梅雨時期の服にカビが生えた時の対策は?部屋を湿気から守るのも大切

fuku
梅雨のジメジメした湿気で大切な洋服にカビが生えてしまったりしたことありませんか?
長い時間、クローゼットに入れたままにしていてある日その洋服を着よう♪と思ってルンルン気分で取り出してみたらカビが!
もうお気に入りの洋服にカビが生えてるなんて、それだけでそれまでのルンルン気分から思いっきり気分は最悪になりますよね。
そんな大切な服にカビが生えてしまった時の対処法、大切な服をカビから守る方法を事前に知っておけば大切な洋服を台無しにしなくてすみます。
意外に簡単なので大切な服を守る為にも大切な洋服を守る為の方法を学習しておきましょう。

スポンサードリンク

梅雨の湿気で大切な服にカビが生えた時はどうすればいい?

梅雨の湿気のせいで大切な洋服にカビが生えてしまった時、そのカビが青カビか白カビくらいならその洋服に生えたカビを洋服用ブラシなどで静かにブラッシングしましょう。

その後、ドラッグストアなどで売っているエタノールを水で10倍ほどに薄めたものを洋服にスプレーして下さい。

そしてその洋服を少し乾かし普通に洗濯して天日干しにすればOKです。
これでほぼ今までと同じようにその洋服を着る事ができます。

もし、カビ臭さがまだ残るようであれば洗濯後、天日干しを長めにするといいです。
もしくは粉末タイプの酸素系漂白剤で1時間ほど浸け置きしておくといいでしょう。

ただし、洋服がウールや絹の素材でできていた場合は液体タイプの酸素系漂白剤の方を使った方が効き目があります。

ここで注意してほしいのが、決して塩素系漂白剤を使わない事です。
塩素系漂白剤は白い素材にしか使えません。

白以外の素材の洋服に間違って使ってしまうと、その洋服の色が抜けて白くなってしまいます。

それだけでその洋服が使えなくなってしまうので間違えないようにして下さいね。

また、生えてしまったカビが黒カビだった場合は、残念ながら完璧にカビを取る事ができません。

エタノールや漂白剤を使えばカビの殺菌はできますが、黒いシミが残ってしまいます。

そのシミさえ気にしなければもちろん、その後もその服は着ることはできます。
何度も洗濯を繰り返し行えば、黒カビのシミは少しずつ薄まっていきますが完全にシミが消える事はほぼないと思っていた方がいいでしょう。

梅雨時期の湿気から服を守るカビ対策とは??

洋服をクリーニングに出して戻ってきた時に、そのままクリーニングで包装してくれたビニールのまま保管していたりしてませんか?

もし、そのように保管していた場合はその保管方法や止めて下さい。

スポンサードリンク

クリーニングの包装ビニールにはクリーニングの乾燥後の熱やドライクリーニング溶剤が洋服に残っていたりしている場合があります。
洗濯後の洋服の湿気がビニールによって通気性が悪くなり、その事によってカビが発生してしまう事がよくあります。

クリーニングから洋服が戻ってきたら、保管する時にクリーニングの包装ビニールから洋服を出し通気性のいい不織布の洋服カバーに入れて保管する事をおすすめします。

icon-arrow-right 何着もまとめて入る不織布洋服カバー

洋服を保管するクローゼットや押入れなどの場所に除湿剤と防虫剤をいれておくこともおすすめできます。

他に、新聞紙をクローゼットや押入れ、衣装ケースなどに敷いておくのもいいですよ。
新聞紙は水分を吸ってくれるので意外に使えます。
新聞紙はクローゼットだけではなく、下駄箱などにもおすすめです。
また、新聞紙を丸めて靴やバッグに入れておくだけでも湿気対策になりますよ。

梅雨時期に部屋をカビから守る事も大切

梅雨時期に洋服からカビを発生させないようにするためには、クローゼットや押入れなどの洋服の保管場所の除湿の他に部屋そのものの湿気を取り除くことも大切になってきます。

その為には、やはり湿気の原因になるものを部屋に置かない事が大切です。

洗濯物の部屋干しは特に湿気の原因になるので置かないほうがいいです。

特に北側の部屋は日当たりが悪く湿気がこもりやすいので気をつけましょう。
部屋の窓を開けて換気をしたり、こまめに掃除をするなどの対策をして下さい。
それだけでもだいぶ湿気がなくなります。

まとめ

大切な洋服をカビから守るにはやはり大切なのは湿気対策です。
カビは1度生えてしまうと、表面のカビだけを除去しても素材の中の方にカビの根っこが残ってしまいます。
黒カビだった場合はシミになってしまいなかなかシミが消えなくなってしまいます。
大切な自分の洋服を守る為にも湿気対策は万全にしておきましょう。

参考記事 icon-arrow-circle-o-right 梅雨時の畳のカビ対策と予防法は?除湿機を正しく使えば強い味方に!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)