ファーバッグはいつからいつまで使える?長持ちするお手入れ法とは?

fabag
秋冬によく使われるファッションアイテムとしてふわふわした素材のファーがあります。
ふわふわしたアイテムは持っているだけで女の子らしく見えたり、秋冬っぽい印象になるので秋冬のファッションをする上でとても便利なアイテムでもあります。
また可愛いだけでなく、アイテムによっては防寒対策にもなります。
ファーの中でも秋冬のファッションアイテムとして取り入れやすいものとしてはファーバッグがあげられます。
秋冬のファッションアイテムだからこそいつからいつまでファーバッグを利用できるのか知りたいですよね。
そんなファーバッグについて利用可能期間やお手入れ方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

ファーバッグはいつから使える?

ファーバッグは季節で言うと秋冬物のファッションアイテムの1つです。

その為、秋冬に使うのが1番適していると言えますが、昨今は残暑が長引いたりすることがよくあるのでいつからファーバッグを使ってもおかしくないのか?という疑問が湧き上がる事がよくあるのではないでしょうか。

その年によって気候が違うので一概には言えませんが、11月くらいから使うのが1番無難です。

特にコートを着る時期であれば間違いはなく、住んでる地域によっても気温が違うので多少異なりますが暦でいえば10月~2月の間です。

しかし、秋冬ファッションを早く楽しみたいというような場合には9月くらいから使ってもおかしくはありません

ただし、9月からファーアイテムを使い始めたい場合には軽い色のファーのアイテムを選んだり、たくさんファーを使っているようなアイテムは避けた方がいいでしょう。

最近の気候は9月でもまだまだ暑い時はありますので、気温が高い時など暑い日は避けた方が無難ではあります。

10月になると衣替えの季節になりますので、気温などを特に気にせずにファーバッグやファーアイテムを使えるようになります。

この時期の夜はもう大分涼しくなっている頃なので、夜ならもっと気にせずにファーバッグなど使えるようになるのではないでしょうか。

しかし、シーズンレスファーという季節をまたぎ季節を越えるファッションスタイルもありますのでその場合にファーバッグやファーアイテムを使う場合には季節を気にせずにファーファッションを楽しみましょう。

スポンサードリンク

ファーのバッグはいつまで使える?

ファッションアイテムとしてファーが適している期間は秋冬ですので、いつまでファーが使えるかと言えば2月くらいまででしょう。

冬の厚手のコートもほとんど2月までで、3月になると多少薄手のコートになる事が多いのではないでしょうか。

こちらも住んでいる地域の気温にもよるので一概には言えませんが2月くらいまで無難です。

もちろん北海道や東北などの比較的寒い地域であれば3月に入ってからファーバッグやファーアイテムを使ってもOKでしょう。

しかし、3月に入ると季節で言えば春の仲間入りです。

まだ肌寒い気温だったとしても春という季節に足を1歩踏みいれたという感じですので、黒などの重い色のファーは避け淡い色やピンクなどの軽い色、または春らしい色のファーを使うとファッション的にも春らしくなりおすすめです。

ファーバッグが長持ちするお手入れ法とは?

ファーはファーの種類にもよりますが、ファーの中でもラビットファーは3年ほどしか風合いが保てません。

しかし、お気に入りのファーアイテムであればあるほど少しでも長持ちさせたいですよね。

長持ちさせる方法としては、着用後のお手入れをきちんとすることです。

ナイロン毛以外のブラシでファーの毛並みに沿ってブラッシングするといいでしょう。

もし汚れがついてしまった場合には、中性洗剤を水で薄めたものを染み込ませた布でファーの毛並みにに沿って汚れを拭き取ります。

その後、リンスを水で薄めたものを染み込ませた布で同じようにすると多少、毛並みのふわふわ感が戻ります。

また、ベビーパウダーでお手入れする方法もあります。

ベビーパウダーをファーの30㎝程度上から軽く振り、手で軽く揉みファーになじませます。
その状態で30分程度置いてから、ファーを逆さまにしてベビーパウダーをよく振り落とします。
これだけでファーがベビーパウダーにより毛が保護されますし、汚れ防止にもなります。

どうしても洗いたい場合には、ぬるいお湯で、つけ置きし、押し洗いをして下さい。

この時、絶対にこすって洗わないようにしましょう。

そして乾かす時も暖房器具や日光、ドライヤーや乾燥機などを使用しないようにして下さい。

ファーは急激な温度変化に弱いので変色したりファーを痛める事になります。
必ず数時間日陰干しにして乾かすようにして下さい。

しかし、頑固な汚れだったりした場合にはやはり洗濯のプロであるクリーニング店に任せるのが1番です。

自分の手で洗うのにも限界がありますし、失敗する可能性も高くなります。

せっかくのお気に入りのファーアイテムを自分の洗濯方法によりダメにしてしまうよりは、プロのクリーニング店に任せてしまった方が長持ちする場合もありますのでこれも1つの選択肢に入れておきましょう。

まとめ

ファーのアイテムを1つ身に付けておくだけでぐっと秋冬のファッションになっておしゃれになりますし可愛さも増します。
ファーのお手入れは少々大変ではありますが、きちんと手入れすれば長持ちさせることも可能になります。
せっかく気に入って買ったファーアイテムですからきちんと手入れして長く使ってあげて下さいね^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)