日焼けの赤みを抑え皮むけを治す方法は?焼けた肌に良い食べ物とは?

shimi
紫外線の強い季節に日焼け止めをばっちり塗ったり、日傘をさしたりなど
万全の日焼け対策をしていても、うっかり日焼けをしてしてしまった!なんてことはありませんか?
日焼けはきちんとケアしないと後々にシミやそばかす、シワに悩むことになります。
しかし、きちんとアフターケアをすれば肌老化を防ぐ事は可能です。
その為にも日頃からしっかり日焼けのアフターケアを行いましょう。

スポンサードリンク

日焼けでできた赤みをを抑える方法は?

日焼けは一種のヤケドですから日焼けで赤くなったらまず日焼けした部分を冷やして下さい。

その後、日焼けしたところに冷蔵庫で冷やしておいた化粧水をケチらずにたくさんの量をコットンに染み込ませ、日焼けしたところを優しく撫でるような感じで保湿をして下さい。

化粧水をたくさん染み込ませたコットンやパックを顔に乗せて数分放置しておく、というような方法もおすすめです。

また、赤みと一緒にほてりを感じられる場合はアロエ成分が配合されているローション、又はジェル状の化粧水を日焼けしたところにたっぷり塗って下さい。
アロエはヤケドにとてもいいとされています。
私も小さい時にヤケドした時には庭にあったアロエの茎を折った部分から出る汁を祖母に塗ってもらった覚えがあります^^
アロエを塗るとすぐに赤みが取れる、というものではありませんが赤みには効果的です。

また、日焼け直後は肌はとてもデリケートになっています。
その状態で化粧水をつけたコットンで何度も何度もパッティングしてしまうと、肌表面に細かい傷がつき、肌自体が持っているバリア機能が低下してしまう可能性があります。
それにより肌の内側の水分が、どんどん外へ蒸発してしまいせっかくの保湿ケアが台無しになってしまいます。

日焼け直後の肌には「優しくたっぷり保湿」が鉄則です。

日焼け後にできる皮むけのケア方法は?

日焼けをすると数日後に皮がむけてくる現象が起こると思います。

この皮ってけっこう気になりますよね^^;
気になるのはわかりますが、
これは絶対に自分でむいたり、無理矢理はがしたりしないで下さい。
必ず自然にはがれ落ちるのを待ちましょう。

皮がむけるということは日焼けによって皮膚の表面の細胞が死んでしまったカスということです。
その皮の下には新しい皮膚の細胞が再生しようとしています。

無理矢理その皮をはがしてしまうと、皮膚が完全に再生しきっていないのでせっかく再生しかけた皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりして日焼け直後のような肌に逆戻りしてしまいます。

焼けた肌は極端に乾燥しているのでカサカサになっていると思います。
皮がむけた時の対処方法も日焼け後の赤みを抑える方法と同じように化粧水をたっぷりとつけ十分に保湿して下さい。
化粧水だけだとすぐに蒸発してしまうので、肌の水分量を保持するためにも乳液やクリームでも保湿すると効果が高まりますのでおすすめです。
乾燥を感じたらマメに保湿すると新しい皮膚が再生されるのが早まります。

また、日焼けして数日以上経っている場合、夜のお手入れとして、肌の角質を取ってくれるフルーツ酸などが入った化粧水をコットンにたっぷりと含ませ優しく拭きとるのも肌再生が早まりやすくなるのでおすすめです。

スポンサードリンク

日焼け後の肌に良い食べ物とは?

体の外側(肌表面)からのケアも大切ですが、体の内側からのケアも大切です。
日焼けに効く栄養素や食べ物を摂取すれば、日焼けからの回復も早くなりシミやそばかすなどを防ぐことにもなります。

ビタミンC
紫外線によって増えるメラニンの生成を抑える働きがあり、
シミやそばかすに効果があります。
ビタミンCを多く含む食材は、レモンやグレープフルーツ、オレンジなどの果物や
かぼちゃ、トマト、にんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜などがあげられます。
ただし、ビタミンCは水溶性のため一度にたくさんの量を摂取しても
すぐに排出されてしまいますので、1日1000mgを目安に少しずつ時間をかけて
摂取するのが効果的です。
ビタミンEと一緒に摂取すると効果が高まります。

ビタミンE
ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると日焼けの肌の回復効果がよくなり、
シミやそばかすになりにくくなります。
ビタミンEを含む食材は、アボカドや大豆、ゴマ、ナッツ類、うなぎや海苔などがあげられます。

β-カロチン
紫外線により発生した活性酸素を抑えてくれる働きがあり、
細胞を守る効果や免疫を強くする効果があります。
β-カロチンを多く含む食材はにんじんやかぼちゃ、ピーマン、
ほうれん草などの緑黄色野菜などがあげられます。
また、β-カロテンは油脂と一緒に食べると吸収が良くなる為、
効率良くとるには油脂を使った調理方法が効果的です。

たんぱく質
肌を作る栄養素の1つなので、これをしっかり摂らない事には肌が再生できませんので
しっかり摂りましょう。
たんぱく質を多く含む食材は肉、魚、大豆食品などがあげられます。

これらの栄養素を食材から摂るのが1番理想的ではありますが、なかなか難しいという事もあるのでその場合はサプリメントから摂るというのも1つの方法です。

まとめ

お肌は約28日周期で入れ替わります。
毎日体の外側からと内側の両方からきちんとケアをすると肌はそれに答え1ヶ月後にはキレイな肌に戻っているはずです。
すぐに効果が表れないからといって諦めずに焦らずゆっくりと肌をケアして下さいね。

シミ・シワに効果抜群のローズヒップオイルの効果はこちら↓を参考にして下さい。
参考記事⇒ローズヒップオイルのすごい美肌効果とは?使い方と酸化防止方法は?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)