まぶたのピクピクを止める方法は?続く場合は病院に行った方がいい?

tsukareme
まぶたがピクピクと痙攣するという現象は多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。
あのまぶたのピクピクという痙攣は、ある日突然予想もしない時に起こることが多くちょっとびっくりしますよね。
仕事中や何かの作業中にその現象が起こってもたいして支障はないのでそのまま仕事や作業を続けることが多いと思いますが、やはりあのピクピクとした痙攣はどうしても気になってしまいますよね。
できることならあのピクピク感を止めたいと思ってる人も多いはず。
そんなあの不快なまぶたのピクピクという痙攣についてご紹介します。

スポンサードリンク

まぶたのピクピクを止める方法は?

まぶたがピクピクする現象は一時的に血流に障害が起きた時、まぶたにある眼輪筋という筋肉に異常な興奮が生じた時に発生することが多いと言われています。

つまりは、目が疲れた時に発症しやすいということになります。

目を疲れさせなければまぶたのピクピクは起こりにくいということになりますが、なかなかそうもいきませんよね。

しかし、突然起こるあのまぶたのピクピクは痛くはないもののずっとピクピクしているとかなり気になって作業効率も悪くなってしまいます。

仕事中にまぶたがピクピクしてたらかなり気になってしまいますもんね。

そんな不快なまぶたのピクピクが仕事中などに起きてしまった場合は、応急処置としてまずは手軽にできるような対策からしてみましょう。

icon-check-square-oパソコンなどの目の疲れる作業を一時中断し、とにかく目を休める。
icon-check-square-o温めたタオル(蒸しタオル)などを目の上に置き血行を良くする。
icon-check-square-o眉毛の周りにある目の疲れに効くツボを押す。
icon-check-square-oカフェインを含んでいる飲料を避ける。(カフェインは神経を過敏にさせてしまうので)

このような、仕事中でもできる道具も必要ない簡単な対策をまず実践してみましょう。

これである程度まぶたのピクピクは治まるかと思いますが、この対策はあくまで応急処置です。

目の疲れはこの程度ではなかなか取れませんので根本的に目の疲れをしっかり取る事が必要です。

目の疲れを根本的から治すにはやはり睡眠をしっかり取る事が重要になります。

そして、ストレスから神経が過敏になりまぶたのピクピクにつながる事もあり得ますのでストレスも上手に発散するようにしましょう。

また、まぶたがピクピクするのは目の疲れが原因である事に違いはありませんが、他にも原因がいろいろとあります。

疲れ目という原因の他に、カルシウムやビタミン類が不足している事が原因でまぶたのピクピクにつながっている事もあるようです。

カルシウムやビタミン類が不足している場合には、牛乳1本を1日で飲んでみてください。

牛乳には、目がピクピクする時に必要な栄養分がバランスよく入っているのでお金もかからず手っ取り早く対策ができるのでとてもおすすめです。

スポンサードリンク

まぶたのピクピクが長く続く場合は?

通常であればまぶたのピクピクは早くて数秒、長くても数日で治る事が多いです。

数秒から数日でまぶたのピクピクが治まったり頻繁に起こらないのであれば大きな病気である可能性は低いと思われます。

この程度であれば病院に行かなくても、さきほどあげたような対策を自分で実施しておけば自然と症状が治まる事が多いです。

しかし逆に、1週間以上まぶたのピクピクが治まらなかったら、ただの目の疲れが原因のピクピクではない可能性が高くなります。

中には重大な病気のサインである可能性もあるので注意が必要です。

ピクピクする範囲がまぶただけでなく他の部分にまで広がって来たり、耳や口などまで痺れや痛みなどが出て来たらだだの目の疲れではなく病気である場合が多くあります。

だたのまぶたのピクピクだから、と言って油断せずに十分に自分で日々の症状を確認しておくことが大事です。

もし、少しでもおかしいと思ったら遠慮せずに医療機関を受診しましょう。

まぶたのピクピクは病院に行った方がいい?

先ほどにも書いたように、長期間まぶたのピクピクが治まらない、もしくはまぶた以外のところまで痙攣するようになった、などいう症状になった場合は重大な病気が隠されている場合も多いので迷わずに病院に行って医師の診断を受けましょう。

重大な病気として脳腫瘍や脳梗塞、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣、VDT症候群の可能性が考えられます。

脳腫瘍や脳梗塞、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣は聞いた事がある人も多いと思います。

VDT症候群は最近知られるようになった程度なので知らない人も多いと思いますが、VDT症候群は一種の現代病で「Visual Display Terminals」の略です。

パソコンやスマートフォンなどのディスプレイを見続ける事で起こる健康被害です。

パソコンを使った仕事をしている人に多くみられるようで悪化してしまうと精神病を患ってしまうこともあるそうなので、少しでもまぶたのピクピクに異常を感じたら医療機関を受診するようにしましょう。

また、このような病気が心配になり病院に行くのであれば眼科、もしくは脳神経外科か神経内科に行ってみましょう。

特に眼科に行く場合には、普通眼科の他に精神眼科もあるところがおすすめです。

まぶたのピクピクに関しては専門的な知識や治療経験がないという眼科もありますので、事前にこのような事を調べてから医療機関を選んだ方がいいかもしれません。

まとめ

現代はパソコンやスマートフォンなどで目を酷使するような出来事が多くなっています。
生活する上ではどうしても知らず知らずの内に目を酷使してしまいがちです。
自分ではそんなに目に疲れを感じていなくても、実際には自分が思っている以上に疲れているのかもしれません。
あのまぶたのピクピクはそんな目からのSOSサインだと思って、できるだけ目を休ませる生活するよう心がけて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)