日焼け止めの敏感肌用でおすすめは?肌荒れする原因と治す方法は?

sky1

毎年5月くらいから紫外線量が増えてきます。
紫外線量が増え、日焼けをしたくない女子には必須とも言えるのが日焼け止めです。

しかし、敏感肌の人にとって女子必須とも言える日焼け止めを選ぶのは本当に一苦労ですよね。
敏感肌の人の中には日焼け止めを塗ると肌がかぶれるから、という理由で日焼け止めを塗る事に抵抗がある方もいると思います。
確かに肌を守る為に塗った日焼け止めで、肌荒れを起こしてしまっては全く意味がありませんよね。

そんな敏感肌の人にも安心して使用できるおすすめの日焼け止めとはどんなものか?
どうして日焼け止めを使用すると肌荒れしてしまうのか?
その原因と敏感肌に対する日焼け止め対策を知り、敏感肌でもできる万全の紫外線対策をしましょう。

スポンサードリンク

日焼け止めの敏感肌用でおすすめのものとは?

敏感肌の人はそれ以外の肌の人に比べると少しの刺激で肌が敏感に反応してしまい、肌がかぶれたり湿疹がでたりなどの肌荒れを起こしてしまうので、どんな日焼け止めを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そんな敏感肌の人は肌に優しく刺激の少ない日焼け止めを選ぶ必要があります。

肌に優しく刺激の少ない日焼け止めのポイントは、

・ノンケミカル、紫外線吸収剤が入っていない
・アルコールフリー
・あまりSPF数値が高くないもの
・石鹸で日焼け止めを落とせるもの

このようなポイントを含んでいる日焼け止めを選ぶ事をおすすめします。

ノンケミカルという紫外線吸収剤が入っていないものは、肌に低刺激です。
紫外線吸収剤というのは化学物質の1つで、紫外線を受ける事によって肌の上で化学反応が起きそれが肌への刺激になっています。
ノンケミカルの日焼け止めは、化学物質の1つである紫外線吸収剤に代わり紫外線反射材というものを入れています。
この紫外線反射材は、言葉の通りこの成分が鏡のように紫外線を跳ね返します。
紫外線吸収剤のように肌の上で化学反応が起きたりすることがないので、紫外線反射材の方が肌に低刺激で優しいとされています。
敏感肌の人はこの紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めをおすすめします。

SPF数値は普段使いであればそんなに高いSPF数値の日焼け止めは必要ありません。
あまり高いSPF数値の日焼け止めを使ってしまうと日焼け止めがなかなか肌からはがれず肌に負担になってしまうのです。
普段の生活の中で使うのであればSPF20もあれば十分ですし、肌にも負担が少なくなります。

アルコールはさらっとした付け心地を感じる事ができますが、その分乾燥してしまいます。
敏感肌の人には乾燥は大敵です。
乾燥する事によって様々な肌への弊害が現れますので、敏感肌の人には避けていただきたいです。

さらに、日焼け止めは石鹸で落とせるものがおすすめです。。
石鹸で落とせるという事はそれだけ肌に優しいということを指していますので敏感肌の人には最適です。

日焼け止めのパッケージや成分表示を見ると難しい成分名がたくさん書かれていてわかりづらい場合があります。

ですが、最近ではパッケージに「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤不使用」とわかりやすく明記されているものもあります。
そういう製品をドラッグストアなどで実際に自分の手に取って試してみるのもいいかもしれません。
実際に自分で手に取って試してみたことによってわかることもありますからので、気になった製品があった時は
ぜひ自分の手触っていろいろと確かめてみてくださいね。

今上げた事に注意して日焼け止めを選べば、限りなく低刺激の日焼け止めを見つけることができ敏感肌の人でも安心して利用することができる日焼け止めを見つける事が出来ます。

日焼け止めで肌荒れをしてしまう原因とは?

