マフラーのカシミヤとウールの違いは?どっちが暖かい?手入れ方法は?

mafura
冬の寒い時に首周りを暖かくするのに最適なマフラー。
首周りにマフラーをするだけなのに、暖かさが全然違います。
一気に寒さが和らぎますよね。
そんなありがたい存在のマフラーですが、たくさんあるマフラーの中でも一般的に知られている素材なのがカシミアとウール。
それぞれ暖かさも肌触りも値段も違います。
カシミヤとウールではどんな違いがあるのか、暖かさはどうなのかをご紹介しますのでマフラーを選ぶ時に参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

マフラー素材でカシミヤとウールの違いは?

マフラーの素材の中でも一般的に有名な素材として挙げられるのがカシミヤとウールではないでしょうか。

あまり素材の名前を知らないという人でも、カシミヤやウールという素材の名前を1度は聞いた事があるのではないでしょうか。

そんな有名なカシミヤとウールですが、それぞれの特徴は全然違いますし値段も違います。

まず、カシミヤとウールの違いをそれぞれ挙げてみます。

カシミヤ
カシミール地方にいるヤギの毛をカシミヤと呼びます。
カシミヤは生産量が少なく1頭あたりから取れる毛の量は150~200gと言われており貴重価値があり最高級品とされています。
その為、繊維の宝石とも呼ばれ値段も高価になります。
カシミヤの特徴は、羊毛(ウール)に比べて1本1本の毛の繊維が細く長いので空気を含みやすくできています。
光沢があり肌触りも良く、とにかく軽くて柔らかく保湿性が高いのが特徴です。
1本1本の繊維が細いので強度は弱く、擦り切れたり破れやすい。また、シミにもなりやすいデリケートな素材です。

ウール
羊の毛です。
毛玉が出来にくく、毛玉が出来たとしても毛玉ごと取っても大丈夫なくらいカシミヤに比べると扱いが楽な素材です。
水に濡れるのも多少であれば大丈夫。
厚みも重みもあるので、強度もあり暖かく丈夫です。
光沢はあまりなく肌触りは少しチクチクします。

それぞれこのような特徴があります。

こうして見た目だけで判断すると、同じような毛糸に見えても特徴や値段はそれぞれ全然違いますね。

マフラーを選ぶ際はそれぞれの特徴や自分の好みや予算などに合わせて選ぶといいでしょう^^

カシミヤとウールのどっちが暖かい?

カシミヤとウールの違いは特徴や値段を比較してみると全然違う事がわかりましたよね。

では、カシミヤとウールではどちらが暖かいのでしょう。

カシミヤやウールの中でもそれぞれランクがありますので一概にはどれが暖かいとは断言できません。

しかし、カシミヤとウールのそれぞれの最高級品を比較すると仮定するのであれば、やはりカシミヤの方が暖かいです。

カシミヤは軽くて薄いのに暖かいという特徴がありますので、ファッションとしてカシミヤのマフラーを着用しても全体が重く感じられません。

そういう意味でも、カシミヤがおすすめされる理由になります。

ですが、編み方によってはカシミヤよりもウールの方が暖かい場合もあります。

スポンサードリンク

ウールのマフラーは全体的に厚みがありますので、厚みがある方が暖かく感じられるという人にはウールのマフラーの方が暖かく感じられる場合もあります。

人それぞれ感覚や感じ方が違いますので暖かさの感覚も違うと思います。

軽くて薄い方がいいという人はカシミヤのマフラーを、厚くて重量感がある方がいいという人にはウールのマフラーを、というように選んでみるというのもおすすめです。

ウールとカシミヤの手入れ方法は?

せっかく買ったカシミヤやウールのマフラーは大事に使いたいですよね。

きちんとお手入れすることによってそれぞれのマフラーは長持ちします。

まず、着用し終わった後にはその日の内に丁寧にブラッシングをしゴミや埃などを払い形を整えてハンガーに陰干ししておきましょう。

このようにしておけば、汚れにくく生地も傷みにくく長持ちするようになります。

ブラッシングする際のブラシは洋服用のきちんとした素材のブラシを使用するようにして下さい。

洋服用のブラシ以外のブラシでブラッシングしてしまうと、毛羽立ちなどが起きてしまい逆に生地が傷んでしまう場合もあります。

大事なマフラーであれば、きちんとしたブラシを使用するようにしましょう。

また、カシミヤはできれば自宅で洗おうとせず、クリーニングに出した方がいいです。

高級品であればあるほどクリーニングに出す事をおすすめします。

カシミヤはとても繊細な素材ですので、自宅で水洗いしてしまうとどうしても色あせや収縮、毛玉などのトラブルが起きる確率が高くなります。

大切なカシミヤのマフラーであるならば一か八かで自宅で洗濯して失敗して使えなくなるよりは、クリーニングに出して長く着用できるようにした方が長い目で見ると得だと思います。

もし、カシミヤのマフラーに臭いがついてしまった場合は湿度の高いところ、例えば浴室などにかけておくと臭いが取れやすくなります。

汚れも洋服用のブラシできちんとブラッシングすればある程度の汚れであれば取れますし目立つ汚れでも多少見えにくくなる程度にはなりますので試してみてください。

まとめ

寒い時のマフラーは必須と言っても過言ではありません。
マフラーでもカシミヤ100%もあれば複数の素材を使っているマフラーもあり、素材の配分によっても値段も肌触りも異なります。
素材のレベルもいろいろあります。
マフラーを選ぶ際には実際に触ったり首に巻いたりして選んだ方がお気に入りのものが見つかるかと思います。
お気に入りのマフラーを見つけてファッションを楽しみつつ寒い冬を乗り越えて下さいね。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)