リネンシャツはいつからいつまで着れる?インナーが透ける場合は?

syatsu
夏にピッタリの素材でできているリネンシャツ。
触るとさらっとした感じがし、吸水性や撥水性もいいので暑い夏の日に着る素材として最適です。
そんな夏にピッタリのリネンシャツですが、実際にはいつからいつまで着れるかよくわからないですよね。
買ったばかりなら、やっぱり少しでも長く着たいものです。
そんな便利なリネンシャツについてご紹介しますね。

スポンサードリンク

リネンシャツはいつから着れる?

リネンシャツは早ければ4月中旬頃から着れます。

お住まいの天気や気温などで多少時期がずれたりもしますが、4月中旬頃から着れる場所が多いのではないでしょうか。

基本的に外の気温が22~25度くらいのシャツ1枚でも快適に過ごせるようになったらリネンシャツを着ても大丈夫です。

やはりリネンシャツは夏、というイメージがあるので、暑い日にしか着ない方がいいと思ってる方もいるでしょう。

でも、リネンはリネンでもいろんな素材があります。
厚めにリネン(麻)を使ってるものもあれば、麻の他に毛を混紡させたりしている素材もあります。

なので、少し肌寒いな、と思った時は厚めのリネンシャツを着たり、暑いな、と思ったら薄めの本来のリネンシャツを着たりと、その時々で気温に合わせる事もできます。
もちろん、シャツの中に着るインナーでも調整ができます。

自分で着たい日に、自分なりに調整して着ることができるので多少肌寒くてもリネンシャツを着る事は可能です。

リネンシャツはいつまで着る?

リネンシャツは、10月中旬頃まで着る事は可能です。

こちらも基本的にシャツ1枚で快適に過ごす事ができるか?と言うところで判断できます。

先程も書きましたが、リネンはリネンでもいろんな種類のリネンがあります。

スポンサードリンク

少し肌寒くなってきたら、麻にウールが混紡されているものを着ると暖かくなります。
ウールが入っていると保湿性もいいですし、肌触りもよくて、暖かいので肌寒い日には合っているといえます。

リネン=夏。
というイメージがあるので、秋には着ずらい…というのであれば色を変えるだけでだいぶ雰囲気が違うようになります。
夏が過ぎて秋っぽくなってきたら、シャツの色を黒やベージュなどに変えたりすればそれだけで秋っぽくなりますし、リネンシャツを1枚しか持っていない場合は、ボトムスを秋っぽくするだけでもだいぶ違いますよ。

リネンシャツのインナーが透ける場合は?

リネンシャツって意外に薄いですよね。

その為、リネンシャツの中に着ているインナーが透けてしまう事が多々あります。

リネンシャツは生地自体が薄いので透けてしまうのは仕方のない事です。

なので、リネンシャツの中に着るもので透け感対策をしましょう。

リネンシャツの色にもよりますが、中に着るインナーは無地か総柄のタンクトップを着るとカッコよくなりますよ。
白のリネンシャツに黒のタンクトップだと、黒のタンクトップのおかげで引きしまって見えます。
また、麻はナチュラル感のあるアイテムなので、シャツの中に着るものも少しくすんだ感じの色がしっくりきますよ。

まとめ

いかがでしたか?
夏のイメージがあるリネンシャツでしたが、意外に初夏~晩秋くらいまで着る事ができます。
リネンシャツだけでなく、中のインナーだったりボトムスだったりで季節感を出す事ができるので長期間着る事ができます。
さまざまなリネンシャツもありますので、自分のお気に入りの1枚を見つけて今年のリネンシャツファッションを楽しんでくださいね。

参考記事 ①icon-arrow-circle-o-right リネンシャツはシワのまま着る?アイロンのかけ方と洗濯方法は?
参考記事 ② icon-arrow-circle-o-right レディースの白いリネンシャツが透ける場合の対策は?インナーは?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)