カシミヤにできた毛玉の取り方と防止方法は?手入れに適したブラシは?

knit
暖かくて手触りもいいカシミヤ製品は寒い冬にピッタリの素材ですよね。

カシミヤ製品は高価なもの多いので、購入したら大切に使いたいものです。

しかし、いくら毛玉ができにくいと言われる天然繊維のカシミヤ製品でも長く使い続けていると例え大切に丁寧に使っていたとしても毛玉などができてしまいます。

大切なカシミヤ製品を長く使う為にもカシミヤの毛玉の取り方や予防方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

カシミヤ製品にできた毛玉の取り方は?

カシミヤはカシミヤ山羊の毛の天然繊維なので繊細であり、毛の細さも極細にできています。

カシミヤ製品に毛玉ができてしまった場合は、出来るだけ人間の手で取り除くのが1番です。

よく切れる刃先の小さなハサミで慎重に1つずつ毛玉をカットして下さい。

眉毛を整える為のハサミなどは刃先も小さいので毛玉を捕らえやすく使いやすいと思います。

どうしてもハサミがない場合はよく切れるカミソリでもOKです。

ポイントは、よく切れるハサミ、もしくはよく切れるカミソリを使う、というところです。

乱暴に扱ったり、あまり切れないハサミやカミソリでカットしようとするとカシミヤの糸自身が切れてしまい生地自体を痛める事になってしまいます。

きちんと切れるハサミやカミソリを使用して毛玉をカットするようにして下さい。

また、毛玉取り器などの電動の道具も販売されていますがカシミヤに出来た毛玉に関してはあまり使用はおすすめできません。

毛玉取り器に付いてる刃の切れ味が悪かったり、電動式なので刃の回転が遅かったりすると毛玉の繊維をキレイに断ち切れない事が多いのでカシミヤ生地自体を傷めてしまいます。

また繊維がキレイに切れずに刃の回転部分に巻き込んでしまう場合もあります。

どうしても毛玉取り器を使いたい場合は、よく切れる刃がついていて高回転のものを選ぶようにしましょう。

また、充電式や電池式のものだと電力が弱く回転が遅くなってしまう場合があるので、できればアダプタが付いているコード式のものを選ぶようにするとさらにいいです。

カシミヤは先程も言いました通り、極細繊維なのであまり頻繁に毛玉の処理をすると今度は形が崩れやすくなってしまいます。

加減が難しいところではありますが、あまり頻繁に毛玉処理をせずにある程度、間隔を空けてから処理をするようにしましょう。

カシミヤ製品に毛玉をできにくくさせる防止方法は?

カシミヤの毛玉はよく切れるハサミやカミソリを使ってカットすれば毛玉を一時的に無くすことはできます。

しかし、何度も頻繁に毛玉のカットをしていると今度は形が崩れやすくなってしまいます。

頻繁に毛玉処理をしないようにするためには、毛玉をなるべく作らないようにする防止方法を実施しておけば問題が解決します。

毛玉が発生する原因は摩擦です。

摩擦を発生させなければ毛玉は出来にくくなるということになります。

しかし、着用していて摩擦を発生させないということは難しいですよね。

腕を動かすだけでも腕と脇周辺に摩擦は発生しますし、寝転がったり、椅子に寄りかかるだけでも摩擦は発生します。

リュックやショルダーバック、斜めがけバックを使っても摩擦が発生します。

スポンサードリンク

そのような摩擦を発生させない為には上記のような姿勢を避けたり、荷物を持つ時は手で持つなど、摩擦が大きくなる行動を出来るだけ避ける事が大事なポイントになります。

しかし、カシミヤ製品を着用していて完全に摩擦を無くすことは難しいですよね。

そんな時には、静電気防止スプレーを使用して服のすべりをよくし摩擦を少なくするという方法もあります。

カシミヤ生地の上に薄いハンカチなどを置き、その上から静電気防止スプレーをするとすべりがよくなって毛玉ができにくくなる傾向があります。

嫌な冬の静電気対策にもなります^^

長時間の着用や毎日連続しての着用も毛玉の発生や型崩れの原因になります。

出来るだけ毎日着用することを避け、ローテーションを組んで着用するようにしましょう。

また、毛玉は繊維の毛先が絡まってできます。

なので、早めに専用のブラシでブラッシングをする事で繊維の毛先が絡まることを防ぎ、毛玉発生の予防になります。

こまめにブラッシングをすれば汚れやホコリを落とす事もでき毛玉を防ぐことにもなりますで、着用後には専用ブラシでブラッシングすることをおすすめします。

カシミヤ製品にできる毛玉防止に最適なブラシは?

カシミヤ製品の着用後にこまめに専用ブラシでブラッシングをする事で毛玉の発生を少なくする事ができます。

その専用ブラシはどんなものでもOKというわけではありません。

カシミヤは繊細な天然繊維ですので、合成繊維の毛でできたブラシはあまり使わない事をおすすめします。

合成繊維でできたブラシを使用すると静電気が発生しやすくなってしまいます。

静電気は摩擦や生地の裂傷につながりますし、ホコリや汚れの発生原因にもなり得ますのでカシミヤの生地を傷めてしまいます。

また、豚毛でできたブラシもあまりおすすめはできません。

合成繊維、豚毛などでできたブラシは避けた方がいいでしょう。

カシミヤ生地に適したブラシは柔らかな天然繊維のブラシがおすすめです。

馬毛や猪毛など柔らかい毛のブラシがいいですね^^

特に、老舗の浅草アートブラシ社の毛玉取りブラシがおすすめです。

少々の毛玉であればこのブラシでブラッシングするだけで毛玉がキレイになりますし、毛羽立ちもなくなります。

また、化粧のチーク用のブラシや毛筆用の筆などでも汚れやホコリなどが落ちやすいですし毛並みを整えることもできます。

ブラッシングする際は、なるべく生地の目に沿って優しくブラッシングするようにするとキレイになり風合いも手触りもよくなります^^

そして、サーッと一気に長い距離をブラッシングするよりは短い距離を少しずつサッ、サッとブラッシングすると、なおよくなりますよ^^

まとめ

繊維に関係なく毛糸を編んだものであればどれでも毛玉は発生するものですが、対策次第は毛玉を発生させにくくする事はできます。

完全に毛玉をなくすことは難しいですが、暖かく手触りのいいカシミヤのお手入れをしっかりとし大切なカシミヤが長く使えるようになるといいですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)