日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう要因は様々あります。

・ノンケミカル、紫外線吸収剤が入っていない
・アルコールフリー
・あまりSPF数値が高くないもの
・石鹸で日焼け止めを落とせるもの

などです。

中でもノンケミカル、紫外線吸収剤は肌荒れを起こしてしまう原因の1つです。

ノンケミカル、紫外線吸収剤とは何なのか?

紫外線吸収剤とノンケミカルは同じものを指しています。

  • ケミカル→紫外線吸収剤が入っている
  • ノンケミカル→紫外線吸収剤が入っていない

ということです。

スポンサードリンク

この紫外線吸収剤というのは紫外線をエネルギーに変えて肌の外に放出する為、紫外線をカットする効果が高いです。
ですが、このエネルギーに変える際に肌の上で化学反応を起こすので肌に刺激となってしまいます。
ノンケミカルの日焼け止めというのはこの紫外線吸収剤を使用していません。
その為、肌に優しいと言われています。

アルコールは肌の乾燥を引き起こします。
乾燥することにより肌のバリア機能が低くなり、自分で肌を守ろうとする機能が弱まってしまいます。

紫外線吸収剤も入っており、さらにアルコールも入っている日焼け止めを使うという事は、
アルコールで乾燥を促し肌のバリア機能を低下させ、紫外線吸収剤の化学反応によりさらに肌に刺激を与えてしまうという
敏感肌の人にはとても肌に悪い事をしていることになります。

無駄にSPF数値が高い日焼け止めも肌荒れの原因の1つになります。
SPFが高ければ高いほど紫外線から肌を守る力は強くなりますが、その分肌を強力に守っているためその日焼け止めが肌から
落ちにくくなり肌への負担が多くなります。
その為に肌荒れを起こしている原因の1つにもなっています。

日焼け止めでの肌荒れを治す方法とは?

まず、刺激の強い日焼け止めは使わないという事です。
それだけでも肌荒れを起こす可能性は低くなってくるはずです。

そして、日焼け止めは石鹸で落とせるものだけを使って欲しいですが、
できれば石鹸で落とせると言われている日焼け止めでも、日焼け止め専用のクレンジングを使って落とすことをおすすめしています。
やはり日焼け止め専用のクレンジングを使うと、しっかりと日焼け止めを落とす事ができますし落とし残しも石鹸だけに比べると少なくなります。
しっかり日焼け止めを落とすことによって、その後のお肌のケアので使う化粧水や美容液などの成分がしっかりと肌に浸透しやすくなり、肌の回復も早くなります。

日焼け止めをキレイに落としきれずに肌荒れを起こしてしまう、という場合が意外に多いのです。
石鹸で落ちると書かれているから、と安心せず敏感肌の人は特に日焼け止め専用のクレンジングを使い日焼け止めをキレイに
落としてからお肌のお手入れや就寝することをおすすめします。

さらに、日焼け止めを落としてからの保湿も大事です。
何事も事後のケアは大事です。
例え日焼け止めを使いその日に肌荒れが起きてしまったとしても、その後の肌の保湿ケアをしっかりすれば数日後には
肌荒れが治っていたり、最悪な状態の肌荒れになることも避けられます。

まとめ

紫外線を防ぐ為には日焼け止めは必要です。
いろいろな種類の日焼け止めが発売されていますが、敏感肌の人は特に肌に優しく低刺激のものを選ぶ必要があります。
日常生活で使うのであればSPF20もあれば十分ですので、過度にSPF数値が高い日焼け止めを使う必要はありません。
日焼け止めを使った後はきちんと専用のクレンジングで落とし、その後の保湿ケアもしっかりとしましょう。
それだけでもお肌の調子は違ってくるはずです。

何より過度な心配もストレスになり、肌の負担になりますので日傘や帽子、アームカバーなどを併用し紫外線対策をして
日焼け止めに頼りすぎない生活をすることでストレスを軽減することも大切です。

また、あまりに肌荒れの症状が酷くなった場合には躊躇せず病院で医師に診断してもらいましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)