ニットワンピースをハンガーで伸ばした時の対策は?干し方と保管方法は?

knitwanpi
女性の秋冬ファッションの中でもふわふわもこもこで可愛い定番アイテムのニットワンピース。
男性ウケもよくこれを着るだけで女性らしいファッションになるので1枚持ってると便利なアイテムです。
そんな便利でお気に入りのニットワンピースをハンガーにかけてたら伸びてしまってショック!なんてことありませんか?
そこで、伸びたニットワンピースの直し方をご紹介しますのでまだ諦めないで下さいね^^

スポンサードリンク

ニットワンピースをハンガーにかけて伸ばしてしまった時はどうする?

ニットワンピースをハンガーにかけた場合、伸びてしまう場所は襟ぐりや丈、袖口になると思います。

襟ぐりが伸びてしまった場合は、襟ぐりのパイピングまたはリブが付いている部分を裏側からニット用の伸び縮みする糸で細かく並縫いをして下さい。

並縫いの間隔は細かいほどいいですが、できれば5mmぐらいの間隔で縫ってください。

伸びた部分が前身部分の襟ぐりだけだった場合は、前襟ぐりのみを縫いましょう。

前後共に伸びている場合は前後の襟ぐりをぐるりと1周する感じで縫って下さい。

最後に縫った糸を少しずつ均等に引っ張り縮めていき自分の希望する襟ぐりまで糸を引いて縮めて下さい。

自分の希望する襟ぐりの位置まで引っ張り縮めたら最後に糸が外れないようにしっかりと止めて完成になります。

この縫った糸は、その後もニットが伸びるのを防ぐ役目を果たすので糸を外さないでそのままの状態にしておくことをおすすめします。

また、使った糸を目立たせたくない場合には透明の糸がありますのでそれを使うとあまり目立たなくなります。

もしくは表から出来るだけ糸が見えないように縫うという方法もあります。

こちらは少々、裁縫の技術が必要になりますので出来ない場合は先程言った通り、透明の糸を使いましょう。

この手縫いの場合の注意点としては、糸で縫うと多少の伸び縮みが難しくなる場合があります。

なので、襟ぐりを縫う場合には頭が無理せず被れる程度の襟ぐりサイズの服のみで行った方がいいですので気をつけて下さいね。

また、アイロンやドライヤーで元に戻す方法あります。

ドライヤーを使う場合は、伸びてしまった部分に熱湯を浸し、その部分をドライヤーで乾かします。

アイロンを使う場合は、伸びてしまった部分にアイロンの蒸気を当て、その部分を手でぐしゃっと握ります。

その後、またアイロンを軽く当てます

この方法でも、完璧とまではいかなくてもニットワンピースの伸びてしまった部分を直す事ができます。

糸で縫う方法は多少難しいかもしれませんが、アイロンやドライヤーを使う方法は誰にでも簡単にできる方法ですのでぜひやってみて下さいね^^

スポンサードリンク

ニットワンピースの伸びない干し方とは?

ニットワンピースを干す時に、ハンガーにかけてしまうと先程でも述べたように襟ぐりや丈がニットの重みなどで伸びてしまう場合があります。

また、肩のところにハンガーの跡がついてしまう場合もあります。

そのような、ニットワンピースが伸びる事を防ぐ干し方はできるだけ平干しすることです。

そうは言っても、なかなか平干しする場所がなかったり、平干しする方法がなかったりますよね。

そんな時は平干しができる平干しネットや、平干しピンチハンガーという洗濯グッズがありますのでそちらを使用するといいでしょう。

また、ハンガーを2本使いその2本のハンガーにニットを干す方法もあります。

ハンガー2本を少し間隔を空けてかけ、一方のハンガーの輪っか部分に干すニットを通し、もう一方のハンガーの輪っか部分さらにニットを通し、ハンガー2本で平置き状態になるようにします。

丈の長いニットワンピースの場合は3本のハンガーを使用するといいでしょう。

この方法はニット製品を作るプロの方もやっている方法なのでおすすめですよ^^

また、ハンガーがなかった場合には物干し竿が2本あれば、このハンガーの方法と同じようなことができます。

物干し竿2本を少し離して置き、物干し竿の上にニットワンピースを平置き状態になるように干すだけです。

ニットワンピースに限らず、ニット全般に言える事ですがハンガーにかけて干すのは止めておいた方が無難ですのでなるべくハンガーは使わないようにしましょう。

ニットワンピースをシワにならないように保管する方法は?

ニットワンピースをシワにならないように保管するには、ニットワンピースの素材や編み目の大きさにも多少気にする必要がます。

ニットワンピースを保管する場所がきちんとあるのであれば、袖が内側になるようにし大きめに丸めて保管しましょう。

丸めて保管しておけばシワはもちろん、折り目も付きにくくなりますしハンガーに掛ける必要もないので伸びてしまう事もありません。

ニットワンピースを丸める時は、ぎゅっと力を入れて強めに丸めてしまうとシワが入ってしまうのでふんわりと軽い感じで丸めて下さい。

ふんわりとした感じができない場合は、折り曲げる部分に紙やタオルを丸めて筒状にしたものを挟んでおく、もしくはその筒状のタオルや紙にぐるぐると巻きつけた状態のまま保管しましょう。

そうすると折り目やシワが付きにくくなり、キレイな状態のまま保管する事ができます。

もし、この方法でもシワや折り目がついてしまったらスチームアイロンを使ってシワや折り目にスチームを当てながら伸ばせば気にならなくなりますので試してみて下さいね。

まとめ

せっかく買った可愛いニットワンピースなので大切に着たいものですよね。
ニットワンピースは可愛いだけではなく、冬に着れば寒さ対策にもなります。
可愛くて防寒対策もできるニットワンピースは1枚持っているととても便利な秋冬ファッションアイテムですので、ぜひ利用してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)