ノロウィルス感染中は赤ちゃんに授乳やお風呂はできる?予防法は?

motherandbaby
冬になると毎年のように流行するノロウィルス。
ノロウィルスは別名、嘔吐下痢症と言われているように嘔吐と下痢というとても辛い症状が数日間続きます。
ノロウィルスはとても感染力が強い為、小さい子供や赤ちゃんがいるお母さんはとても心配ですよね。
ましてやお母さん自身がノロウィルスに感染してしまった場合、小さく免疫力の弱い赤ちゃんに感染させないようにするためにはどのようにすればいいのか気になりますよね。
赤ちゃんを母乳で育てている場合など赤ちゃんと密接に接する機会が多いお母さんの赤ちゃんに対するノロウィルス対策をご紹介します。

スポンサードリンク

ノロウィルス感染中は赤ちゃんに授乳できる?

母乳を赤ちゃんに与えている期間中にお母さん自身がノロウィルスに感染した場合、母乳で赤ちゃんにノロウィルスが感染したりしないかお母さんは気になりますよね。

ノロウィルスの感染力はとても高い事で知られているので、母乳で感染してしまうんじゃないか心配になります。

基本的にノロウィルスは母乳では感染しません。

母乳は血液を材料にして作られます

嘔吐物や排泄物として体外に排出されるノロウィルスが血液中に取り込まれる事はないので母乳で赤ちゃんにノロウィルスが感染することはありません

しかし、赤ちゃんに母乳を与える事自体ではノロウィルスに感染する事はありませんが、授乳時にノロウィルスが付着した手や肌から赤ちゃんに感染する恐れがありますのでその点は注意が必要です

お母さん自身がノロウィルスに感染している場合、排泄物を処理したり、嘔吐の時に口を手で拭うなどした時に手にノロウィルスがが付着する可能性があります。

そのノロウィルスが付着した手で赤ちゃんを抱っこし、授乳したりすれば授乳時にノロウィルスに感染してしまうということは十分にあり得ます。

これは、母乳での授乳時に関わらず哺乳瓶などで授乳する場合にも当てはまります。

このような状況を防ぐ為には、しっかり手を洗う、ノロウィルスを退治できる消毒薬で周囲を消毒するなどするようにしましょう。

また、お母さん自身が下痢が酷い場合は母乳を与える事によって脱水症状につながる恐れもあります。

その場合は、母乳は避けるなどした方がいいかもしれません。

どうしても母乳を与えたい場合には、お母さん自身がしっかりと水分補給をして脱水症状にならないように対策をしてから母乳を与えるようにしましょう。

お母さん自身が母乳を与える事で余計に具合が悪くなってしまっては、本末転倒ですので無理せずに母乳を与えるようにするといいのではないでしょうか。

ノロウィルス感染したら赤ちゃんと一緒にお風呂はダメ?

ノロウィルスに感染しているお母さんが嘔吐や下痢が激しい場合はお風呂に入る余裕もありませんが、だいぶ具合がよくなってくるとお風呂にも入れるようになります。

その状況であれば赤ちゃんや子供と一緒にお風呂に入っても大丈夫なのか、いつ頃から一緒にお風呂に入っても大丈夫なのか心配になりますよね。

ノロウィルスは排泄物や嘔吐物から感染する事がほとんどだと言われています。

スポンサードリンク

そして、ノロウィルスは熱にも強いと言われているのでお風呂の熱いお湯程度では殺菌の効果はないとされています。

ノロウィルスはその症状が出てから3日間程度は体に潜伏していると言われ、その間も嘔吐物や排泄物でウィルスを排出しています。

ですので、ノロウィルスの症状が出てすぐはお風呂に入る余裕もないとは思いますが、できれば一緒にお風呂には入らない方がいいでしょう。

もしお風呂に入るのであれば、1番最後にお風呂に入るなどした方がいいでしょう。

ノロウィルスの症状が出てから3日以上経っていて症状もだいぶ治まっている場合であれば、お風呂に入る前に体をキレイにしてから入ればまず心配はいらないと思います。

お母さんがノロウィルスに感染していても、赤ちゃんはお風呂に入れなければいけない時もあります。

周りに協力してもらえる人がいる場合には、その人に協力してもらい赤ちゃんをお風呂に入れてあげましょう。

ベビーバスが使える状況であれば赤ちゃんはベビーバスで入れてあげるといいですよ。

ベビーバスがない、もしくは使えない状況であれば赤ちゃんを沐浴してあげたり、体を拭いてあげたりするなどするといいでしょう。

ノロウィルスの赤ちゃんに対する予防法は?

お母さんがノロウィルスに感染している場合、母乳やお風呂に他に気をつけなければいけない事や赤ちゃんへの感染を防ぐ予防法を知っておくと便利です。

ノロウィルスは、ノロウィルスで汚染された場所を触る接触感染、もしくは空気感染もします。

そして、ノロウィルスはアルコールでは殺菌できません。

ノロウィルスを消毒するには次亜塩素酸ナトリウムを使って消毒すると効果的と言われています。

嘔吐物や排泄物を処理する際にはこのようなノロウィルスに効果的なもので消毒するようにしましょう。

あとは、とにかく手洗い、うがいをしっかりするということが最も大切です。

赤ちゃんのお世話をする時だったり、料理をする時、トイレの後などは特にしっかりと手洗いをするようにしましょう。

手洗いは指と指の間や爪の先、できれは手首までしっかりと念入りに洗うととても効果的です。

また、食事もなるべく加熱したものにしましょう。

まとめ

ノロウィルスはとても感染力の強いウィルスですので、ノロウィルスが流行する季節は特に注意が必要です。
赤ちゃんも生後6ヵ月くらいまではお母さんからもらった強い免疫がありますので病気にかかりにくいと言われていますが、それでも注意は必要です。
しっかり対策をして赤ちゃんをノロウィルスから守ってあげて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)