飛行機に赤ちゃんと乗る時の注意点と耳抜き方法は?あやし方は?

kinai
ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始などの長期連休になると旅行や帰省などで飛行機に乗る機会が増えると思います。
子供がいる家庭なら、飛行機などの公共交通機関を利用する時はとても気を使いますよね。
特に赤ちゃんは自分の意思を言葉で伝える事ができない為に特に気を使うのではないでしょうか。
赤ちゃんが泣くのは仕方のない事ですが、やはり周りに対する配慮も必要です。
周りに迷惑がかからないようなあやし方なども対策もありますので、飛行機に乗る際は参考にして下さいね。

スポンサードリンク

飛行機に赤ちゃんと一緒に乗る時の注意点とは?

まず、乳幼児を連れて飛行機に乗らなければならなくなった場合には、飛行機の予約の時点で座席の指定ができますので座席の指定をしておきましょう。

赤ちゃん連れの場合のおすすめの座席は通路側です。

通路側にしておくと出入りがしやすいので、おむつ交換の為にトイレに立ったり、赤ちゃんをあやす為に席をたつなど何かと席を立つ事が多いお母さんにとってはおすすめです。

また、できれば前方の席の方が客室乗務員さんがおられる場所に近く頼み事をしやすいので、お湯をもらったりブランケットを借りたりする場合が多い子供連れの方には便利です。

飛行機の機種によっても違いますが、1番前の真ん中の3-4列の席だと他の席に比べると多少ですがスペースは広いので、どうしても荷物が多くなる乳幼児連れのご家族には便利ですよ。

機種によっては1番後の席が広い場合もあります。

前の席の場合は前が壁で大きなモニターがあって圧迫感を感じてしまう場合もありますが、やはりスペースが広い事に越した事はないので、予約時に電話して搭乗予定の便の機種や座席など相談しながら予約するといいですよ。

電話でも親切に相談の乗ってくれるので、安心して電話で相談してみて下さいね。

搭乗の際のチェックイン時に持参しているベビーカーは預けなければいけません。
その代わりに1台無料で貸してもらえます。

搭乗ゲートを通過する前に返却することになりますが、それまでは自由に使えますので安心してベビーカーを預けて下さいね。

飛行機内での赤ちゃんの耳抜き方法とは?

飛行機に乗り高度が高くなると気圧の変化に伴い耳がキーンとする経験をした人も多いと思います。

あれは大人だけでなく、赤ちゃんや子供でもなります。

その為、耳抜きが必要になります。

大人は耳がキーンとした時点で自分で耳抜きをする事ができますが、赤ちゃんになるともちろんそれはできません。

赤ちゃんの耳抜き用としてミルクなどの飲み物を用意しておき、それを飲ませましょう。

機内には水などの液体類は指定量より持ち込み不可となりますが、機内で客室乗務員さんにお願いすればミルク用のお湯を用意してもらえます。

事前に哺乳瓶や小分け袋などにミルクの粉を入れておき、哺乳瓶やマグマグを客室乗務員さんに渡せばお湯を入れて冷ましてくれます。

スポンサードリンク

また、ほとんどの航空会社では機内に100%のオレンジジュースやアップルジュースが用意されています。

普段から100%のオレンジジュースやアップルジュースを飲ませているなら、耳抜き用にそれらを飲ませるのもいいでしょう。

100%ジュースに慣れておらずミルクも忘れてしまった場合は、100%ジュースをお湯などで薄めるなどの対応を考えましょう。

乳幼児の耳抜きは、何を飲み物を飲ませると解決する場合がほとんどですので、事前に用意しておく方がいいでしょう。

特に、飛行機の上昇時より降下時の方が子供のくずる確率が高いようです。

私や周りの人の経験上ですが、降下時には一斉といってもいいほどの確率で子供がくずります。

なので、上昇時よりは特に降下時に飲み物を飲ませるなどの工夫をすることをおすすめします。

飛行機内で赤ちゃんに泣かれない為のあやし方とは?

やはり機内で赤ちゃんに泣かれる事がお母さん的には1番気を使うと思います。

赤ちゃんは泣く事が仕事とわかっていても、やはり狭い機内で大声で泣かれるのは周りにも迷惑ですし静かにさせたいですよね。

乳幼児を静かにさせるには、やはり気をそらせるのが1番ではないでしょうか。

少々可愛そうですが、子供の興味のあるものを事前に出し惜しみしておき、飛行機の中で久しぶりに渡すと、それに夢中になって遊ぶのでこれだけでだいぶ時間が稼げます。

また、飛行機に乗る前日や当日には思い切り体を動かすような遊びをたくさんさせると、疲れて飛行機の中でよく眠るようになります。

こちらも少々可愛そうではありますが、できれば飛行機に乗る直前まであまり昼寝などをさせないでおいたり、フライト当日はいつもより早めに起こしたりすると、機内でさらによく眠るようになります。

さらに、フライト当時の食事やおやつはいつもより少なめに与え、搭乗時間より少し前くらいの時間になったらお腹いっぱいになるまでご飯を食べさせるのも効果的です。

ご飯をたくさん食べた後はどうしても眠くなりますし、その前にたくさん遊んで疲れているのでたくさん寝てくれるようになります。
また、子連れの場合は搭乗時間になると優先的に搭乗できますが、先に搭乗してしまうと狭い機内にじっとする時間が長くなってしまいます。
じっとしてる時間が長くなると子供にとっても、大人にとっても大変です。

なので、子連れの場合は余計に他の乗客の皆さんが搭乗し終わってから1番最後に搭乗する事をおすすめします。

そうすれば、席について荷物の整理などが終わってすぐに離陸、という状態になります。

機内で子供がくずる時間もなく、すぐ離陸となるので、比較的楽になります。

その後、子供が目を覚ましたらオムツ交換をかねて機内を散歩させたり、音の出ないおもちゃを与えたり、おやつを与えたりを繰り返すとだいぶ時間が稼げます。

それでも子供が泣いたりして困った場合は、客室乗務員さんの力を借りましょう。
客室乗務員さんは、毎日のようにフライトしているプロです。
毎日いろんなお客さんを相手にしていますので、赤ちゃんのあやし方や対応に慣れている方も多いです。
状況によって様々な対応をしてくださいますので、どうしても困った場合は客室乗務員さんにアドバイスを聞くのも1つの手ですよ。

まとめ

混雑してる日なら難しいかもしれませんが、空席が多い場合は空席の多いエリアに座席変更してもらう事も可能です。
うるさくすると周りに迷惑がかかるので、と言えば空席の多い日に限り座席変更してもらえると思います。
最近では、機内で子供が泣くのを嫌がる人が増えているというニュースを聞く事も多くなりました。
子供を完璧に黙らせて飛行機に乗る事は不可能に近いとは思いますが、周りに配慮する姿を見せるだけで周りの人の気持ちも違うはずです。
子供が泣くのは当然!!という顔をせずに、周りの人にも配慮しつつお互いにいい移動時間になるように工夫しましょう。

参考記事 icon-arrow-circle-o-right飛行機内で女子におすすめの過ごし方と美容法と服装とは?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)