こたつにいる猫の掃除対策で毛と臭いの対策は?

kotatsuneko
寒くなる冬の暖房器具と言えばこたつ。
足元が温かくなるだけで体全体まで温かくなり、こたつがあるだけでほっこりした気分になりますよね。
人間もこたつが大好きならやはり動物もこたつが好きなのは当然と言えば当然です(^_^;)
こたつと言えば、猫!と言えるほど猫もこたつが大好き。
でも、そこで困るのがこたつ布団に猫の毛が入り込んでしまったり、臭いが発生してしまうことです。
だからといって幸せそうにこたつにいる猫ちゃんをこたつから出すなんてことできないですよね。
そこで、猫がいる場合のこたつ掃除対策をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

こたつに猫がいる場合の掃除対策は?

猫によってもこたつの中に入る猫もいれば、こたつ掛け布団の上にいるだけも猫も様々います。

できれば、こたつの掛け布団も敷き布団、カバーなどはフリース素材のものは使わないようにしましょう。

フリース素材のような毛足の長いカバーやこたつ布団だと、猫の毛がカバーや布団の長い毛足に絡みあったり入り込んでしまったりしてしまいます。

そうなると、なかなか毛が取りづらくなりますし掃除にしにくくなります。

そうなってしまわないように、こたつ布団やカバーは毛足の短い素材もしくはツルツルした素材でできたものを使うようにしましょう。

なかなかありませんが、サテン生地などがいいでしょう。

猫の毛が目立たない色のこたつ布団やカバーを選ぶというのもいいでしょう。

もうすでにこたつ布団があったり、買い替えられないなどという場合にはすでにあるこたつ布団の上から透明のクロスを掛けるのもいいでしょう。

そうすれば、すでにあるこたつ布団を捨てる必要もありませんし、透明クロスは表面がツルツルしていますので猫の毛が絡まる事もありません。

また、掃除する際に使う掃除機は吸引力の強いものを使うと掃除が終わったあとの猫の毛の残り具合が全然違います。

我が家は猫ではなく、犬を飼ってますが抜け毛の多い犬種なので抜け毛にはよく悩まされてました。

絨毯の毛足に犬の毛が絡みつくので、吸引力の弱い普通の掃除機ではなかなか取れないんです。

ですが、ダイソン|掃除機に変えると驚くほどキレイに絨毯などから毛が取れるようになりました。

掃除機が終わった後の、掃除機の中にあるゴミがたった1回掃除機をかけただけでもびっくりするほどの量が取れていて感動した事があります。

犬だけでなく猫を飼っている方にはとてもおすすめの掃除機ですので、ペットの毛の掃除に悩んでいる方にはぜひダイソン|掃除機を使ってみてください。

ペットの毛の掃除に悩む事がなくなりますよ^^

こたつに付いた猫の毛対策は?

こたつ布団に付いた毛は粘着テープやコロコロで取るのが1番簡単で確実です。

こたつ布団の毛足に絡まって粘着テープやコロコロで取れない毛もあります。

そんな時の為に、ニューパクパクというカーペット掃除用のグッズも使えます。

カーペット用の掃除グッズですが、こたつ布団をピンと張った状態で使えばきちんとこたつ布団の毛もキレイに取れます。

洋服のゴミ取り用として使われるエチケットブラシなども使えます。

スポンサードリンク

粘着テープやコロコロと、エチケットブラシなどの掃除グッズの両方を用意しておけばこたつ布団に付いた猫の毛のだいたいは取れるはずです。

こたつ布団に猫の毛がつく前に対策しておくというのもいい方法です。

猫の毛がこたつ布団に付かないように、事前に猫の毛をブラッシングし事前に抜け毛を取り除いておくのです。

事前に猫の毛を取っておけば、こたつ布団に猫の毛がつく事もあまりありませんし部屋に散乱することもありません。

抜け毛が酷い猫ちゃんの場合には特におすすめの方法です。

猫の毛のブラッシングにはファーミネーターを使うと本当にびっくりするくらいキレイに毛が取れます。

また、猫の毛の生え代わり時期である換毛期の10~11月頃と3~4月頃は、こたつを我慢するというのも1つの手です。

この毛の生え代わり時期はものすごく毛が抜けるので家中が猫の毛だらけと言っても過言ではなくなるほどになります。

そんな毛がたくさん抜ける時期にこたつを使えば、猫がほとんどの時間を過ごすような場所ですからこたつが毛だらけになります。

そうならないようにいっそのことこたつを使わない、という方法を使うのもいいのではないでしょうか。

住んでいる地域にもよりますが10~11月であればまだそんなに寒くない時期ではありますので、こたつを使わなくてもエアコンや他の暖房器具などで室内の温度を調整する事はできると思います。

たくさん毛が抜ける換毛期を避けるだけでも、だいぶ掃除は楽になるはずです。

猫がこたつにつけた臭い対策は?

猫は基本的に体臭はありません。

なので、基本的にはこたつに猫のくさい匂いがつくことはありません。

こたつが臭うのであれば、猫のヨダレや猫のおしりについた排泄物がこたつ布団にこすれて臭いがついてしまったということが考えられます。

その場合は、1度こたつ布団を洗うしかありません。

まずはこたつ布団を洗って臭いがないか確かめましょう。

また、もし猫ちゃん自身に体臭があるのであれば、猫ちゃんの機嫌のいい日にシャンプーをしてあげてみてください。

しかし、老猫や半年未満の子猫の場合はシャンプーは避けた方がいいでしょう。

こたつ布団の臭い対策としては、臭いがつく度にこたつ布団を洗うのが1番ですがそれは大変ですので、こたつ敷布団の上にカバーやタオルなどを敷いておきそれをこまめに洗うという方法が簡単で臭い対策になります。

そして、何よりこたつをこまめに換気してこたつ布団を乾燥させましょう。

こたつ布団に湿気があると菌やダニが増殖してしまい、こたつ布団がどうしても臭くなってしまいます。

こたつを使用していない時は、こたつ布団の端をこたつのテーブルに挟んだりしてこたつ内に空気が通るようにしておくようにするといいでしょう。

もちろん、こまめに掃除するのも大切です。

時間がある時には、天日干しをするのもおすすめです。

重曹を和紙に包んでこたつの中の片隅に置いておいたり、天板の裏などに貼り付けておくと脱臭効果が期待できますのでそのようなものを利用して匂いをとるのもいいでしょう。

まとめ

1つのこたつで猫ちゃんと人間が仲良く温まる事ができるってとても幸せな気分になりますよね。
そんな猫ちゃんも人間も幸せになるこたつを毎日キレイに幸せに使えるように猫の毛対策をして毎日を幸せに過ごして下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)