赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから使うべき?落とし方は?

baby-hiyake
日差しが強くなってくると気になるのが紫外線。
特に大人に比べると皮膚が薄い赤ちゃんへの紫外線対策は気になりますよね。
赤ちゃんは自分で紫外線対策をする事ができないので、親が紫外線対策をしてあげなければいけません。
そもそも赤ちゃんに日焼け止めは使っていいのか?いつから使うべきなのか?
いろんな疑問が出てくるのではないでしょうか。
そんな赤ちゃんへの紫外線対策を紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

赤ちゃんに日焼け止めが必要かは、専門家によっても考え方がそれぞれ違うようです。

しかし、意見が分かれる専門家の間でも共通しているのが6ヵ月未満の赤ちゃんには日焼け止めはよくないということです。

日焼け止めは赤ちゃんの薄く繊細な肌には刺激が強すぎるからです。

これは世界的に見ても共通意見で、国の対策として紫外線対策を進めているオーストラリアでも同じ意見としています。

6ヵ月未満の赤ちゃんに対する紫外線対策としては、

・紫外線の強い時間帯(11~15時くらいまで)はできるだけ外出を避け日に当たらないようにする。
・帽子を被る。
・首や足などにはガーゼなどを当て日に当たるのを避ける。
・ベビーカーの幌を上手く使い日差しを避ける。
・だっこやおんぶをするときには、赤ちゃんに帽子を被せ日傘などを利用する。

このような対策をすれば、日焼け止めをぬらなくてもある程度の紫外線は避ける事ができます。

6ヵ月以降の赤ちゃんの紫外線対策でも、考え方は人それぞれ違いますが日常生活の上ではそんなに神経質に日焼け止めを塗る必要はないという意見が多いです。

紫外線が強くない時間帯に少しの時間だけの外出だったりする場合には、帽子や日傘などで対応が可能です。

それでも紫外線の心配をしてしまうのであれば、なるべく日が当たらないようにする工夫や日差しの弱い時間帯に出かけるなど工夫をしましょう。

しかし、一日中野外にいるような場合には日焼け止めは塗った方がいいでしょう。

その際にはきちんと、赤ちゃん用の低刺激かつ石鹸やぬるま湯などで洗い流せるような日焼け止めが売っていますのでそのような日焼け止めを利用するようにして下さい。

紫外線には害もありますが、必要な面もあるということは忘れてはいけません。

特にビタミンDを体内で製造するには日差しが必要になります。

体内で必要分のビタミンDを製造するには1日当たり手の甲に15分程度の日差しを当てれば十分です。

比較的皮膚がしっかりしてくる3歳くらいまでは、日に当てる時間を必要分のビタミンDが製造される15分程度にすれば紫外線対策として十分と言えます。

スポンサードリンク

赤ちゃんに日焼け止めはいつから使う?

先程も書いたように、赤ちゃんに日焼け止めを使う場合には生後6ヵ月以降に使うようにしましょう。

季節的には、夏はもちろん春の紫外線にも十分気をつけなければなりません。

一般的に夏が1番紫外線が強いと思われがちですが、実際は5月から紫外線が強くなり始めます。

もちろん、太陽が出ていない曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいます。

なので、日焼け止めをぬる場合には、最低5月くらいから塗り始めた方がいいでしょう。

できるなら、4月~9月くらいまでぬるのが最適と言えます。

しかし、肌の強さは個々に違いますので、その点はお母さんやお父さんが1番わかっていると思うので赤ちゃんの肌に合わせて日焼け止めを塗る時期を決めた方がいいでしょう。

赤ちゃんの日焼け止めの落とし方は?

赤ちゃん用の日焼け止めにはたいてい石鹸で落とせるという旨が書かれていると思います。

石鹸でも落とせると書いてある商品は、日焼け止め成分がナノカプセルに包まれている場合が多く日焼け止め成分が肌に直接触れるとがない為に石鹸で簡単に落とせます。

日焼け止めを石鹸で落とす場合には、お湯に濡らしたガーゼにすべすべみるるなどの赤ちゃん用の泡状の全身ボディソープを少量混ぜて赤ちゃんの目に入らないように気をつけて拭いてください。

その後、すすいだガーゼで石鹸を落としましょう。

ガーゼでボディソープを使ったやり方が心配な場合には、赤ちゃんの日焼け止めを落とす為のクレンジングシートがありますのでそのようなものを使うといいでしょう。

日焼け止めを塗っても、多少焼けてしまう場合もあります。

焼けると肌が乾燥している場合が多いのでベビーローションなどでお手入れしてあげれば肌のカサカサ防止になるのでおすすめです。

まとめ

黄色人種の日本人は皮膚ガンにはなりにくいとは言われています。
昔は日焼けなんか気にせず思い切り外で遊ばせて多少日焼けさせた方が健康的だ、という親が多かったと思います。
実際に私の両親もそうでした(^_^;)
しかし、昔よりはオゾンホールも大きくなって地球に届く紫外線の強さは増しているというのは事実です。
紫外線に対してそんなに過敏になる必要はないでしょうが、出来ることはこまめにしておいたほうが安心ではあります。

参考記事icon-arrow-circle-o-rightベビーカーの日よけは必要?虫除けネットは?赤ちゃんの暑さ対策は?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)