湯西川温泉かまくら祭り周辺の宿と車でのおすすめ観光ルートは?バーベキューまでできる!

kamakura
栃木県の湯西川温泉で毎年開催される湯西川温泉かまくら祭り。

雪が降り、そして雪が積もる地域でしか作れないたくさんの雪だるまやかまくらが立ち並んでいて見ているだけで楽しめます。

夜になれば、そのかまくらにろうそくが灯されてとても綺麗で幻想的な風景を見る事ができます。

あまり雪が降らない地域に住んでいる人にとって雪も景色も楽しめる場所になります。

そんな湯西川温泉かまくら祭りについてご紹介します。

スポンサードリンク

湯西川温泉かまくら祭り周辺のおすすめ宿は?

都内や湯西川温泉周辺以外からかまくら祭りに行く場合は、泊まりで行く人も多いのではないでしょうか。

湯西川温泉周辺は、かまくら祭りを楽しむ以外にも雪遊びもできます。

雪遊びってけっこう子供は喜びますので、家族旅行としてもピッタリの場所です。

湯西川温泉周辺の宿でおすすめは、

 icon-check-square-o 本家伴久旅館

http://www.bankyu.co.jp/

  お宿東山閣

http://nikko-jyuan.com/

このような旅館がおすすめです。

どちらの旅館、ホテルももちろん温泉もありますし部屋も畳がある日本らしい部屋もあればベットの部屋もあります。

観光や雪遊びで疲れた後にゆっくりゆったりとできる素敵な旅館です。

また、湯西川温泉かまくら祭りは夜になるとかまくらにろうそくが灯されます

さらには、17:30~21:00頃まではライトアップもされます。

どちらの景色も幻想的でとても綺麗なのでぜひ見ていただきたい景色でもあります。

ライトアップやろうそくが灯されたかまくらを見るのであれば夜遅くの帰宅になる場合もありますので、近くにある上記の旅館はおすすめです。

もちろん、上記の旅館の他にもホテルや旅館はありますので口コミなどを参考に探してみるのもいいですね^^

>>湯西川温泉周辺のホテルクチコミはこちらからどうぞ☆【楽天たびノート】

湯西川温泉かまくら祭りに車で行く場合のおすすめ観光ルートは?

家族旅行で湯西川温泉かまくら祭りに行く場合は、移動手段として車を使われる人も多いですよね。

特に小さなお子さんがいる場合には、長時間のバスや電車での移動は子供が騒いだり泣いたりで周りに迷惑かけてしまうということで敬遠されるご家庭も多いでしょう。

車であれば移動速度もルートも自分たちのペースで行く事ができるので小さなお子さんがいる家庭でも安心して移動する事ができます。

そこで、湯西川温泉かまくら祭りとその周辺へ観光に車で行くならどのように行く観光ルートがおすすめか、初めて湯西川温泉に行くのであれば気になりますよね^^

スポンサードリンク

人それぞれ好きな観光ルートやおすすめの観光ルートは違うとは思いますが、個人的におすすめなのがこの観光ルートです。

湯西川温泉

中禅寺湖

鬼怒川温泉周辺

華厳の滝

日光東照宮

この観光ルートであれば、湯西川温泉やその周辺付近、もしくは戦場ヶ原辺りであれば雪遊びができる程度の雪があります。

小さなお子さんが一緒であれば雪遊びをさせてあげるのもおすすめです。

余裕があれば旧イタリア大使館跡なども見てみてみるのもいいと思いますよ^^

ちなみに、かまくら祭りの会場でもすべり台があって遊べたり、ソリやスノーシューを借りて遊ぶこともできますよ。(ソリは30分200円で貸し出していました。)

湯西川温泉かまくら祭りでバーベキューはいかが?

湯西川温泉かまくら祭りでは、雪のすべり台で遊べたりソリで遊ぶこともできます。

しかし、さらにすごいことにかまくらの中でバーベキューをすることができるんです!^^

かまくらの中に入れる機会もそうあるわけでもないのに、その中でバーベキューをすることができるなんて子供たちが喜びそうですよね^^

しかし、かまくらの中でバーベキューをするには有料で予約が必要になります。

このかまくらバーベキューはけっこうな人気なので、早めに予約しないとすぐに予約が取れなくなってしまうので注意してくださいね。

 icon-play-circle-o かまくらバーベキューの予約番号
TEL:090-7836-3831(1/5~1/22まで)、
    0288-98-7005(1/23~開催期間中)

料金:1人前1500円(2人前より受付)+かまくら使用料1500円

バーベキューの材料や道具は用意してあるので、身ひとつで行くだけでOKです。

準備をしなくていいって楽でいいですよね。

また、バーベキューの注文数に応じてキャッシュバックもあります。

注意点としては、かまくら祭り期間の後半になってくると気候もだいぶ暖かくなってくることもあるし、今までかまくらの中で行われたバーべキューの熱によってかまくらが溶けてしまっているところもあります。

しっかりとしたキレイなかまくらでバーベキューをしたいのであれば、開催期間中のなるべく早めの日に行った方がキレイなかまくらを使用する事ができます

まとめ

雪国に住んでいれば当たり前の雪やかまくらでも、あまり雪の降らない地域や都会に住んでいる人にとってはかまくらを見れたり遊べたりする事は貴重な経験ですよね。

かまくらって雪で出来ているので中に入っても寒そうに思われるかもしれませんが、実際に中に入ってみるとけっこう暖かいんです。

ぜひ、実際に湯西川かまくら祭りに行って、実際のかまくらで体験してみてください^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)