二日酔いの頭痛や吐き気解消に効く食べ物や飲み物は?いつまで続く?

zutsuu
忘年会・新年会シーズンはお酒を飲む機会が多いですよね。

年末年始は特に1年の終わりと始まりなので気が緩みがちになりつい飲みすぎてしまう人も多いのではないでしょうか。

そして、お酒をたくさん飲んだ時に起こってしまう不快な二日酔い。

二日酔いって本当に辛いんですよね…。

できれば二日酔いは早く治したいものです。

そんな二日酔いに効く飲み物や食べ物などで早めに不快な二日酔いを解消してしまいましょう!

スポンサードリンク

二日酔いの頭痛や吐き気の解消法は?

お酒を飲んだ後の辛い二日酔い。

誰しもできれば経験したくないものですよね。

二日酔いは体の中でアルコールを分解した際に出来るアセトアルデヒドが原因で起こります。

このアセドアルデヒドが二日酔いの症状である頭痛や吐き気、嘔吐などを引き起こします。

アルコールはアルコール分解酵素で分解されますが、黄色人種である日本人には遺伝的にアルコールの分解酵素が少ないので二日酔いになりやすいと言われています。

もちろんこのアルコール分解酵素は人それぞれ違いますので、日本人みんながお酒に弱いというわけではありません。

できれば事前に二日酔いにならないように、

「飲みすぎない事」「二日酔い予防法を事前に実施しておく事」

などといった対策を取った方がいいのですがすでに二日酔いになってしまっている状況では後の祭りですよね(^_^;)

二日酔いで頭痛や吐き気などの症状が出てしまった時は、

とにかくアルコールを体内から出させる事が大事です。

体内からアルコールを早く出すには水やスポーツドリンクなどを2リットル程度を目安としてたくさん飲んで尿を出しましょう。

そして、しっかりと安静にして休息を取ってください。

これが1番効果があります。

水やスポーツドリンクを飲む際には、アセトアルデヒドの分解を助けるL-システインという成分を一緒に採るとさらに効果的です。

L-システインは体の代謝酵素の働きを活発にさせる効果がありますので二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解も助けてくれます。

他には、アルコールを分解する役目を持つ肝臓が働きやすくなるようにする為に肝臓を温めるのも効果的です。

肝臓は腹部周辺にありますので、腹部にホッカイロなどを貼って肝臓を暖かくしておきましょう。

肝臓を温めながら安静にして寝ておくといいですよ。

また、酸素不足も二日酔いの症状を加速させる原因とも言われています。

その為、酸素缶などで思い切りたくさんの酸素を吸うと二日酔いの症状が和らいだり、二日酔いが解消したりします。

私の友人がこの方法を試してみたそうですが、すごく効き目があったそうです!

酸素缶はコンビニなどでも売っていますので、二日酔いが酷い時には試してみる価値はあるのではないでしょうか^^

真偽のほどはわかりませんが、駄菓子屋さんやお祭りのおもちゃ屋さんなどで売っている拭き戻しを拭くと二日酔いに効果があるという話も聞いたことがあります。

おそらく、拭き戻しを拭く事で体の中にしっかりと酸素を取り入れるようになるからだと思われます。

自分で確かめてみたわけではないので効果の程はわかりませんが、家に拭き戻しがある場合は一度試してみるのもいいかもしれません。

二日酔いに効く食べ物や飲み物は?

二日酔いでも食欲がある場合には、二日酔いに効く食事や飲み物などを摂るといいでしょう。

スポンサードリンク

二日酔いに効く食べ物としては、果物など果糖が含まれるものが効果的です。

果物の中でもグレープフルーツやオレンジが特に効果的です。

二日酔いに効く飲み物としては、

icon-check-square-oシジミ汁、もしくはシジミのみそ汁

icon-check-square-o野菜ジュース

icon-check-square-o梅湯

icon-check-square-o栄養ドリンク(タウリン入りのもの)

このような飲み物が効果的です。

シジミは二日酔いに効くとして有名ですが、シジミには肝臓の働きを助けるタウリンが含まれているのでできれば味噌汁だけでなくシジミの身もしっかりと食べるようにするといいですよ。

梅湯はあまり有名ではありませんが、作り方はとても簡単です。

熱湯の中に梅を入れ、梅の実を種からほぐして混ぜるだけです。

作り方もとても簡単なので二日酔いで辛くても自分で作る事ができるほど作り方は簡単ですのでぜひ作ってみてくださいね。

また、上記以外の飲み物でも前項でも書いた通り、水やスポーツドリンクも二日酔い対策の飲み物として最も効果的です。

アルコールを体の中から抜く為の飲み物ですが、小まめな水分補給もとても大切ですのでしっかりと水分摂取をするようにしましょう。

二日酔いの苦しさはいつまで続く?

二日酔いの症状が辛いばかりに、この苦しさはいつまで続くんだろう…と悩みに思ってる人も多いです。

二日酔いが続く時間は、アルコールを飲んだ量や個人それぞれが持っているアルコール分解酵素の働き方によっても違います。

だいたい、早い人ではアルコールを摂取した次の日の昼過ぎくらいには二日酔いが治っている人が多いです。

二日酔いが酷い場合やアルコールに弱い人はアルコールを摂取した次の日の夕方以降まで治らないという人も多くいます。

ということで、二日酔いは遅くても次の日の夕方くらいまで二日酔いの症状が続くと見ておくといいでしょう。

水やスポーツドリンクをたくさん飲んだり、L-システインを積極的に摂るなどして二日酔い対策をした人は、夕方よりも早めに二日酔いが解消する事もあります。

やはり誰でも二日酔いの辛い症状は早く治したいと思うと思いますので、二日酔い対策をしてなるべく早く二日酔いの苦しさからさよならできるようにしておきましょう。

まとめ

二日酔いは長く続いてしまうと精神的にもあまりよくないと言われています。

二日酔いを避けるためには、前日に二日酔い対策をしっかりとしするか、もしくは二日酔いに気付いてからすぐに対処するべきです。

二日酔いに気付くのは大抵、朝目覚めた時だと思うので朝のうちに今回書いたような対策をしっかりと遂行するようにして下さい。

せっかくの楽しいお酒の場の思い出を二日酔いで嫌な思い出になってしまわないようにしっかりと対策をして下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)