スーツのスカートやパンツのウエストがきつい!広げる方法や直し方は?

diet (2)
可愛い我が子の卒業式や入学式。

もちろん可愛い我が子には可愛い洋服で出席させようといろいろと探して着せますよね^^

しかし子供の洋服にばかり気を取られていたて、いざ自分のスーツを着ようとしたら…

きつくて着れない!

卒業式や入学式なんて年に1回あるかないかなのでいざ着ようと思ったら着れなくなっていた…なんてことも多いですよね。

そんな時に役に立つスカートやパンツのウエストがきつい時の対処方法をご紹介します。

スポンサードリンク

スーツのスカートやパンツのウエストがきつい時の対処方法は?

自分の子供の卒業式や入学式用の衣装に気を取られていて、いざ自分の衣装を着たら着れなくなっていた…なんてことありますよね。

スーツを着る機会なんてそんなにないですし、普段から着る機会がないとスーツが着れなくなっているなんてあまり気づきませんもんね(^_^;)

それと同時に太った…ということでも二重にショックですもんね。

でも、太った事にいつまでもショックを受けている場合ではありません!

子供の卒業式や入学式で着るスーツが着れなくなっている場合は、早急に直さないと子供の大切な行事に着て行けなくなってしまいます。

時間があればダイエットすることで着れなくなったスーツを再び着る事はできますが時間がない場合はスーツのパンツやスカートをなんとか工夫して履くしかありません。

きつくて履けなくなったスカートやパンツを履く方法として、まずスカートやパンツに身体を合わせる方法があります。

時間がないのにそう急激に痩せる方法なんて…と思うかもしれませんが、

もう少しでスカートやパンツのファスナーが閉まる!という時に使える方法があります。

それは、パンツやスカートを寝転がって着てみる事です。

まず、

1.パンツやスカートを履いてファスナーを閉まるところまで閉める。
2.その状態のまま仰向けに寝る。
3.仰向けに寝た状態でファスナーを上げる。

この方法だと立った状態では閉まらなかったファスナーが不思議と閉まります。

女性は年齢とともにどうしても内臓や脂肪が下にさがってしまうことがあります。

それを仰向けに寝ることでお腹周りの内臓や脂肪が下にさがらないようにすることで閉まらなかったファスナーを占める事ができるようになります。

また、補正下着でウエスト部分をサイズダウンさせる方法もあります。

補正下着、ウエストを細くしたいのであればガードルですね。

ガードルを着用すればウエスト部分をサイズダウンさせる事ができます。

>>24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードル

さらに身体の線をキレイなラインに整える事もできますので、スーツを着た時の見た目がキレイになりスーツをキレイに着こなす事ができるという利点もあります。

スーツのスカートやパンツのウエストを広げる方法は?

スーツのスカートやパンツに身体を合わせるにも限界はあります。

かなり太ってしまった場合には仰向けに寝てファスナーを閉める方法も、ガードルで身体を補正する方法もできない事もあります。

そんな時には、スカートやパンツのウエスト部分を広げて調節して履きましょう。

スカートやパンツのウエスト部分を広げる道具がいろいろとありますので、それらを利用してウエスト部分を広げましょう。

ウエストを広げる道具として、次のようなものがあります。

スポンサードリンク

 icon-check-square-o 安全ピン

  マジックテープ

  ベルト

  サスペンダー

どれも100円ショップなどで買う事ができるものばかりです。

安全ピンはファスナーを閉まるギリギリまで上げて、閉まらなかった部分を安全ピンで留めます。

もしくは、ウエストのホックが閉まらなかった場合も同様にその部分を安全ピンで留めます。

さらにそれにプラスしてベルトをウエストに閉めておくと安全です。

もちろん、ベルトだけでウエスト部分を占めてもOKですが、ファスナーが閉まらず開いている場合はその部分を隠せるようなジャケットなど羽織れるものを用意しておく必要があります。

マジックテープの使い方も基本的には安全ピンやベルトなどと使い方は同じです。

マジックテープは縫いつけるものもありますがシールタイプの簡単に付ける事ができるものもあります。

そのような簡単に付ける事ができるものの方が時間もかからないので個人的にはおすすめです。

また、このようにウエストを調節するための専用のグッズもあります。

こちらのグッズを使えば、4㎝程度はウエスト部分を広げる事ができます。

取り付け方も簡単ですので急を要する場合にも便利です。

スーツのパンツのウエストの直し方は?

パンツであれば、自分でウエスト部分を直す事もできます。

パンツのウエスト部分の直し方はこちらの動画を参考にしてみてください。

少し手間がかかるかもしれませんが、一度直してしまえば着るたびに応急処置などせずに済みますので後々を考えると楽ではあります。

しかし、ダイエットに成功して痩せた場合には逆にゆるゆるになってしまうこともある事は理解した上で実行してくださいね。

自分で直す自信がない場合は、時間は少しかかってしまいますが洋服のリフォーム屋さんに頼むのが1番確実です。

少々お金はかかってしまいますが、洋服のリフォーム屋さんはプロですので簡単にウエスト部分を直してくれます。

また、時間がある場合には着れなくなったスーツを着る事をあきらめて新たに服を買う、またはレンタルで済ませる、という方法もあります。

レンタルであれば自分のサイズを選ぶこともできますし、普段着る事ができないブランドの服を格安でレンタルして着る事もできます。

クローゼットの洋服も増えませんので、洋服を無駄に増やしたくないという場合にも便利です。

卒業式や入学式まで時間があるのであればスーツをレンタルする事も1つの選択肢としてあってもいいと思います^^

まとめ

普段からスーツを着る機会がないとなかなか着れない事に気づきにくいものですよね。

それに子供の卒業式や入学式であれば主役は子供ですから、自分の事より子供の事が優先になってしまうのは仕方ありませんよね(^_^;)

スーツが着れなくなるとかなりショックだとは思いますが、時間がない場合は応急処置で乗り切るしかありません。

子供の卒業式や入学式がいい思い出になるようにしっかりと応急処置をして出席してあげてくださいね。

きっと後々、あんなこともあったな~なんて思い出していい思い出になってると思いますよ^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)