お歳暮のお返しは必要?お礼状はどんな方法でいつまで?断る方法は?

oseibo (2)
毎年12月になるとお歳暮で頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

今年は誰に、何を、いつまで、お歳暮のマナー…など、分からないことが多々あったりして投げ出したい気分にもなりますよね(^_^;)

そんな頭を悩ますお歳暮ですが、今回はお歳暮をいただいた場合にどのように対応したらいいのかを紹介します。

スポンサードリンク

お歳暮のお返しは必要?

お歳暮はお世話になっている方への日頃からのお礼を込めて贈るものです。

お歳暮は日頃からのお礼であり、お祝いではありませんので基本的にお歳暮のお返しは必要ありません。

お祝いであればお返しは必要になる場合が多いですが、お歳暮は日頃からのお礼を込めて贈るものですのでお返しをしないのが普通です。

しかし友人や知人からお歳暮をもらうこともありますし、上司の方からお歳暮をいただいた場合など、どうしてもお返しをしたいなどという場合もありますよね。

そんな場合は、いただいたお歳暮の半額程度の品物、もしくは同程度の品物でお返ししても構いません。

上司など目上の方にお返しを贈る場合にはいただいたお歳暮の同程度のものの方がいいでしょう。

お返しを贈る場合には、お歳暮としてではなく「年賀」として贈る方が最適です。

お返しを贈る、贈らない、どちらにしろお礼状は出すようにしましょう。

お歳暮のお返しでのお礼状はどんな方法でいつまで出すべき?

お歳暮をいただいたら早めに丁寧なお礼状を出しましょう。

お礼状の役目としてお歳暮をいただいた相手に感謝の気持ちを伝えるということが1番ですが、それと同時にお歳暮が無事に届いたという連絡の役割も合せ持っています。

その為、お歳暮を受け取ったらなるべく早くにお礼状を出しましょう。

お礼を伝える手段として電話と手紙やハガキなどがありますが、電話でお礼を伝える場合にはなるべくお歳暮が届いたその日にお礼を済ませるようにしましょう。

スポンサードリンク

しかし、基本的にお歳暮のお礼は電話より手紙やハガキなどできちんとお礼状として出すのが正しいマナーです。

最近は電話でお礼を言う方が多いようですが、それでも構いませんがなるべくならお歳暮をいただいた感謝の気持ちをハガキや手紙などで伝えると相手にもこちらの気持ちが伝わるかと思います。

友人などの親しい人から来たお歳暮にはこのようなお礼状は必要ない場合もありますが、目上の方へのお礼の場合はなるべく手紙やハガキなどできちんとお礼状を差し上げて感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

お歳暮を断る方法は?

何度もここで述べている通り、基本的にお歳暮はお世話になった方へ贈るものなのでお返しは必要ありません。

しかし、もらってばっかりで申し訳ないし心苦しい、という理由でお返ししたいという場合もあると思います。

もしくは、お歳暮自体を断りたいという場合もあるでしょう。

その場合は「倍返し」と言って相手方が贈ってくれた品物の倍の値段がするような品物をお返しとして贈りましょう。

それが、次回からお歳暮を辞退するというような意思表示になります。

それに加え、「お気持ちは大変有難いのですが、今後はお気遣いを不要にしていただきたい」というような内容の手紙が添えるとなおいいでしょう。

だいたいは3年ほどお歳暮をいただいた時点で倍返しをされる方が多いです。

お歳暮は相手方の感謝の気持ちなので、3年ほどはありがたくいただきましょう。

3年経ったら倍返しをしてお歳暮のお気遣いはもう不要ですよ、というような意思表示し、それまでは丁寧なお礼状を送ったり半返し程度のお返しをするなどしてこちらの気持ちを表せばいいのではないでしょうか。

まとめ

お歳暮のマナーってとても難しいですよね。

でも、相手方は日頃からの感謝の気持ちとしてお歳暮を送ってきてくれています。

その気持ちをありがたく受け取り、お返しをするなりお礼状を出すなどしたらいいかと思います。

難しく考えすぎず、お互いに負担にならないお歳暮になるといいですね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)