膝の黒ずみの原因と治す方法と予防方法とは?

hiza
夏になると肌を出す洋服を着る機会が増えますよね。
肌を出す機会が増えると気になるのが、肌の黒ずみ。
特に膝の黒ずみって気になりますよね。
女性はスカートやショートパンツを履く機会も多いので、膝の黒ずみは特に気になるのではないでしょうか。
いつ膝を出しても恥ずかしくないように黒ずみを治す方法を覚えて対処しておきましょう。

スポンサードリンク

膝の黒ずみの原因とは?

膝の黒ずみの原因の1つは摩擦です。

立ち膝やお風呂で体を洗う時に使うナイロンタオルでゴシゴシと洗ってしまうなどで膝に過剰な刺激を受け続ける事で、メラノサイトという成分が活性化してしまいます。

そのメラノサイトの活性化によってメラニン色素を大量に分泌して肌を守ろうとし黒ずみを発生させる原因になってしまいます。

つまり、黒ずみは色素沈着している状態ということになります。

また、刺激を受け続ける事によって肌の新陳代謝が遅くなり角質が厚くなってしまっている事も黒ずみの原因になっています。

ピッタリとしたスキニージーンズなども、常に膝に摩擦がかかっていることになり黒ずみの原因になるので気をつけて下さいね。

膝の黒ずみを治す方法は?

体を洗う時はナイロンタオルなどでゴシゴシと強く洗わず、石鹸をモコモコな泡になるまで泡立てて優しく洗いましょう。

ゴシゴシ洗うと余計に黒ずんでしまうので、優しく洗って下さいね。

スポンサードリンク

さらに、摩擦により色素沈着や角質が厚くなっていますので週に何回かはスクラブやゴマージュで古い角質を落としましょう。

古い角質が落ちて肌がつるつるになります。

スクラブやゴマージュにより肌が柔らかくなったら、しっかり保湿をしましょう。

特にお風呂上がりなら血行も良くなっているのでしっかり保湿をすることによって、保湿剤が肌に浸透しやすくなります。

保湿剤の他に、特に美白美容液などを塗るとさらに効果がアップしますよ。

また、時間があれば膝をマッサージすることもおすすめです。

膝が硬くなると黒ずみが悪くなりやすいので、マッサージで肌を柔らかくしておくと黒ずみが悪化しにくくなりますし、保湿剤なども浸透しやすくなるのでおすすめです。

また、黒ずみ対策専用のクリームを使うという方法もあります。

この黒ずみ対策専用のクリームを使えば、黒ずみ対策専用に作っているだけあって膝の黒ずみを早く治す事ができます。

ひざ下の黒ずみケアに薬用美白濃密クリーム/LusTer

このクリームは膝の黒ずみだけではなく、肘やすね、くるぶしなどのあらゆる全身に使う事ができます。

さらには、黒ずみだけではなく女性の悩みに多いむくみやたるみなどにも効果があるという女性にはとても嬉しい効果まであります。

無添加でお肌に優しい成分で作られているので敏感肌の方でも安心です。

本格的に黒ずみを解消したい場合にはこのような専用クリームを使うこともおすすめです。

膝の黒ずみの予防方法は?

とにかく、膝に摩擦や圧力を加えない事が大切です。

少しの距離だけだから…という理由で安易に立ち膝などで移動しないようにしましょう。

めんどくさいかもしれませんが、膝で歩かずきちんと立って移動するようにしましょう。

お風呂で体を洗う場合も、ナイロンタオルでゴシゴシと強く洗わないようしましょう。

体を洗うタオルもできれば絹などの柔らかいタオルを使う事をおすすめします。

膝を洗う場合も優しく円を描くようにクルクルと優しく洗いましょう。

顔のお手入れをした際のコットンや手に残った化粧水でいいので、毎日その残った化粧水で膝を保湿しておくのもおすすめです。

肌を柔らかくしておけば肌への摩擦も弱くなるので黒ずみの予防になります。

まとめ

膝の黒ずみはスカートを履くと意外に目立ちますし、スカートやショートパンツを履く機会の多い女性はどうしても気になってしまいますよね。
膝は体の中でも脂肪が少ない場所なので、立ち膝をしてしまうと特に摩擦を強く受けてしまいます。
立ち膝をしない、ゴシゴシ洗わない、という簡単な予防方法を実行するだけで黒ずみは防げますし、きちんと保湿や角質を落としておけばだんだんと黒ずみもなくなってきます。
黒ずみを解消して思う存分スカートやショートパンツを履いておしゃれを楽しみましょう^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)