マスク着用時のメガネが曇る対策は付け方次第?曇り止めは効果ある?

mask
風邪やインフルエンザの予防や感染防止、花粉症対策、女性のすっぴん隠しなど様々な用途があるマスクは日頃からよく使ってる人も多いのではないでしょうか^^。

このように様々な事に利用されるマスクですが、メガネをしている人なら誰でもわかるマスクを付けた時のあの不快なメガネの曇り!

最近はオシャレでメガネを着用する人も増えているので、マスクによるメガネの曇りに困っている人も多いと思います。

視力矯正のためにメガネを着用している人にとってはメガネが曇ると何も見えなくなってしまうので本当に困りますよね。

あの不快なメガネの曇りを何とか解消したい!

そんなマスク着用時のメガネの曇り対策をご紹介します。

スポンサードリンク

マスクをするとメガネが曇る!その対策は?

マスクを付けた時にメガネが曇ってしまう原因は、マスクの隙間から呼気が漏れてしまっているからです。

呼気には水分が多く含まれているのでメガネの隙間から呼気が漏れてしまうとメガネが曇ってしまうのです。

そのためメガネが曇る場合の対策としては、

マスクから呼気が漏れないようにする、もしくはメガネ自体に曇らないような工夫をする

このようなことをすればいいということです。

まず、マスクから呼気が漏れないようにするにはマスクと小鼻周辺に隙間がないようにする必要があります。

最近の使い捨てマスクにはほとんどワイヤーが入ってるかと思います。

そのワイヤーをしっかりと鼻の形に合わせてつけるようにして下さい。

しっかりとマスクのワイヤーを鼻の形に合わせてマスクを着用すれば呼気が漏れる事もなくなるのでメガネが曇らなくなります。

しかし、このマスクのワイヤーはかなりしっかりとした造りのものではないとなかなか鼻の形にぴったり合わせる事って難しいんですよね(^_^;)

しっかりとマスクのワイヤーを鼻の形に合わせたつもりでも、少しの隙間からでも呼気というものは漏れるのでそれだけでもメガネは曇ってしまいます。

その場合には、マスクのマイヤー周辺に厚みのある柔らかいスポンジが使われていて呼気が漏れないような仕組みになっているマスクがあります。

このようなマスクを使うとさらに呼気が漏れにくくなります。

個人的におすすめなマスクは、病院や給食センターなどの調理施設、精密機器を扱う工場などで使用されているスポンジ製のエバーマスクです。

エバーマスクは全てスポンジのような素材でできていて、耳かけ部分までマスク本体と同じスポンジ製になっているので耳も痛くならないというメリットまであります^^

スポンジ製なので通気性もいいですし、洗えば繰り返し使用できるというエコな部分まであります。

ドラッグストアやスーパーなどではなかなか見かけないので知ってる方は少ないと思いますが、個人的にはおすすめです^^

メガネ自体に曇らないような工夫をする、という方法についてはメガネ用の曇り止めを塗る曇りにくいレンズに変える、などという方法があります。

曇りにくいレンズは少し値が張ってしまいますので、金銭的に余裕があれば一度試してみるのもいいと思います^^

眼鏡が曇らないマスクの付け方は?

マスク着用時にメガネを曇らないようにするためには、マスクをしっかりと付ければメガネが曇る事を避ける事ができます。

スポンサードリンク

つまり、マスクの付け方次第でマスクの曇りを防ぐ事ができるということになります。

先程も書いた通り、マスクをしっかりと鼻の形に合わせるように付ければそこから呼気が漏れずに済むのでメガネが曇らなくなります。

マスクのワイヤー部分を鼻の形に合わせる時には、マスクのワイヤーを鼻の形に少しずつ合わせるのではなくまずはマスクを半分に折るような勢いでワイヤー部分を山折にした方がいいです。

マスクを半分に折ってからその山の頂点部分を鼻筋にしっかりと合わせてその後、小鼻周辺をワイヤーで形づける、という順序でやると鼻の形にきちんと合う様になります。

それでも、ずっと付けてると少しずつズレてきてマスクから呼気が漏れるようになってしまいますので、その都度ワイヤーを鼻の形に合わせる必要はあります。

その際、目頭を優しく押さえる感じでワイヤーを鼻の形に合わせるといい感じで合いますよ^^

しっかりと鼻の形に合わせるようにするのがなかなか難しいので元々マスクの鼻が当たる部分にスポンジが付いているものを選ぶという方法もあります。

普通のよく売っているようなマスクを使う場合には、マスクと口の間にティッシュやガーゼなどを入れると呼気から出る余分な水分を吸い取ってくれるのでメガネが曇りにくくなります。

この方法であればティッシュを変えれば少しリフレッシュもできますし、ティッシュにアロマなどを少々含ませるとリラックス効果も期待できます^^

また、医師が手術中にメガネが曇る時にする対策として、マスクのワイヤーの少し上の部分に包帯を止める時などに使う粘着力の低いテープを貼って呼気の漏れを防ぐという方法もあります。

この方法は手術をよくする外科医の方はよく使っている方法だそうです。

テープを付けるだけ、という簡単な方法なので手っ取り早くメガネの曇り対策を実施したい場合にはおすすめです。

マスク着用時の眼鏡に曇り止めは効果ある?

マスクではなく、メガネ自体に曇らないような工夫をする方法として有名なのがメガネ用の曇り止めを塗るという方法です。

メガネ用の曇り止めはメガネ屋さんや薬局などで市販されていますので手に入れやすいです。

100円ショップなどでもメガネの曇り止めは販売されてますが、私の経験上では効果が薄いような気がします。

できれば、メガネ屋さんなどの専門店などで売っているような曇り止めを利用した方が効果を十分に感じる事ができると思います。

私も今まで何点かメガネの曇り止めを使った事はありますが、やはりメガネ屋さんなどの専門店で買ったものの方が効果は高かったです。

メガネの曇り止めは、効果の高いものと効果を感じられないものなど当たり外れが激しいと感じました。

やはり、餅は餅屋ということもあるのでメガネの事はメガネ屋さんに聞くのが1番だと思いますので、近くにメガネ屋さんがある場合はおすすめの曇り止めを聞いてみるといいと思いますよ^^

まとめ

マスク着用時のメガネの曇り防止はメガネをしている人にとっては日頃から不快に思ってる事の1つにあげられることと思います。

メガネを曇らなくするためには、メガネ自体とマスク自体の両方の対策を一緒に実施すると効果が高くなります。

どちらか1つだけの対策では完璧ではないので、2つの対策を一緒にすることで効果がよくあらわれます。

風邪やインフルエンザが流行る冬や、花粉症が始まる春にマスクは必須!という人も多いと思いますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)