加湿器は赤ちゃんに必要?おすすめと最適な置き場所は?

baby (2)
冬は暖房などで部屋が乾燥しやすくなっています。

生まれたばかりの赤ちゃんはいろいろとデリケートですから乾燥は赤ちゃんにとって何かしらの影響を与えるんじゃないかと親になると心配になりますよね。

冬の乾燥した部屋は大人でも風邪をひいたりして体調不良を引き起こしたりするのですから、デリケートな赤ちゃんへの影響を心配する気持ちはよくわかります。

乾燥対策には加湿器がいいとよく聞きますが、それは赤ちゃんに対してもそうなのか気になりますよね。

そんな疑問を乾燥する季節になる前に確認しておきましょう。

スポンサードリンク

加湿器は赤ちゃんには必要?

結論から言ってしまうと、赤ちゃんに加湿器が必要かどうかは住んでいる環境によります。

室内の最適な湿度は50~60%くらいだと言われています。

これは、赤ちゃんだけに限らず大人にも当てはまります。

人間は湿度が50~60%くらいが1番快適に過ごせると言われていますので、できればこのくらいの湿度を保っておきたいものです。

湿度が50~60%に満たない場合、特に30%以下になってしまうと乾燥しているということになり肌が乾燥したり、何より風邪を引きやすくなるなど体に支障がきたす可能性もあります。

湿度が50~60%を越えると、結露が起こったりカビが増えたりするなど生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

このように加湿しすぎもしなさすぎもダメなので難しいところですが、赤ちゃんが過ごす部屋の湿度が50~60%以下の場合は加湿器を置いた方が部屋が過ごしやすい環境になるということなので加湿器を置くといいのではないでしょうか。

元々の部屋の湿度がそんなに低くない場合には、加湿器は置かずに部屋の中に洗濯物を干すなどしても十分加湿効果はあります。

部屋の中に洗濯物を干すだけなら、日常生活で簡単にできますし電気代もかからないですしね^^

まずは、部屋の中がどの程度乾燥しているのか湿度計を買って置いてみるといいでしょう。

意外と人の感覚はアテにならないですので、きちんとした数値で現される湿度計を目安にして加湿器を置くか置かないかを判断してみてはいかがでしょうか。

そんなに高くありませんので、一家に一台あるととても便利ですよ^^

加湿器で赤ちゃんにおすすめは?

赤ちゃんに対して加湿器が必要と判断した場合におすすめしたい加湿器は、気化式かハイブリット式の加湿器です。

加湿器には、同じ加湿器でもいろいろな種類がありそれぞれ特徴や加湿の仕方が全然違います。

その中でも赤ちゃんへの安全性を考えると気化式、もしくはハイブリット式の加湿器がおすすめです。

スポンサードリンク

それぞれの特徴をあげると、

気化式
布やスポンジのようなフィルタに水を吸い込ませ、その部分に風をファンで当てて水分を自然気化させる方式の加湿器。
長所として、駆動部分がファンだけの為、消費電力が少なく電気代があまりかからない。
また、水分が気化して出てくる部分の吹き出し口の温度が低く、ホコリなどはスポンジ部分に吸着されるのでカビなどの発生が少ない。
そして過加湿になりにくい。
短所としては、自然気化の為に加湿するのに時間がかかる。そしてフィルターの洗浄や交換が必要。そして、風を当てる為にあるファンの音がする。

ハイブリット式
構造は上記の気化式と同じだが、加湿の為に高出力をする場合には貯めている水を加熱して高い加湿効果を出す加湿器。
ほとんど気化式と同じ構造の為に、長所と短所はほぼ気化式と同じ。

このようになります。

フィルターの交換や清掃が必要だったりするのは少々大変ですが、それでもどちらも蒸気の吹き出し口が熱くなかったりカビが繁殖にしくいなどという、赤ちゃんにとって安全性の高い加湿器の種類なのでおすすめです。

赤ちゃんはまだまだ大人に比べるとデリケートですので安全第一で加湿器を選ぶ事をおすすめします。

赤ちゃんに対する加湿器の最適な置き場所は?

赤ちゃんってなぜか家電製品などに興味を持ちますよね(^_^;)

加湿器は種類にもよりますが、蒸気が出る部分だったり電気コードやコンセントだったり赤ちゃんが触れると危ない部分がけっこうあります。

先程にもあげた気化式やハイブリット式の加湿器であれば蒸気が出る部分は熱くないので赤ちゃんが触ってもヤケドをしたりする事はありませんが、電気を使う加湿器ですからいろんな危険はあります。

電気コードを引っ張って加湿器を落としたり、濡れた手でコンセントを触るのも感電の恐れがあってとても危ないですしね。

赤ちゃんは私達大人が思ってもいない行動を起こす事が多々あるので念には念を入れて安全対策をする必要があります。

まずは、加湿器を赤ちゃんの手の届かないところに置く事が大事ですので、タンスや机など高さのあるところに置きましょう。

加湿器は床など低いところに置くよりは、だいたい70~100㎝程度くらいある高さのところに置いた方が加湿効果が高まります。

加湿効果が高まる上、赤ちゃんの安全にもなりますので少し高めのところに加湿器を置くことをおすすめします。

また、気化式よりはハイブリット式の方が蒸気が出る部分が熱くなりませんのでそちらを買うというのもいい方法です。

コンセントは、赤ちゃんの目に入らないようにコンセントの前に物を置いたりするなどして対策をしましょう。

まとめ

赤ちゃんの為に必ずしも加湿器を買わなければいけないという事はありませんが、部屋の湿度が低すぎる場合は何かしらの加湿対策をする必要があります。

湿度が低ければ大人も赤ちゃんも風邪を引きやすくなってしまいます。

赤ちゃんが風邪を引いてしまうと、いろいろと大変になりますので風邪の予防という観点からも加湿をしっかりとして赤ちゃんを守ってあげて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)