飛行機内で女子におすすめの過ごし方と美容法と服装とは?

kinai2
年末年始やGWにお盆休みなど長期連中になると旅行の予定を立てる方も多いのではないでしょうか。
旅行で飛行機を利用する場合も多いでしょう。特に海外旅行ともなると飛行機に乗るのは必須です。
旅行先が遠くなればなるほど飛行機の中にいる時間が長くなり時間を持て余しますよね。
そんな機内でもちょっとしたコツを掴めば女子でも快適に過ごす事ができます。
ぜひ参考にして楽しい空の旅にしてくださいね^^

スポンサードリンク

飛行機の機内で女子におすすめの過ごし方は?

機内は狭く限られた空間で過ごさなければなりません。

ずっと席で座ったままの同じ体勢で長時間過ごしてしまうと血行が悪くなり足がむくんだり、酷い場合はエコノミー症候群になってしまいます。

その為、血流を良くする為に足をこまめにさすってみたり、マッサージをするといいでしょう。

特に本格的なマッサージでなくても大丈夫なんです。

ただ、足首からふくらはぎに向かってさするだけでも全然違いますよ。

また、ふくらはぎをぐりぐりと手で押したり、膝の裏を親指で押すだけでも血流がよくなります。

そして、たまに席を立ってトイレに行ったり機内を歩いたりすることも効果的です。
その際には手を上にあげて伸びをしてみたり、肩甲骨を回したりしてみるとさらに効果的ですよ。

その他、長時間のフライトは腰にも負担がかかりますよね。

この腰痛対策も血行対策と同じように、長時間同じ体勢をし続けない事が大切です。

膝掛けを丸めて腰と座席の背もたれの間に入るなどして腰に負担のかからない姿勢をとるといいでしょう。

また、膝掛けを丸めたものを縦にして背骨に当ててストレッチしたり、ペットボトルなど少し硬い物で腰や肩甲骨に当ててグリグリとマッサージするのも気持ちがいいのでおすすめです。

乗り物酔いをしやすい人は、事前に酔い止めを飲んでおきましょう。

また、座席は翼の横が1番安定して酔いにくい場所です。

翼で外の景色は多少楽しめなくなってはしまいますが、酔って具合が悪くなるよりはマシなので、事前に席を翼の横に指定しておくといいでしょう。

席に余裕があれば翼の横の席を譲ってもらえる可能性はありますが、やはり事前に指定しておくのが1番確実です。

具合が悪くなった時の応急処置として意外におすすめなのが、ミントクリームです。
このミントクリームをこめかみや首筋、手首などに塗ると気分がスッキリしますよ。

飛行機の機内の過ごし方におすすめの美容法は?

やはり機内での乾燥対策は女子としては気になるのではないでしょうか。

飛行機の機内の湿度はだいたい20%以下に保たれています。

この湿度だとノーメイクでも乾燥しやすい状況なので、フルメイクならなおさら乾燥してしまいます。

それに長時間のフライト中ずっとフルメイクなのも肌に負担をかけてしまい肌にはよくありません。

スポンサードリンク

できれば飛行機に搭乗前にメイクを落とすのがおすすめです。

もし、搭乗前にメイクを落とす事ができなかった場合は機内でメイクを落とすことになりますが、その場合は洗い流さなくていい拭きとりタイプのクレンジングシートがあるととても便利です。

そして、機内食などをいただき機内の照明が落ちた後に保湿対策を万全にして眠りに入りましょう!

保湿対策におすすめなのが、ドラッグストアなどに普通に売っているフェイスマスクと保湿スプレーまたは化粧水のミストタイプのものです。

化粧水のミストタイプの中でも炭酸ミストだと血行をよくしてくれるのでおすすめです。
先程も言いましたが、飛行機の中はやはり乾燥します。

その乾燥対策としてフェイスマスクは最適です。

でも、人がたくさんいるところでフェイスマスクするのが恥ずかしい、という場合は機内が暗くなってから使いましょう。

機内が暗くなったらほとんどの人は寝るかテレビを見るなどをしているのでほとんど周りの状態を気にしなくなりますのでフェイスマスクしてても意外と大丈夫ですよ。

フェイスマスク後は美容液や乳液などを塗って乾燥を防ぎましょう。

また、乾燥を感じた時にミストタイプの化粧水を顔に吹きかけて保湿するのもいいですよ。

ただし、ミストタイプの化粧水だけだと余計に乾燥してしまうので、化粧水後に美容液や乳液などを塗って肌からの水分の蒸発を防ぎましょう。

特に乾燥しやすい目元等には保湿効果の高いクリームを塗って保湿するのがおすすめです。

飛行機の機内の過ごし方にピッタリの服装とは?

長時間、機内にいる事になるのでなるべく体を圧迫しない楽な格好をおすすめします。

ジーンズなど体を圧迫してしまうような服装は苦しくなり気持ち悪くなってしまう場合もあるので避けた方がいいです。

ジャージやスウェットなどでもOKですし、少しおしゃれがしたい場合は柔らかい素材でできたパンツやワンピースなどがおすすめです。

座席によっては空調の風が直接当たる席もあるので、カーディガンなどの羽織物を持っておくと便利ですよ。
特に冷え性の女性にはカーディガンを膝掛けなどにも利用する事ができるのでとても便利だと思います。

さらに、むくみ防止のために着圧ストッキングを着用するのもおすすめです。

ただし、着圧ストッキングでも腰まであるようなタイプのものを履いてしまうと胃などの内臓を圧迫してしまうので気持ち悪くなったり酔いやすくなってしまいますので気をつけましょう。

できれば、太ももまでの丈や膝丈のものだと体を圧迫する事もなく、すぐ着脱できるので便利です。

体を圧迫させない、という意味で機内では靴もできるだけ締め付けないようなものを履くのもいいですよ。

機内では靴を履きっぱなしっていうのも意外につらいものですから、事前にスリッパを用意しておくと便利です。

荷物になるのが嫌な場合は、折りたためてコンパクトになるタイプのスリッパや履物もあるのでそちらを用意しておきましょう。

まとめ

普段働いている人は長期連休中くらいしか旅行するチャンスがないですよね。
そんな中、せっかく旅行するんだから移動中も快適に楽しく過ごしたいし、それができれば旅行ももっと楽しくなりますよね。
今回紹介した機内でも女子が美容にも気を使えて楽に過ごせるコツを参考にして旅行の空の旅も楽しく過ごして下さいね。

参考記事icon-arrow-circle-o-right飛行機に赤ちゃんと乗る時の注意点と耳抜き方法は?あやし方は?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)