窓の結露対策と水滴の便利な取り方とカーテンの効果は?

ketsuro
寒くなる冬、暖房を使い出すと発生しやすくなる結露。

窓に結露によってできた水滴がびっしりとついている光景が毎年のように見られるご家庭も多いのではないでしょうか。

結露をほっておくとカビができやすくなるし、最悪の場合窓枠やサッシなどが腐ってしまう場合もある厄介な結露。

それほど厄介な結露ですができれば、家や窓を治すなどというおおごとにすることなく手軽に結露対策をしたいですよね。

そんな厄介な窓の結露対策で手軽にできる対策などをご紹介します。

スポンサードリンク

窓の結露で手軽にできる対策は?

窓に結露ができるのは簡単に言えば、

窓に結露ができるスピードよりも結露した水分の蒸発するスピードが遅いためです。

冬は外が寒く、家の中は暖かい状態が多いためにどうしても結露ができやすい状況になってしまいます。

かと言って、家の中の湿度を下げすぎ乾燥させてしまっては今度は風邪やインフルエンザにかかりやすい状況下になってしまいとてもバランスが難しいところでもあります。

しかし、結露をほっておくわけにもいきませんよね。

結露によってカビが発生したり、窓枠などが腐ってしまっては大変です。

窓にできる結露に対して手軽にできる対策は、意外にいろいろあるんですよ。

icon-check-square-o換気をしっかりとする。
icon-arrow-right窓を開けて換気をするのももちろんOKですが、換気扇を使うのもいい方法です。
換気扇をまわせば外の空気と家の中の空気を入れ替える事ができるので、多少冬の寒さを防ぐ事もできます。
換気扇を使う場合には、換気ファンに埃が溜まっていたりしないか確認してくださいね。
換気ファンに埃が溜まっているときちんとした換気ができませんので、換気ファンが汚れていたら丁寧に掃除をしてから使うようにして下さい。

icon-check-square-o室温と湿度を見直す
icon-arrow-right結露対策には湿度や室温対策も大切になってきます。
エコカラットという壁紙の上からも貼れる部屋の湿度や室温を快適に保つようにしてくれる壁紙を使用すると便利です。
壁紙と言っても壁紙の上から簡単に貼れますし、簡単にはがす事もできます。
また、除湿機を使ってしまうのもいいでしょう。
除湿機を使うとびっくりするくらい水が取れるので湿度対策には便利ですよ。

icon-check-square-o空気の流れをよくする
icon-arrow-right換気にもつながりますが、空気の逃げ場がなくなると隅に湿気が溜まりやすくなり結露の原因になりかねません。
換気扇がない場合は、扇風機やサーキュレーターなどを使って家の中の空気の流れをよくするのも1つの手です。

icon-check-square-o石油ストーブ類は使用しない
icon-arrow-rightガスや石油ストーブを使うと結露ができやすくなります。
結露が避けられないと言っても過言ではありません。
窓の結露が酷い部屋だけでもエアコンを使うなど工夫するといいでしょう。

以上のようなことがあげられます。

あまり難しくないことばかりですよね。

除湿機は、排気の空気が暖かいので多少ではありますが部屋を温めてくれる事もあります。

除湿機で取れた水分などはトイレに使う事ができますので、エコにもつながります。

また、窓の結露を防ぐための窓下ヒーターというものもあり、これもとてもおすすめできます。

窓際を温めると外からの冷気をシャットアウトし、結露防止に効果がありますので結露に毎年悩まされて困っている人は窓下ヒーターを使ってみるのもおすすめです。

冬なのに窓に結露が発生していないお店ってたまにありますよね?

そのようなお店は、このような窓下ヒーターなどを使って結露を防止している場合が多いようです。

結露対策にもなりヒーターなので、暖房にもなるので寒い冬にはピッタリですよ^^

スポンサードリンク

窓にできた結露の便利な取り方は?

窓にできた水滴はそのままにしておくとカビや腐れの原因にもなってしまいますので水滴は取っておかないといけません。

1番手軽な方法はやはり雑巾やタオルなどで直接窓にできた水滴を拭くことですが、雑巾を使ってしまうと含んだ水分を絞る必要があります。

ですが、ここで水受けのような容器が付いているスクイージーを使うと雑巾のように絞る必要もなく、取った水滴は水受けに溜まるのでそのまま溜まった水を捨てればいいだけでOKなのでとても便利です。

値段も比較的手頃ですし、雑巾よりも面白いくらいにしっかりと水滴が取れます。

また、結露用の窓ふきウェットシートで窓を拭くと数日間は結露による水だれを防ぐ事ができるようになります。

水滴はできてしまうのですが、その水滴がたれなくなるので窓のサッシなどに水が溜まるような事が少なくなりますので水滴がたくさんできてしまう窓の場合にはおすすめです。

最近はいろいろな手軽にできる結露対策商品が出ていますので、このような商品に頼ってみるのもいいと思いますよ^^

窓の結露対策でカーテンは効果ある?

たいていのお家では窓の近くにカーテンはあるのではないでしょうか。

そのカーテンを上手に使う事ができれば、ある程度の結露対策にはなります。

カーテンを厚手にし、窓の周りに上下左右全ての壁と窓全体という窓側の壁を含めて全てをカーテンでカバーし、室内の空気を窓側に循環させないようにします。

そうすれば、カーテンと窓の間の空気に含まれている水分は結露になってしまいますがその後、空気の循環さえなければ結露にはなりにくくなります。

しかしこれはそれぞれの家の構造や湿度や室温の条件にもよりますので、全ての家で効果があるというわけではありません。

また、カーテンだけで窓と部屋とを密閉する事は現実的に考えると難しいというのもあり、必ず効果があるというわけでもありません。

試してみる価値はある、というような程度ですので厚手で窓側全ての壁を覆うくらいの大きさのカーテンをお持ちであればチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

結露は完全になくす事はなかなか難しいですが、対策次第ではかなり緩和する事ができます。

換気扇をずっとまわしていたら結露とは無縁の生活を送れた、という話もよく聞きますので自分なりにできる結露対策をしてみてください。

結露の悩みが少しでも軽減するといいですね^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)