スイートポテトは冷凍できる?保存は常温でどの程度?アレンジレシピは?

sweets_sweetpotato
甘くて美味しいスイートポテト。
さつまいもの美味しい季節になってくると特に食べたくなってきますよね。
さつまいもは比較的安価で手に入る事もありますし、さつまいもをたくさんもらった時などにスイートポテトをたくさん作ったりしますよね。
そのたくさん作ったスイートポテトをいつでも美味しく食べられる冷凍方法や、美味しいアレンジレシピご紹介しますので参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

スイートポテトは冷凍できる?

スイートポテトは冷凍できます^^

スイートポテトのタネのままでも冷凍保存できますし、スイートポテトをオーブンで焼いた後の状態でも冷凍保存ができます。

スイートポテトのタネのままの状態で冷凍したい場合は、まず大きめにラップをカットして、その上にスイートポテトのタネを載せます。

この時、薄く平らになるように成形しておきましょう。

平らになった状態の時に、使いたい分だけいつでも解凍できるように手で軽く区切っておくと便利です。

実際に使う時は、凍ってる状態で区切りをつけた部分をパキッと割るだけで簡単に使いたい分だけ解凍する事ができます。

平らに成形したらラップに包み、その状態で冷凍庫で凍らせます。

カチカチに凍ったらジップロックに入れ、ジップロックの中の空気を抜いて封をしまた冷凍します。

これでスイートポテトのタネの冷凍は完了です。

できる限り急速で冷凍することができれば、より品質が高く美味しいままで保存することが可能です。

美味しい状態のままで冷凍保存したい場合は出来る限り急速冷凍するようにしましょう。

また、この方法はスイートポテトのタネだけでなく、餃子のタネやかぼちゃ餡、その他いろいろな餡などにも利用することができます。

オーブンですでに焼いたスイートポテトの冷凍方法もあります。

焼いた後のスイートポテトを冷凍する場合は、焼いたスイートポテトをきっちりと空気が入らないようにラップに包みます。

その後、さらに密封できるジップロックに入れ空気をしっかり抜いて冷凍しましょう。
これだけで冷凍は完了です。

実際に食べる時は、自然解凍してから再度トースターやオーブンなどで温め直すと美味しく食べる事ができます^^

スイートポテトのタネをたくさん作り過ぎてしまった。
大好きなスイートポテトをいつでも食べられるようにたくさん作った。

なんて時は、冷凍保存しておきいつでも食べられるようにしておきましょう^^

スポンサードリンク

スイートポテトの保存は常温だとどのくらい?

スイートポテトを焼いた後での常温保存の期間は、時期に気温によっても違います。

冬などの寒い時期であれば、暖房がガンガン効いている場所ではなく温度が低い暖房が効いていない部屋においておけば1、2日は持ちます。

夏などの暑い時期であれば、常温での保存ではなく冷蔵庫、もしくは冷凍庫で保管する事をおすすめします。

やはり夏は暑く湿度も高いので、常温の状態で保存してしまうとカビが発生しやすい状況になります。

特にスイートポテトは、傷みやすい材料でできてます。

さつまいもも比較的傷みやすいですし、生クリームも傷みやすいです。

いくら焼いているとは行っても、元々スイートポテトはそれほど日持ちする食べ物ではありません。

できれば作った日に食べるのが1番美味しいとは思いますが、それができない場合は常温ではなく冷蔵庫に入れておきましょう。

冷蔵庫に入れておけば。2、3日程度は持ちます。

冬の暖房の効いた部屋での保存も同じです。

暖房の効いた部屋でも雑菌が繁殖しやすい状況です。

ですので、こちらもできれば作った日に食べるか、常温ではなく冷蔵庫に入れて保存しておきましょう。

スイートポテトのアレンジレシピは?

スイートポテトのタネを作りすぎてしまってスイートポテトに飽きてしまった、ってよく聞きますよね。

そんな時は、スイートポテトのタネを使ってスイートポテト以外の食べ物にアレンジしてみましょう!

スイートポテトのタネって意外にたくさんのアレンジレシピがあるんですよ^^

例えば、スイートポテトのタネに牛乳を足してミキサーで撹拌しさつまいもジュースに^^

冷えた状態のスイートポテトのタネを使えばさつまいもシェイクになります。

さつまいもジュース、もしくはさつまいもシェイクは便秘に効き栄養満点です。

アイスクリーマーというアイスクリームを作る事ができる道具を持っているのであれば、これを使う事によってさつまいもアイスを作る事も可能です。
さつまいも自体が甘みが強いので、アイスクリームにピッタリの食材でとても美味しいさつまいもアイスを食べる事ができます。

スイートポテトのタネがさくっとしているのであれば、固く絞った日本手拭で茶巾絞りを作っても美味しいですよ^^

水分が多いスイートポテトのタネの場合は、絞り袋に入れて絞り出してオーブンで焼けばスイートポテト味の絞りクッキーのようになります。

あとは、メジャーですがスイートポテトパイを作るのもおすすめです。

今まで紹介したのは、甘いスイーツへのアレンジ方法でしたがご飯のおかずになるようなアレンジレシピもあります。

餃子の皮もしくは春巻きの皮で、スイートポテトのタネを中が飛び出さないようにきっちりと包み油でキツネ色になるまで揚げて下さい。
狐色に揚がったら軽く塩を振って食べると美味しいおかずになります。

または、スイートポテトのタネをそのまま丸めるか、平らの小判型にしてゴマをまぶしてあげるだけでコロッケのようにもなります。

スイートポテトを作れる量でもなく、アレンジするほどの量も残らなかった、なんて場合には食パンに塗ってからオーブントースターで焼くだけでも美味しくいただけますよ^^

意外にスイートポテトのアレンジレシピってたくさんありますよね。
ぜひいろんなアレンジを楽しんでみて下さいね。

まとめ

スイートポテトの主原料はさつまいもだということもあり、洋菓子のケーキなどと比べるとカロリーも低く栄養価も高いです。
さつまいもには優れた整腸作用がある事は有名ですが、他には老化防止やがん予防にも効果があると言われています。
さつまいもの美味しい季節には、美味しい上に体にもいいさつまいもが原料のスイートポテトを楽しんで食べて下さいね。
でも、美味しいからと言ってくれぐれも食べすぎないようにして下さいね^^

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)