スキー場での子供の服装と靴は?親の服装はどうする?

snow

雪が降ってくると楽しみなのが雪遊びやスキーやスノーボードです。
子供は雪遊びが大好きな子が多いですから、家族でスキー場などに出かける事も多いのではないでしょうか。
しかし、スキー場に行った事がなく雪に慣れていないとどういう服装をしたらいいのか、させたらいいのかわからない人も多いと思います。
そんな雪の多い場所やスキー場での、服装や靴などについてご紹介します。

スポンサードリンク

スキー場での子供の服装は?

やはり雪遊びをする子供にはスキーウェアは必須です。

スキーウェアの中でもカバーオール型という上下のウェアがつながっているものがおすすめです。

つなぎ、と言ってる方も多いと思います。

子供は雪遊びの他に、雪の上でゴロゴロ寝転がったりもしますし、大人が予想もしない行動をすることがあります。

上下で分かれているウェアを着ていると、雪の上で寝転がったりすると上下の分かれている部分の隙間から雪が入ってきてしまいます。

そうなるとお腹を冷やしてお腹を壊してしまう可能性もありますし、風邪をひいてしまう可能性もあります。

そんな時でも、カバーオール型のスキーウェアであればウェアの中に雪が入ったりすることもないので安心して雪遊びをさせることができます。

ただし、カバーオール型は脱ぎずらいのでトイレなどでは少々不便という点もあります。

特にトイレに一人で行けない小さいお子さんがいる場合は、脱がせるのに時間がかかるし、子供は我慢できないしで大変なことになる場合もあります。

なので、小さいお子さんにカバーオール型のスキーウェアを着せる場合には事前にオムツをはかせておくことをおすすめします。

オムツを卒業して、普段はパンツを履かせているような1~3歳ぐらいの子供の場合でも念のためオムツを履かせておくと安心です。

特に、オムツを卒業して間もない場合にはオムツを履かせておくようにするといいでしょう。

スキーウェアの中には、速乾性の高い肌着やヒートテックなどの温かい肌着の上にフリース、下はスパッツなどの服を着せて防寒対策をして下さい。

寒い外で遊ぶから汗をかかないと思われがちですが、意外にたくさんの汗をかきます。

その汗が乾いてしまうと体が冷たくなり、風邪の原因になってしまう可能性もあります。

そのようにならないように、速乾性のある肌着を着せてあげるようにしましょう。

また、頭にはニット帽があった方がいいでしょう。

防寒という理由もありますが、安全面から考えても帽子は必須です。

踏み固められた雪や凍っている部分はかなり固いので転倒した時に頭や首を守るためにも帽子はかぶっておきましょう。

もちろん、手袋も必要です。

子供はどうしても手袋が邪魔になりすぐに脱ぎたがりますが素手で雪を触るとやはり冷たいので、すぐに手が冷たくなります。

そうなると、しもやけになってしまう可能性もありますので手袋は着用しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

スキー場での子供の靴は?

雪遊びをするのであれば、子供用のスノーブーツがあればとても便利でしょう。

しかし、スノーブーツは冬にしか使いませんので子供が小さいうちは普段使うようなゴム長靴でも代用は可能です。

ゴム長靴を使用するのであれば、中に履く靴下は厚手のものにして防寒対策をしましょう。

長靴の内側がボア素材になっているものもおすすめです。

もしくは、靴の中に雪が入らないように長靴の足を入れる部分がゴムで絞れるようになっているものや、カバーがついているようなものがいいでしょう。

このような長靴でない場合には、どうしても靴の中に雪が入りやすく靴下が濡れてしまいます。

そうなると足がとても冷たくなり、子供も気持ち悪く嫌な気分になってしまいますし風を引きやすくなってしまいます。

その時の為に、替えの靴下を複数枚用意して靴下が濡れたらすぐに交換するようにしておくようにしておきましょう。

少し多すぎかな?と思うくらいの量の靴下を持っていった方が安心です。

子供が大きくなり、年長以上の年齢になってくると動きも活発になりますのでできればスノーブーツを買ってあげるという選択肢も考えておくといいでしょう。

スノーブーツの方が動きやすい上、それだけで防寒対策もされていますので動きが活発な子供にはおすすめです。

スキー場での子供の雪遊びに付き合う親の服装は?

スキー場で子供を雪遊びさせるだけであれば、付添いである親の服装は簡単なものでかまいません。

子供が雪遊びしているのを側で見ているだけだというのであれば、上下スキーウェアでなくてもダウンジャケットと長靴というスタイルでもいいでしょう。

上下ウインドブレーカーというスタイルでもいいでしょう。

ちょっとした遊びに参加する場合に備えて、せめてズボンだけでも防水スプレーをかけて防水加工しておきましょう。

雪はウインドブレーカーでも意外に染み込みますので、中に着た物がぬ慣れないようにするためにも防水加工はしておいた方が無難です。

もし、子供と一緒になって遊ぶ予定であるならばスキーウェアを着ていくと、雪を気にすることなく思い切り子供と一緒に遊べます。

ウインドブレーカーやスキーウェアの中には、ヒートテックなどの防寒肌着を着用し、さらにその上にはスウェットやセーター、トレーナーやフリースなどを着てしっかりと防寒対策をしましょう。

下にはスパッツやレギンス、タイツなどを履いてからズボンを履くといいでしょう。

もちろん、靴下も厚手のものを履いて防寒対策をしましょう。

靴下は子供と同じように、親の分も複数枚持っていき濡れたらいつでも交換できるようにしておきましょう。

まとめ

雪に慣れていなかったり、雪の降らない地域にいるとどの程度の寒さなのかわからない人も多いと思います。
スキー場は思っている以上に寒かったります。
防寒対策の為にウェアの中に数枚の服を着せておけば、寒かったらそのまま着ておけばいいし暑かったら脱げばいいしで、中に着ている服で調節する事ができます。
このような工夫し、子供も親も風邪をひかないようにいろいろと対策をして楽しい雪遊びにして下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)