背中ニキビの原因と治し方とは?予防法は?

women_senaka
夏は肌を露出する機会が増えてくる季節でもありますよね。
特に自分では見えない背中は気になりますし、注意すべき場所でもあります。
そんな背中にできるニキビってなかなか治りませんよね。
特に女性は背中が開いたデザインの服を着る機会も多いので背中にニキビがあったりすると気になりますよね。
そんな普段なかなか目につかないけどとても気になる背中ニキビへの対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

背中ニキビの原因とは?

普段なかなか自分では見る事ができない背中。

そんな背中にできるニキビの原因は様々あります。

ストレス、食事、肌質、不衛生…

顔と同じでストレスにより背中にニキビができることもあります。

ストレスにより血流が悪くなり、男性ホルモンが多く分泌され過剰な皮脂が出てしまいそれがニキビの原因になってしまうのです。

食事も糖分や脂肪分の多い物をたくさん食べるとニキビにできやすくなります。

背中は自分ではなかなかケアをしにくいということもあり、日焼け止めが塗れずに日焼けをしてしまいそれが原因でニキビができてしまうこともあります。

日焼けは皮膚の角質を硬く厚くしてしまいます。

特に夏は紫外線が強い時期でもあり、背中を出すような服を着ていると日焼けしやすくなるので気をつける必要があります。

この中でも、背中を不衛生にすることによりニキビができることがよくあります。

自分は毎日キレイにしているつもりでも自分でも知らないうちに不衛生になってることがあります。

例えば、寝汗です。

人は寝ているうちにコップ数杯分の汗をかくと言われています。

特に仰向けで寝ている人は背中が蒸れますので背中に1番汗をかきやすくなります。

この汗が原因でニキビができる事もあります。

また、シャンプーやリンス、ヘアワックスなどの整髪料が原因の事もよくあります。

自分ではシャンプーやリンスを毎日きちんと洗い流しているつもりでも、意外に洗い残しがあったり髪の毛が背中に触れることにより髪の毛から背中にシャンプーやリンスが付着してしまう事もあります。

それに洗う順番でも背中にシャンプーやリンスが付く確率が高くなります。

髪の毛を洗うより先に体を洗ってしまうと、シャンプーやリンス時に背中についてしまったものを洗い流すチャンスがなくなってしまいます。

こういった些細な事でも背中が不衛生な状態になってしまい、背中のニキビの原因になってしまう事があるので注意が必要です。

背中ニキビの治し方とは?

背中のニキビを治すには、

icon-checkストレスをコントロールする
icon-check栄養バランスの整った食事をする
icon-check背中を清潔に保つ
icon-check紫外線から肌を守る

と言った事をする必要があります。

先程も言いました通り、背中を清潔に保つ事が大事になってきます。

まずは、シャンプーやリンスの洗い残しを無くすためにしっかり洗髪しましょう。

そして、今まで体から洗っていた場合は洗う順番を変更してみましょう。

まずは頭を洗い、体を洗い、顔を洗うといったような順番で洗うようにしましょう。

この背中を流す際は、なるべく優しく洗うようにして下さい。
ゴシゴシ強く洗う事はしないようにして下さいね。

このように洗えば、背中についたシャンプーを洗い流す事ができるので背中を清潔に保つ事ができます。

そして、シャンプーやリンスが肌に合ってないという事も考えられますので、無添加のものに変更するのもおすすめです。

スポンサードリンク

また、背中や体に汗をかいた時はマメに汗を拭きとったりシャツを交換したりしてなるべく肌を清潔に保つ事を心がけて下さい。

これだけでも大分違います。

さらに、体の内側からもケアしましょう。

なるべく脂っぽい物や糖分が高いものを控え、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

睡眠も十分に取るようにしましょう。

特にゴールデンタイムと呼ばれる22時~夜中の2時までには熟睡しているようにしましょう。

この時間に肌の再生が行われますので、この時間にきちんと眠っているようにしましょう。

背中の紫外線対策、日焼け対策はこちらを参考にしてみてくださいね。
参考記事icon-arrow-circle-o-right日焼けの赤みを抑え皮むけを治す方法は?焼けた肌に良い食べ物とは?
参考記事icon-arrow-circle-o-right日焼け後の赤み対策とシミケアとヒリヒリ感を防ぐ方法とは?
参考記事icon-arrow-circle-o-right日焼け止めの塗り直し時間と塗り方と使用量は?化粧後はどうする?

また、背中のニキビが気になるのはわかりますが、なるべく患部には触らないようにして下さいね。

背中ニキビの予防法とは?

背中のニキビを予防するには、まず第一に保湿が大切です。

背中を優しくキレイに洗った後はきちんと保湿ケアをしましょう。

市販されている化粧水でかまいませんので、自分に合ったものをみつけて背中に化粧水をつけしっかり保湿しましょう。

自分に合うものがどんなのかわからないという場合には、背中ニキビ専用の化粧水がありますのでそれを利用してみるのもおすすめです。

こちらは背中ニキビ専用の化粧水で、自分1人で背中に化粧水がつけられるようにスプレーになっていて便利な作りになっています。
また、片手でもスプレーすることができますし、逆さまにしてもスプレーができるように作られています。

背中ニキビ対策なら「メルシアン」

ニキビができた背中を人に見られたくないという人が多い中、このスプレーは1人で背中の患部にシュッとスプレーする事ができますのでとても便利でおすすめです。

体の中からのケアとしては、ビタミンを摂取するといいでしょう。

特にビタミンCやビタミンB群、ビタミンEなどを摂取するといいでしょう。

このビタミンを含む果物としては、キウイフルーツやいちご、グレープフルーツなどです。

野菜でいえば、ブロッコリーやカリフラワー、さつまいもやピーマンなどがあげられます。

このようなビタミンをなるべく摂取するようにすると細胞内の新陳代謝が高まりますので、皮膚の再生が促される効果が期待できます。

また、特にビタミンCは美白にもいいので日焼けして角質が厚くなってできたニキビにもいいですので、積極的に摂取するようするといいでしょう。

まとめ

普段、なかなか目につかないところほど気をつけると女性としての魅力がアップする感じがしますよね。
なかなか目につかない背中だからこそ、普段から気をつけてケアをしてみてはいかがでしょうか^^
これから暑くなり汗をかく機会も増え背中ニキビの原因になることも多いので気をつけて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)