさん出ています。

愛犬の為にいろいろと探して暑さ対策をしてあげてくださいね。

まとめ

大切な愛犬はどんなに暑くて辛くても飼い主にしゃべりかけることができません。
犬は暑くて辛い時には必ず飼い主にサインを送っているはずです。
どんな小さなサインでも飼い主は見逃してはいけません。
大切な家族を守れるのは飼い主であるあなただけなのです。
どうか大切な家族である愛犬を守ってあげてくださいね!

参考記事icon-arrow-circle-o-right犬の熱中症対策で最適な室内温度と留守番中に停電した時の対策は?
参考記事icon-arrow-circle-o-right犬の暑さ対策で散歩は夏場のどの時間がいい?サマーカットは効果ある?
参考記事icon-arrow-circle-o-right犬の夏バテ対策で最適な食事は?熱中症との違いは?嘔吐した場合は?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)