汗染みの黄ばみの落とし方は?色物はどうする?時間が経った場合は?

wakiase
暑い夏はどうしても汗をかいてしまいます。
汗は体を守る為に出るものですから汗をかくのは悪い事ではないですが、汗をかいてしまうとどうしても汗染みが気になりますよね。
汗染みはきちんとした方法で落とさないとなかなかキレイに落ちず汗染みの跡が残ったままになってしまいます。
きちんと見ていたつもりでも見逃していてだいぶ時間が経ってから気づいた、という場合もよくあります。
大事な洋服を守る為にもきちんとした汗染みの落とし方を勉強しておきましょう!

スポンサードリンク

汗染みでできた黄ばみの落とし方とは?

汗染みでできた黄ばみの落とし方はいくつかあります。

その1つとしてケイ酸入りの洗濯用固形石鹸を使う方法があります。

まずお湯を使い、黄ばんだところにケイ酸入りの洗濯用石鹸で作ったたっぷりの泡をつけて手で丁寧に揉み洗いして下さい。

その後、軽く絞ってからそのままの状態で洗濯機で洗濯しましょう。
この時は、柔軟剤は使わないようにして下さいね。

洗濯が終わったら、バケツなど大きな入れ物に50~60℃くらいのお湯を入れ、その中に粉末の酸素系漂白剤を大さじ1杯程度溶かします。

その中に1~2時間ほど浸け置きしておいて下さい。

1~2時間経ったらあとはよく濯いで下さい。
もし、柔軟剤を使いたい場合はこの濯いだあとの最後の濯ぎの時に少量だけ入れましょう。

これだけでとてもキレイに黄ばみが落ちますよ。

この方法なら黄ばみはもちろんキレイに落ちますが、それと同時に消臭効果もありますので汗の臭いや体臭なども消えます^^

さらに酸素系洗剤を使用していますので、色落ちの心配も少なくなります。

ただし、酸素系洗剤を使って黄ばみを落としたい時は、液体ではなく必ず粉末の酸素系洗剤を使うようにして下さい。

液体の酸素系洗剤は、粉末の酸素系洗剤に比べ漂泊や除菌、消臭などの効果が弱くなってしまいます。

黄ばみをキレイに落としたい、同時に消臭効果も得たい、のであれば粉末の酸素系洗剤を使う様にして下さいね。

汗染みの落とし方で色物の場合はどうする?

白い生地の洋服であれば色落ちする事もないので、基本的な事に気を付けていればそんなに漂白剤に神経質になる事はありません。

白い生地であれば塩素系漂白剤を使用すればけっこう簡単に汗染みの黄ばみを落とす事ができます。

問題は、洋服の生地が色物の場合です。

スポンサードリンク

色物の洋服に塩素系漂白剤を使ってしまうと、もちろん汗染みの黄ばみはキレイに落ちますがそれと同時に洋服の色まで落ちてしまう可能性がとても高くなります。

色物の洋服に付いた汗染みの黄ばみを落としたい場合は、色物OKの漂白剤を使用しましょう。

塩素系漂白剤よりは酸素系漂白剤の方が色落ちする可能性が低いのでできればこちらを使用して黄ばみを落としましょう。

しかし、色落ちの可能性が低いからといって長時間浸けっぱなしのまま放置しておくと色落ちすることもあります。

なので、できるだけ長時間放置せず短時間だけ浸けておきましょう。
5分程度を目安としておくといいでしょう。

その後は、お湯で濯ぎ他の洗濯ものと一緒に洗濯機で洗っても大丈夫です。

汗染みができて時間が経った場合の落とし方は?

汗染みができていることに気付かず普通に洗濯してそのまま保存してしまった、なんてことありませんか?

残念ながら、汗染みは時間が経つほど落ちにくくなりキレイに落とす事が難しくなります。

そんな中、少しでも汗染みを落としたい場合はセスキ酸ソーダを使いましょう。

セスキ酸ソーダはホームセンターやドラッグストアなどに売っています。

セスキ酸ソーダを水に溶かして、落としたい汗染みに付けます。

セスキ酸ソーダ水を付けた上から酸素系漂白剤を塗り、汗染みを落とすように手やブラシなどで軽く擦ってからお湯に付けて下さい。

その後、弱アルカリ性洗剤を入れて洗濯機で洗濯をしましょう。

これで汗染みが目立たなくなるくらいに汚れは落ちているはずです。

多少、洋服の生地が傷んでもいいので汗染みを落としたい!というのであれば煮洗いしてみましょう。

熱いお湯の中に洋服を入れて汗染みを落とす方法です。

しかし、この方法を何度もしていると洋服の生地が傷み硬くなってくるのでこの方法は最終手段として利用するだけにしておいたほうがいいかもしれません(^-^;)

まとめ

暑い夏は、汗とは切っても切れない関係です。
汗染みは気づいたらすぐに洗濯したり、水やぬるま湯で服に付いた汗を軽く流すだけでも汗染みは落ちやすくなります。
汗染みは時間が経つと落ちにくくなるので、なるべく早めに汗染みに気付いて落とすようにしておきましょう。
それだけでもだいぶ違うはずですよ^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)