喪中はがきはいつまでに出す?送り先の範囲と宛名は薄墨にすべき?

motyuu

年末年始の挨拶と言えば年賀状がありますよね。

しかし、残念ながら身内が亡くなってしまった年は年賀状は出さずに喪中はがきを出す事になります。

喪中はがきは年賀状のように毎年出すわけでないので、いざ喪中はがきを出す側になってみるとわからないことが多々あり困ってしまいますよね。

そんな喪中ハガキについてまとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

喪中はがきはいつまでに出すといいの?

喪中はがきは、喪中ハガキを出す相手が年賀状を準備する前に用意して出すのがマナーです。

相手の方がせっかく年賀状を準備してあとは投函するだけの状態だったり、相手がすでに年賀状を出してしまった後だったら相手に大変申し訳ない状況になってしまいますよね。

喪中ハガキをポストに投函する時期は10月末頃から遅くても12月中旬までに出しましょう。

年賀状の受付開始日は12月15日なので、それ以前に喪中ハガキを出すのがいいでしょう。

10月末では少し早い気もしますが、遅くなってしまうよりは全然いいです。

一般的には11月中に送る人が多い傾向にありますので11月中に喪中ハガキを出しておけば間違いないでしょう。

喪中はがきの送り先の範囲は?

喪中はがきは相手に、自分の身内に不幸があって年賀の挨拶をしないことをお詫びする事が本来の目的です。

つまり、年賀の挨拶である年賀状を頂いている人に出す、ということが一般的です。

基本的には喪中ハガキを出す前年に年賀状を頂いた人の中から必要な人に出しておけば問題はないと言えます。

あとは自分の中で、もし喪中ハガキを出す予定でなければ年賀状を出していたであろう相手に出すといいでしょう。

また、故人の兄弟や親戚にも出した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

兄弟や親戚で、お葬式に出席して亡くなった事を知っているから喪中ハガキを出さなくてもいいというわけではありません。

マナーとして兄弟や親戚にもきちんと喪中ハガキは出しましょう。

そして、これまでに年賀状を出した事がない相手にはもちろん喪中ハガキを出す必要はありません。

今まで年賀の挨拶をした事がない相手に喪中だからと言って喪中ハガキを出して年賀の挨拶をしなことを断るのはおかしい話ですからね。

喪中はがきの宛名は薄墨にすべき?

お葬式などに出す香典に名前などを書く場合は薄墨と呼ばれる、普通の墨より少し薄い墨を使って書く事がマナーとされています。

最近はあまり気にしない風潮になりましたが、薄墨にする理由は悲しみを表すためと言われています。

香典は薄墨で書くのであれば、同じような喪中はがきの宛名も薄墨にすべきなの?

という疑問がある人もいるのではないでしょうか。

マナーとしては薄墨で書いた方がいいでしょう。

しかし、喪中ハガキは薄墨でないといけないという決まりはありませんので普通の黒い墨やペンで書いてもかまいません。

喪中ハガキの宛名を薄墨で書いてしまうと郵便局で機械が読み取りにくく間違いが起こりやすいなどという話もありますが実際にはそんなことはありません。

郵便局の読み取り機会はとても高性能ですので心配する必要はありません。

薄墨でも普通の黒でもどちらでもOKですので、自分なりに適当な方法を選んでしまってかいません。

例えば、故人の命日が近い場合は薄墨で書く、遠ければ普通の黒い墨を使って前向きさを表すという方法にしてもいいかもしれませんね。

まとめ

喪中ハガキは相手からの年賀状の受け取りを拒否する意思表示ではありませんので相手側は年賀状を送ってもマナー違反にはなりません。

喪中ハガキというあまり出す機会のないものなので、いざとなるといろいろと戸惑う事も多いかとは思います。

故人を大切に想ってくれている方々へ、故人を想って挨拶すればマナーに細かく拘らなくても相手に伝わるはずです。

神経質にならずに故人を想いながら喪中ハガキを出して下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)